WORKSTYLE

WealthNavi(ウェルスナビ)ってなに?ロボアドバイザーで資産運用まとめ

資産運用と聞くと、どうやったらいいのか、難しいんじゃないか、ちょっと近づき難いイメージを持つ人も多いかもしれません。

また、ある程度まとまった資金がないと出来ないのではないか、投資と聞くと危険なイメージがある、もし元本を割ったらどうしよう、そんな不安や間違ったイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

まず資産運用というのは、苦労して得た資産を適切な手段に投資することで、効率的に資産を増やしていこうとすることです。

例えば、株や外国為替、不動産、債権などの資産を運用することで、そのリターンを得ることです。

 

 

なぜ資産運用が必要なのか

 

なぜ資産運用が必要なのか。

かつて終身雇用が当たり前であった社会においては、定年まで雇用が保証され、老後は退職金と年金で安泰でした。

しかし今の時代そのようなことは絵に描いた餅。

自分の人生は自分で守らなければいけません。退職金や年金もあてにすることはできません。

いずれ来る将来や老後に備えておくことが必要です。

そのためには、現役である今のうちに、長期的な視点でコツコツと資産を運用することが重要となるのです。

 

 

サラリーマンの働き方と収入

 

サラリーマンの収入だけでは生活が厳しい、もっと収入を増やしたい、貯蓄できないという方も多いかと思います。

政府は、働き方改革で副業を推進するという方針を表明していますが、一概に副業といっても様々ですよね。

現在の本職をしながら、別でアルバイトをするのであればこれはかなり厳しい話になります。

本来、サラリーマンというのは自らの労働力と時間を切り売りすることで、その対価であるサラリーを得るという形態です。

この状態でさらに自分の時間と労働力を切り売りすることが果たして現実的であるかどうかということです。

根本的にサラリーマンという形態で資産を形成することは、システム上非常に厳しいと言えます。

仮に、一睡もせず24時間休みなしで働いたとしても、会社に雇用されている以上、その対価として得る給料には限界があります。

さらに24時間働いて生み出した知的財産は全て会社に帰属することになります。

サラリーマンというのは、そもそもそういうシステムなのです。

このようなシステムである限り、多くの点で限界があるのは明白です。

別にサラリーマンという働き方を否定しているわけではありません。

資産を形成するという点において、非常に難しいシステムになっているということが言いたいのです。

ですから、副業としてアルバイトをするということは、サラリーマンという形態を積み重ねるということでしかありません。

 

 

サラリーマンが貯蓄できない理由

 

平均年収以上の所得があるサラリーマンでも全く貯蓄ができない人は実は多いのです。

貯蓄ができない、貯蓄が増えないと訴える人の特徴は、まずサラリーマン的な感覚を持っている人です。

それは収入を得る手段、さらには収入を増やす手段を労働による対価として捉えている点です。

それに加えて、自分の収入に対する収支バランスが取れていないという点です。

一流企業のエリートサラリーマンであっても、サラリーマンである点は変わりません。

そして、年収が1000万円あったとしても、収支バランスが悪ければお金は残りません。

 

 

お金を増やすという感覚

 

サラリーマンが自らの資産を増やす上で重要なのは、お金を貯めるという感覚ではなく、投資をしてお金を増やすという感覚を身に付けることです。

今の時代、銀行の利子はあてにできないのはご存知の通りです。

ですから、お金を銀行に預けて眠らせていても何の得にもなりません。

副業でアルバイトをして貯金をするというのは、サラリーマンスタイルを重ねることに過ぎません。

それでは資産を増やすことは出来ません。

お金を投資に回し、効率よく運用することで資産を徐々に増やす、この感覚が重要になります。

しかしながら、投資と言ってもどうやったらいいのか分からない、投資は危険じゃないのか、元本を割ったらどうしよう、このような不安があるのはある意味当然です。

まずは投資を正しく理解し、正しい手段を知ることが重要です。

 

 

資産運用の流れ

 

僕自身もトレーダーとして、日々自己資金を運用し、資産を増やしています。

僕が主にやっているのは外国為替取引(FXトレード)です。

ここでは詳しい説明は省きますが、基本的に取引は自分自身の裁量によるので、どれぐらいの資金を投入し、どのタイミングで、買うのか売るのか、どのタイミングで決済するのか、これら全てを自分自身で決める必要があります。

基本的な取引の流れは以下の通りです。

 

 

①どれぐらいの自己資金を投じるのかを決める。

②投資先、何を運用するのかを決める。

③口座に入金する。

④タイミングを見てオーダーする。

⑤タイミングを見て決済する。

⑥再度、タイミングを見てオーダーする。

 

 

という感じです。

要するに自分で何もかもを決めなければいけません。

僕自身FXトレーダーとして、日々取引をする中で思うことは、投資の世界というのは初心者の方が簡単に参入できる程甘い世界ではないということです。

それほど投資というのは、経験値による相場観であったり、メンタルコントロールを必要とし、初心者にとっては非常に難しいものであると言えます。

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)で投資を始める

 

投資を始めたいけど、どうやったらいいのか分からないという初心者の方にとってうってつけの投資手段があります。

その名も、WealthNavi(ウェルスナビ)

これは早い話、自動資産運用ツールです。

従来の流れで言うと、全てのことを自分自身で決める必要がありました。

もちろん、その決断が良かったのか悪かったのかは後で振り返って全て自分の責任ということになります。

全自動ですから、あなたのすることはただ一つ口座に自己資金を振り込むだけです。

あとは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムに従って、投資先を自動で選択し、運用してもらうだけ。

これならある意味バカでもできる。いやほんとに。

頭の中を投資脳にする必要もないんですよ。

必要なのは、サラリーマンスタイルではなくて、お金でお金を生み出すシステム、いわゆる投資に目を向けることです。

投資をやっていない人の理由として、投資に関する知識がないとか、損をするとことが不安、忙しくて時間がない、というのが挙げられるのですが、このウェルナビはそれらを全てクリアにしてしまうので、全く問題がありません。

自分のトレーダーとして、今までの自分の苦労はなんだったんだと思ってしまうぐらいです。

まぁ厳密に言うと、僕がやっている投資とこのウェルスナビの資産運用は若干違いはあるのですが、それでもこんなツールがあるというのは多くの人にとって強い味方になることが間違いないですね。

 

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

 

これからの時代はロボットに任せろ

 

資産運用で今まで人間がやっていた作業を全てロボットアドバイザーがやってくれるんですから、こんな楽チンなことはないですよね。

これからの時代はいろんな所でロボットが活躍する時代ですよ。

誰もが嫌がるような仕事や誰でもできるような仕事は、おそらくロボット(機械)がやることになるでしょうね。

ですから、資産運用も例外ではなく、知識や時間、労力や経験を全てロボットに任せて、自己資金だけを投じておけばオッケーなんです。

逆に言うと、これからの時代多くの仕事はロボットに奪われていきますから、自分だけしかできないようなことをどんどんやっていかないとダメです。

まぁいかにロボットと共存しながら、自分のオリジナリティを出せるかが重要ですね。

 

 

まとめ

 

 

・大事なことはサラリーマンやアルバイトでお金を貯めるのではなく、お金でお金を生み出すシステムに目を向けるということ。

・資産運用はロボアドバイザーに任せるということ。

 

 

この2点を意識してもらえればと思います。

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めること自体は至極簡単。

口座を開設して、資金を振り込めば即日取引を開始できます。

問題は、資産運用をする意義を理解できるかどうか。

そこが大きな分岐点になります。

今の時代、退職金も年金もあてにできない厳しい時代です。

老後や将来の備えを今のうちにしっかりと考えておくことは重要です。

そのためには、まず安心して快適に資産運用を行うことができる手段を手に入れることが必要です。

 

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」はこちらから

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler