FOOTBALL

ワールドカップ初参戦!ロシア・エカテリンブルクで日本vsセネガル戦を観戦してきたー

2018年ロシアワールドカップのグループステージが終了し、全16チームの決勝トーナメント進出が決定しました。

我らが日本代表も、最後のポーランド戦0−1で負けてしまいましたが、フェアプレーポイントの差でグループステージを突破することができました。

なにわともあれ良かった。内容はどうであれ勝てばいいんです。

とにかくおめでとう!

これからは1発勝負の決勝トーナメントが始まります。初戦は強敵のベルギー。

何としても勝って、未踏のベスト8に進んで欲しい。

 

ロシアまでの遠〜い道のり

 

今回僕は、ワールドカップ初参戦ということでグループステージ第2戦の舞台エカテリンブルクに行ってきました。

半年以上前から飛行機のチケットを手配し、ホテルも予約して、待ちに待ったワールドカップ。もうワクワクが止まらないですね〜

ワールドカップ直前でハリル監督の解任劇があったりして、一時はどうなるかと思った日本代表ですが、第1戦目のコロンビア戦を見事勝利で勢いに乗りましたね。

第1戦目を日本で見届けたのち、僕らは日本を飛び立ちロシアに向かいました。

 

日本からモスクワ

 

今回僕らが利用したのは大韓航空(韓国の飛行機)。

関空から韓国のソウルを経由して、ロシアのモスクワに向かいました。

モスクワまでの直行便は関空からはなくて、成田からならJALかエアロフロートがあります。

関空のチェックインカウンターでは、チラホラと日本サポーターの姿も見られました。

ソウルまでは約2時間。ソウルからモスクワまでは約9時間。

今回経由便でなるべく乗り継ぎ時間の少ない便を探していて、たまたま大韓航空を利用しました。

大韓航空と言えば、正直あまりいいイメージがありません。最近ではナッツリターンや水掛け姫などで有名になりましたよね。韓国財閥のパワハラがニュースになりました。

企業イメージがあまり良くなかったので、大丈夫かななんて思いながらの搭乗でしたが、まぁ乗ってみたらそうでもなく、普通というか快適なフライトでした。当たり前と言えば当たり前ですが。

韓国経済を支えている韓国財閥ですから、韓国政府も見て見ぬ振りをせざるを得ないのでしょうね。

機内食も日系の航空会社に比べると美味しかったですよ。

なんと言っても経由地であるソウル・仁川国際空港のトランジットエリアが快適過ぎて驚きでした。

う〜んこれは正直チャンギや香港よりいい。

仁川からはヨーロッパ便も多いので、乗り継ぎで利用するにはもってこいだなと思いました。

 

 

モスクワからエカテリンブルク

 

僕にとっては5年ぶりのモスクワです。

ちょうど5年前は、世界一周で立ち寄ったんですが、初めてのロシアでドキドキしながら観光していたのを覚えています。

モスクワ市内を観光するのが誠意一杯だったのに、今回ワールドカップで訪れるとは思ってもみなかったです。

モスクワからは、ロシアの航空会社エアロフロートで一旦サンクトペテルブルクを経由したのち、決戦の地エカテリンブルクに向かいました。

初めてのエアロフロート。国内線にも関わらず軽食が出て驚きました。

日本から乗り継ぎに乗り継ぎを重ねて、約20時間の旅は流石に疲れましたね。

まぁ安い航空券だから文句は言えないけど。

 

 

エカテリンブルクは綺麗な町

 

セネガル戦が行われるエカテリンブルクの町は、とても綺麗。

目立った観光地ではないですが、町は非常に綺麗で過ごしやすくていい所でした。

路面電車が走っていたりして、オーストラリアのメルボルンを思い出させる感じですね。

流石に日本戦が行われるということで、町はすでに日本人サポーターでいっぱい。この町にこれほどの日本人が来ることもなかったでしょうね。

確かに、ワールドカップがなければ来ることのない町でしょう。おそらく今後訪れることもないかもしれませんね。

町のあちこちでテレビの取材が行われていて、僕も関西のテレビ番組のインタビューを受けました。(笑)

友人からメールが来て、実際に放映されたんだと後から知りました。

町を歩いていると、芸能人の方も来ていて姿を見ることができました。

注目されているんだなと改めてワールドカップの凄さを感じましたね。

インスタ映えするスポットや教会などもあって、試合までの時間はエカテリンブルクの町を散策することができました。

 

 

エカテリンブルク・スタジアム

 

決戦が行われるエカテリンブルク・スタジアムですが、これが凄い。

スタジアムとしてはそれほど大きなスタジアムではないのですが、このワールドカップの為にスタンド席を増設したんですね。

これが凄まじい。近くで見ると凄い。階段状の座席がスタジアムを突き抜けるような高さで、無理矢理すぎるだろって感じの作り。(下の画像)

ワールドカップが終われば、これ程までの座席は必要ないんでしょうね。取り壊されることでしょう。

入場の際は、事前に申請していたFAN IDと観戦チケットの両方が必要でした。厳重なセキュリティを抜ける必要があります。

僕たち日本人サポーターの席は、ゴール裏のピッチそば。

こんないい席で代表の試合が観れるってことでかなり興奮しましたね。

周りは熱狂的な日本人サポーターばかり。皆んな思い思いの装いで日本代表を応援していました。

異国の地で日本代表を応援するというこの一体感がなんとも言えないんですよね。

これだから現地観戦はやめられない。

やっぱり圧倒的に現地観戦をオススメします。皆さんも思い切って現地に来ちゃいましょうよ。

思い切らないとなかなか来れないですよ。

 

 

 

試合は両者譲らず攻防せめぎ合い

 

日本・セネガル共に1戦目を勝利で迎えた2戦目。勝って決勝トーナメント進出を決めたいところ。

日本代表は前半にセネガルに先制を許しましたが、終盤に柴崎からの長友へのロングボールから、乾が受けてそのままゴールで同点。

かなり興奮しましたね。日本人サポーターの前で決めてくれました。

1ー1のドローで後半突入。

柴崎を中心としていい連携が取れていましたね。

セネガルの高さとスピードにも負けていませんでした。

後半71分にセネガルに攻め込まれ勝ち越しを許しますが、その後香川に代わって出た本田が78分にゴールで再び同点。

先制されても追い付く日本代表。強いですね。観ていて本当に面白かった。

2−2のドローで試合終了。本当に見応えのあるいい試合でした。

 

 

 

スタジアム近くのゲストハウス

 

僕らが今回エカテリンブルクで泊まったのは、エカテリンブルク・スタジアムから歩いて10分ぐらいの所にあるゲストハウス。

泊まっているのは日本人ばかり(笑)。

試合後あまり移動したくなかったので、スタジアム近くで探していてちょうどいい所があとろがあったんですよね。

ワールドカップ期間だからホテルも高騰してるし取れるかなぁなんて思ってたんですけど、意外とあっさり見つかりました。

僕が今回利用したのは、Booking.com

1泊3000円ぐらいで食事はなしのドミトリー。でも基本寝るだけなので十分です。

スタッフも親切で、コーヒーを入れてくれたり、翌日は早朝にも関わらずアプリで空港までのタクシーを呼んでくれたり、大満足でした。

 

 

まとめ

 

今回初めてワールドカップに参戦ということで、移動は大変でしたが、かなりエキサイティングで面白い体験でした。

他の国際試合も経験はありますが、やはりワールドカップは一味も二味も違うものでした。

ただ、今回はグループステージの1試合のみだったので、次回はもっと沢山の試合を楽しみたいと思っています。

日本代表は決勝トーナメントに進出して、戦いはまだまだ続きます。未踏の8強に進んでもらいたいと思います。

次回のワールドカップは4年後、中東のカタールで開催予定。

大きく世代交代を迎えることでしょう。今からどんな試合をしてくれるのか本当に楽しみです。

僕は4年後のワールドカップに向けて今から着々と準備を進めていきたいと思います。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler