LIFESTYLE

文章を書くのが下手な僕が意識していること【人に伝える文章術】

 

文章を書くのってやっぱり難しいな~

 

文章を書くのが苦手なんですが、僕なりに意識していることを書きたいと思います。

というか自己流なので、これはダメだと思って少し勉強しようと思っています。

毎日こうしてブログを書いていると、文章を書くこと自体だんだんと慣れてきます。

でも、相手が読みやすい文章なのか、相手に伝わる文章なのか、その点にはまた別だと思うのです。

現時点で僕が意識していること。

そして、これから文章を書くことを少し勉強してみて、そのあとの気付きについて、追々まとめていこうと思います。

 

僕が意識していること

 

ペルソナは過去の自分

 

ペルソナというのは、仮想の人物像です。

このブログの読み手と置き換えます。

僕はこのブログのペルソナとして、過去の自分を想定しています。

過去の自分に問いかけるように、ブログを書いています。

自分ならこう言われたら、分かりやすいかな?とか、

こんな風に言われたら嫌だな、とかを意識しています。

タイムマシーンで過去に行って、過去の自分に話すようなイメージです。

 

先に段落を書く

 

書きたいことを、ひたすらダラダラと書いても読み辛いと思うので、なるべく簡潔に先に段落を書くようにしています。

漠然と書くよりも、その方が要点を絞って書きやすいので。

先に段落を書くと、ぼんやりと記事の仕上がりも想像できます。

それに、文字数もだいたいこれくらいかな、と予想を立てられます。

 

1文1文を短くする

 

意外と自分の言いことが伝わるのは、短い言葉なのかなと思っています。

まわりくどい言い方より、短く簡潔に表現した方が受け取りやすいのではないかと思っています。

対面で話す時も一緒で、話の長い人って苦手です。

話が長いと、結局何が言いたかったのかなってなる。

聞くほうも、最初に言っていたことを忘れちゃうんですよ。

そんなことないですか?

 

文章に思いを乗せる

 

でも、あまり簡潔すぎる文章も味気ないというか、真実味に欠けるような気がします。

短い文章ながらも、そこに自分を表現するというか、思いを乗せるように意識しています。

そんなことも、難しいんですけどね。

言い切りであったり、経験談であったり、たまには、うぅ!と思わせるような表現があってもいいのかなと思っています。

 

目指すべき文章

 

目指すべき文章というのは、やはりシンプルで読みやすい文章。

それでいて、言おうとしていることが伝わる文章です。

ダラダラ結局何が言いたいのか分からないような、長文なんて読む気しないと思うのです。

僕だったら途中で読むのを止めるかもしれない。

書きたいことはいっぱいあるけど、それがちゃんと伝わらないと意味ないですからね。

 

僕なりの勉強方法

 

こんな僕でも一応いろいろと意識してブログを書いていますが、なかなか上達しないものです。

もっと上手に文章を書けるようになりたいと思っています。

僕なりにやっていることは以下の2つです。

 

他のブログを読みまくる

 

僕はもともと、文章を書くのが得意でもないですし、上手くもないです。

なので、なるべく文章の上手い人のブログを読みまくるようにしています。

文章の長さ、段落分け、文末の表現とか、話題、表題のつけ方などを日々研究しています。

 

本をたくさん読みまくる

 

あとは、たくさん本を読むことですね。

本を書く人って文章の達人ですよね。

誰もが読みやすくて、ちゃんと構成も立てて、なかなかできるものじゃないです。

小説でもビジネス書でもなんでもいいんですが、自分が興味のあるものを、どんどん読むようにしています。

 

まとめ

 

まだまだ発展途上で、とても上手な文章が書けるようなレベルではありません。

なので、もっともっと勉強が必要です。

とにかくまずは量をこなして、徐々に質も高めていきたいと思っています。

たくさん文章を読んで、たくさん書きまくることが前提なのかなって。

 

こんなブログでも、読んでいただきありがとうございます。

 

 

【参考書籍】





 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler