WORKSTYLE

トレード生活のすべてをルーティン化してしまうことのメリット

 

いつも相場の動きが気になってしまって、他のことが手につかないの。。
Toshiya
Toshiya
そうなんだね。でも、相場に張り付いたところで勝てるかというとそうじゃないよね。一度、自分のトレードスタイルを見直してみようね。

 




 

メンタルをコントロールが重要

 

FXトレードに限らず、投資で成功を収めるには、メンタルコントロールが重要だとよく言われます。

漫然と日々の売り買いを続けていてはいけません。

そのようなやり方では、メンタルコントロールができないからです。

 

 

ルーティンワークを決める

 

メンタルをコントロールするためには、相場から離れている時間の使い方が重要です。

そのために、トレーダーは日々のルーティンワークを大切にするべきです。

例えば、毎週末、その週のトレーディングを振り返り、運用成績を見つめ直します。

あの場面で、なぜ儲けを出すことができたのか。

なぜ売るべきタイミングで売れなかったのかなど、FXトレードの成功と失敗を、時間を設けて復習することで、トレードスキルを研鑽できます。

 

 

1週間の過ごし方をルーティン化する

 

これと同時に、来週一週間の戦略を立てることも重要です。

トレードをしない週末に、狙い目の通貨ペアをリストアップします。

そして、翌週のトレード計画を練ります。

あらかじめ予想を立てておき、エントリーするポイントや、その根拠を整理します。

また、思惑どおりエントリーできた時に備えて、エグジットするタイミングも、予め考えておきます。

こうした一連の作業を、ルーティン化して週末に行うと、相場が開いたときに冷静さを保つことができます。

メンタルを上手にコントロールして、勝率を上げることができます。

 

 

毎日の過ごし方をルーティン化する

 

また、週末の過ごし方のほか、毎日の過ごし方もルーティン化します。

例えば、トレード日誌をつけることです。

その日のうちに日誌を書こうとすると、トレードして間もないですから、記憶が鮮明です。

つまり、その日のトレードの勝因や敗因が鮮明に分かります。

記憶が鮮明なうちに記録するのです。

なので、より優れたトレード記録を残すことができるのです。

具体的には、実際にトレードしたチャート画面のスクリーンショットを撮り、パソコンに保存して、プリントアウトします。

そして、自分なりに原因を明らかにして、一つひとつメモしていきます。

この時、できれば、パソコンやスマホのメモより、手書きでノートに記述した方が脳に残りやすいです。

 

 

勝てるトレーダーになるために

 

その他、月末に一度、口座から資金を出金することも効果的です。

長期間、相場と向き合っていると、段々と惰性的になっていきがちです。

出金をして、その月の損益はどうだったのかを、改めて捉え直すのも大切です。

初めのうちは、FXトレードで稼ぐんだとやる気に満ちていますよね。

しかし、日々トレードを重ねていくと、最初の頃の思いや感覚が鈍ってきます。

そして、一つ一つの勝ち負けに一喜一憂するようになってきます。

そこで、こうした工夫をすることで、毎回のトレードにメリハリをつけられるようになります。

大きな成功を収めているトレーダーでも、こうした地道な努力を重ねています。

勝てるトレーダーになるためには、こうした地道なルーティンワークをこなしていくことが重要であり、これが成功の近道であると言えるでしょう。

 

まとめ

 

このように、トレードのすべてをルーティン化するということは、逆に言えば、ルーティン以外のことをしないということでもあるんです。

要するに、ルーティン化することでブレない自分を作ることが重要です。

 

DMM FXはこちら

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler