WORKSTYLE

初心者必見!リスクリワードを意識するだけで収益率は変わります

リスクリワードなんて言葉聞いたことないよ、と思われるかもしれませんが、これはトレードをする上で非常に重要なものですので、必ず押さえておきましょう。

これを意識するだけで、収益は随分と変わってきます。

逆にこれを押さえておかないと、いくらトレードでいい勝率を上げたとしても、資産が増えないということになります。

 

リスクリワードってそんなに大事なものなの?なんだか難しそうだなぁ。
Toshiya
Toshiya
そんなに構えなくても大丈夫だよ。難しくないよ。簡単に言うと、利益と損失の割合のことだよ。

 



リスクリワードレシオとは

 

勝って利益を確定した時に出た金額の平均額を、損切りをした時に出た損失の平均額で割った数字のことをリスクリワードレシオと言います。(金額ではなくpipsで計算する方法もあります)

例えば、利益を確定した金額の平均額が10万円で、損切りをした金額の平均額が5万円なら、10÷5=2となり、リスクリワードレシオの数字は2となります。

 

勝率と利益は関係がない

 

このリスクリワードレシオが重要なのは、勝率とは別の視点で取引を確認することができることです。

勝率が高ければ収益が上がると勘違いしている人がいますが、トレードの勝率が80%であっても、トータルで見ると損をしている人はいますし、逆に勝率が20%であっても利益を出している人はいます。

要するに、勝率はいくら収益が上がったかという点とは関係がないということです。

例えば、1万円勝って利益を確定する、そのような取引を9回続けていたとします。

しかし、1度の損切りで20万円の損失を出せば、全体としてはマイナスで利益は残りません。

なので、そういうことを避ける指標として、リスクリワードという考え方があるのです。

これを確認することで、今自分のトレードはどれだけ利益率が高いのか、また損益率が高いのかというのが分かります。

それが分かれば対策を取ることもできます。

 

 

目指すは損小利大

 

トレードで勝つためには、チャートを見て将来の相場を予測するテクニカル分析を覚える必要があります。

しかし、このテクニカル分析を覚えただけでは、勝率を上げることはできても、トータルで勝つことはできません。

なぜなら、テクニカル分析をいくら覚えても、小さく稼いで大きく負ける、いわゆる損大利小というリスクを防ぐことができないからです。

目指すべきは、損小利大なのです。

ですから、そうならないようにリスクリワードレシオの数字を出来るだけ上げる必要があります。

とにかく、利益と損失の比率を1:1以上に設定することです。

こう書くと、リスクリワードレシオを数字を上げれば上げるほどいい、と思われる方もいるでしょう。

しかし、あまりリスクリワードレシオの数値が高い取引は健全な取引とは言えません。

仮にこの数字が10という数字なら、それは無茶な取引をしている可能性があるので、高すぎる人も数字の修正を図った方がいいでしょう。

この数値は一般的に3が理想の数字と言われてますが、利益さえ上げていれば理想の数字にこだわる必要はありません。

1を割らないように、そしてあまりにも数字が上がりすぎないようにすれば十分でしょう。

 

DMM FXはこちら

資金管理を徹底する

 

因みに、リスクリワードレシオを重視する理由は、小さく買って大きく負けることを防ぐ以外にもあります。

それは、このリスクリワードレシオをコントロールすることは、資金をうまく管理することにつながるからです。

一発逆転型の投資や、損切り貧乏は資金破綻につながるので避けるべきものですが、これをどうやって避けるのか分からない人が多いです。

そんな時は、リスクリワードレシオを確認すれば、自分の投資がこれら2つの投資なのか、あるいはそうではないのか、が分かります。

仮にリスクリワードレシオが1を割っていたら損切り貧乏型投資ですし、逆に5を超えていたら一発逆転型の投資です。

一発逆転型の投資は必ずいつかこけます。

そうなる前にリスクリワードレシオの数字を適正なものにして、きっちり資金管理をするべきです。

こうして数字を見て、適正な数字に近付けるだけで資金破綻を避けられます。

ですから、リスクリワードレシオは重要なのです。

 

まとめ

 

これはトレードをする上で最も基本的な考え方なので、必ず押さえておきましょう。

特に初心者のうちは、無茶なトレードをしがちです。

実際に僕も、初心者の頃は早く利益を上げたい、もっと収益を上げたいという気持ちばかりが先行して、全く利益を残すことができませんでした。

トレードはギャンブルではないので、行き当たりばったりのやり方では結果を残すことはできません。

トレードをビジネスと捉えると、理解がしやすいと思います。

収支バランスが崩れると、事業としては成り立たないですよね。

赤字続きの会社はいずれ潰れます。

そうならない為の対策は必ずやっておかないといけないのです。

大丈夫です、共に頑張っていきましょう!

 

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler