WORKSTYLE

トレードの技術や方法は他人に教えることはできない【自助努力です】

 

僕のトレード歴は5年程です。

この5年間で様々な試行錯誤を経験し、ようやく利益を上げられるようになってきました。

僕がこれまでのトレード歴で学んできたことは沢山あります。

トレード技術や方法というのは、自ら経験し身に付けたものです。

そういう意味で、僕が初心者の人を勝てるトレーダーにさせることはできません。

このブログでも、トレードに関して偉そうなことを言っているかもしれないのですが、これって自分が今まで経験したこと、学んできたことを元に書いています。

結局、熟練したトレーダーには、自分自身の力で成り上がるしかないのです。

今回は、このあたりのことをまとめたいと思います。

 


錆びたナイフだけで銃撃戦に参加してはならない

 

投資本で有名なデイトレードでも言われていることですが、錆びたナイフだけで銃撃戦に参加してはならない、ということです。

僕は自分で身に付けてきたことを、これからトレードを始める人に助言はできたとしても、僕のように稼げるようにすることはできません。

僕ができることは、こうした方がいいよ、これはやらない方がいいよ、ってアドバイスするぐらいです。

それをどう聞くかは、本人次第ですよね。

これってどんな仕事でもそうだと思います。

僕はもともとソーシャルワーカーとして働いていましたが、いろんなケースを経験することで、ものが言えることも多かった。

それって学校出たばかりの新卒の子に、こうしろって言っても無理ですよね。

僕ができるのは、こうした方がいいよって助言することぐらいです。

相場の世界は、世界の強者たちが資金を奪い合うゼロサムゲームです。

なので、ちゃんと勉強して覚悟を持って挑まないと、簡単に打ちのめされるよってことです。

銃撃戦に参加するなら、ちゃんと防護服を着て、銃を持って立ち向かわないとダメです。

 

 

アドバイスを実行する

 

今の世の中、トレードを勉強しようと思えば、誰でも簡単にできますよね。

ネットでも書籍でも、いつでもどこでもできます。

そこでいろいろ学ぶと思いますが、それを確実に実行しているでしょうか?

僕も経験してきたことですが、良いことを学んでも、実行しなければ意味がありません。

学んだ瞬間、やった気になって、それで終わってしまっていることはないでしょうか?

あるいは、頭で分かっていても、なかなか実行できないこと、ないですか?

損切りは絶対した方がいいよって言われて、確実に実行していますか?

自分の中にあるバイアスとどう向き合っていくかです。

そういう意味で、素直さって重要ですね。

 

 

結局は自分で経験して学ぶしかない

 

人間って結局自分が痛い目にあって、ようやくそこから学んでいくような気がします。

なので、とにかく行動して、試行錯誤して、自分で身に付けていくしかない。

損切りは絶対した方がいいよって言われても、実行しないのなら、

1度資金を全部無くして、痛い目にあって泣くしかない。

そこでどう思うかです。

熟練者のアドバイスを聞きながら、それを実行してみて、自分の中で腑に落とす。

この作業をどれだけできるか、ではないでしょうか。

それを繰り返しながら、自分のスタイルを確立していくのです。

 

 

まとめ

 

以上のことをまとめると、

 

・錆びたナイフだけで銃撃戦に参加してはならない。

・アドバイスを実行する。

・結局は自分で経験して学ぶしかない。

 

こうして、文章として書くと簡単ですね。

簡単なこと、当たり前のことが、実は1番難しかったりします。

 

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ