WORKSTYLE

トレーダーが利益を伸ばさないといけない理由【チキン利食いは悪】

 

当たり前ですが、トレードは損失より利益を多く上げなければ、資産は増えていきません。

いわゆる、損小利大にしなければいけません。

損失を抑えて、いかに利益を伸ばすことができるかがポイントです。

しかしながら、含み益を抱えている状態で、人は早くこの利益を確定したいと思うもの。

そこで問題になるのが、チキン利食いというやつです。

いくら損失を最小限に抑えたとしても、肝心の利益を伸ばすことができなければ、意味がありません。

僕たちトレーダーの目標は、最終的に資産を増やすことです。

今回は、このあたりのことをまとめたいと思います。

 


損小利大の意味

 

トレードの基本は、損失を最小限にして、利益を最大化することです。

そうすることで、資産が増えていきます。

そのためにすることは、リスクリワードを考えて、エントリーする前に自分のすべきことを全て決めておくということです。

何を決めるのか?

それは、どこまで損失を許容するのか、どこまで利益を伸ばすのか、を予めちゃんと決めておくということです。

これを決めておかなければ、目標とする損小利大を実現することはできません。

 

 

相場は常に正しいので、その流れについていく

 

相場の世界ではよく言われることですが、相場がどうなるのかは誰にも分かりません。

自分が思った方向とは逆の方向に動くというのは、日常茶飯事です。

要するに、相場は常にランダムな動きをするわけで、その中でいかに優位性を見極めていくかということになります。

ここで言う優位性というのは、比較的ランダムではないようなポイントを見極めるということです。

ランダムではない場面というのは、相場が一方向に動くタイミングです。

要するに、相場の流れがはっきりしているような場面です。

そういうところで、一気に利益を伸ばさなければいけません。

 

 

チキン利食いがタメな理由

 

なぜチキン利食いがダメなのか?

それは、利益を最大化しなければ、資産が増えていかないからです。

利益を伸ばすところで伸ばさないと、いつまで経っても資産は増えません。

なので、増やせるポイントで出来る限り、利益を伸ばさなければいけないのです。

いくら損失を最小限に抑えていたとしても、チキン利食いを繰り返している限り、資産は増えないのです。

 

 

まとめ

 

損失を最小限に抑えることもそうですが、利益を最大化させることも、頭では分かっていても、なかなか実行できないという人も多いかと思います。

しかし、これはもう訓練しかない。

目先の利益に捉われず、勝敗よりも、利益よりも、何より将来長くこの相場の世界で生きていくために、自分の成長にフォーカスしていくことをオススメします。

デモよりも実戦で、小額の資金で、最小ロットで、どんどん経験を積んでいくといいです。

まぐれで資産が増えても、いずれその資金はなくなります。

そうならないためにも、自分自身を成長させましょう。

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ