COLUMN

【働き方改革】毎日仕事のストレスで辛いなら、環境を変えることを考えましょう

 

毎日残業で辛いよ~、有給も使えそうな雰囲気じゃないし、上司は無茶ばっかり言うし、このままじゃ身がもたない。

 

毎日仕事のストレスで辛いなら、環境を変えることを考えましょう。

柵(しがらみ)とかいろいろ考えたって仕方ないですからね。

まずはストレスでヤバイ自分を救ってあげることです。

自分を犠牲にして働くのは止めませんか?

1回きりの人生、どうせなら毎日ストレスなく楽しく生きたいものです。

最近は働き方改革って盛んに言われていますが、会社に全てを求めることにも無理があると思うのです。

自分にできることを考えて、行動していくことが大切です。

 

 

仕事のストレスの主な原因

残業や休日出勤の多い職場

 

残業や休日出勤が常態化している職場は最悪です。

その会社自体がかなり効率の悪いやり方をやっていると言わざるを得ません。

社員がそこまで働かないと利益が上がらないというビジネスモデル自体に限界があるのです。

まぁそんなことを言ったところで是正されないんでしょうけど。

早めに見切りをつけた方がいいです。

そうでないと、やがて体が悲鳴を上げることになるでしょう。

ライフワークバランスと言われている時代に、逆行していますよね。

 

上司がひどい職場

 

組織で働く以上、上司は選べません。

こういうところが会社員の辛いところです。

誰と仕事するかって結構重要ですよね。

パワハラやセクハラで悩んでいるとしたら、そんなところは早めに見切りをつけた方がいいです。

会社に言って解決してくれるならいいですが、いつまでも我慢して働き続けることはよくありません。

そこから逃げるということも選択肢のひとつです。

 

有給が取れない職場

 

有給は労働者の権利ですから、申請すれば会社は取らせないといけません。

しかし、会社の雰囲気や周りに気を遣って有給が取りにくいというのはよく聞く話です。

まず、上司が有給を取らない。

休みを取らずに働き続けることがいいことだと思っている。

ましてや、それを部下にも求めるようなら最悪です。

上司が率先して休みを取る、そんな環境でないなら、自分の時間が無作為に吸い取られていくと思った方がいいです。

ワークライフバランスが謳われているこの時代に逆行するような状態です。

組織で働くということは、自分の貴重な時間を売っているということです。

なので、有効に活用されなければいけません。

仕事の時間と休みの時間のメリハリを付ける、そういうことができない組織には見切りをつけた方がいいです。

 

仕事量がハンパない

 

人手不足でハンパない仕事量、毎日手に負えない、そんな状況はないですか?

今の時代は、どこの業界も人手不足で少ない人員で業務を回すということが常態化しています。

だからと言って、1人が行う業務には限界があります。

1人で裁き切れない業務をこなすことを強制する組織は、いずれ破綻を来たすでしょう。

そもそも、そのようなビジネスモデルには限界があります。

生産性の悪い非効率なやり方は、長く続きません。

 

 

人間関係で悩む

 

組織で働く以上人間関係は付きものです。

仕事をする相手を選べないのが辛いところ。

職場の人間関係で随分と変わりますが、1番の悩みどころではないでしょうか。

嫌な奴と仕事するくらいならさっさと転職した方がいいです。

そんな毎日を送っていては幸せになれません。

 

副業禁止の職場

 

今の時代に副業禁止なんて終わっていますね。

そんな職場とはさっさと見切りをつけた方がいいです。

 

 

 

転職するか、自分ひとりで稼ぐか

無理なく働ける職場へ移る

 

毎日が辛いなら、今の職場に見切りをつけて転職するというのもひとつです。

ワークライフバランスを重視して、無理なく働ける環境に変えること重要です。

通勤時間、収入、勤務時間、休日など、すべてにおいて検討してみることです。

重要なのは、いまいる環境がすべてではないということです。

仕事をするために生きているのではなく、生きるために仕事をしているのです。

他人と比べる必要もなくて、わが道を行けばいいと思うのです。

とにかく、今の環境が辛いなら、いち早くそこから逃げ出す勇気を持つことが大切です。

一旦、ゆっくり見つめ直す時間を作って、また新たにスタートすればいいのです。

 

転職エージェント・ワークポート

自分ひとりで稼ぐ力を身に付ける

 

いっそうのこと環境を変えて、ニートになるというのもひとつの手です。

今の時代、終身雇用なんて崩壊しています。

会社なんてあてに出来ない、会社が面倒を見てくれるわけではありません。

それに、単純作業などは機械化されていき、なくなる業種だって出てくるでしょう。

それなら自分ひとりで稼ぐ力を身に付けた方がいい。

生活コストを下げて、ある程度のお金を稼ぐ方法は探せばいくらでもあります。

むしろ、そういったことにどんどん目を向けていった方がいい。

例えば、ライティング、プログラミング、ブログ、アフィリエイト、FXトレード、株式投資、物販などなど。

因みに、僕はブログとFXトレードをやっています。

良いか悪いかは別にして、お金を稼ぐ方法というのは、会社勤め以外にも沢山あるということです。

 

 

仕事が辞めづらい、上司に言い辛いなら退職代行サービスという手もある

 

ブラックな会社や嫌な上司がいる、辞めたいけどなかなか言い出しにくい、そんな場合でも心配いりません。

退職というのは、労働者の権利です。

然るべき手続きを踏めば誰だって退職することができるのです。

ご存知ですか?今は退職代行サービスというのがあって、退職のサポートをしてくれるのです。

料金も一律で、2回目以降は割引制度もあります。

 

詳しくはこちらから↓

退職代行EXIT

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler