WORKSTYLE

トレーダーの心理を説明したプロスペクト理論を理解しよう

 

頭で分かっていても、なかなか上手くいかないんだよねぇ。どうしてかなぁ?
Toshiya
Toshiya
そうだよね、トレードってメンタルに左右されるよね。それは人間の中にもともと備わっているものなんだよ。

 

トレードをしていて、どうして同じことを繰り返してしまうんだろう?

どうして損切りができないんだろう?

って考えたことはないですか?

でも大丈夫です。これは誰もが通る道なんです。



プロスペクト理論とは?

 

FXトレードは、メンタルに左右される部分がとても大きくて、いかにそれと上手に向き合っていくかがポイントになります。

普段トレードするときに、直感を信じて、無意識のうちに判断してしまっていることはありませんか?

しかしながら、人間の直感は確率をきっちり正確に判断することが苦手で、特にFXトレードのような確率が絡むような選択をする時、その作用がマイナスに働いてしまい、自分にとって不利な選択をしてしまうことがあります。

これが、プロスペクト理論と呼ばれるものです。

チャートを見ながら、決まった法則で、あなたなりのトレード方法が出来ていたとしても、心の中ではでもう少し上がるのではないか? もしかしたら下がり止まるのではないか?と思い、損切りができない、そんなことはないですか?

まずは、人間にはもともとそういう心理があるということを理解することが重要です。

おそらくは、このプロスペクト理論を知っているだけで、これからのトレードに違いが出てくるでしょう。

 

 

プロスペクト理論を理解して活かそう

 

プロスペクト理論は心理学者のダニエル・カーネマンとエイベル・トベルスキーの二人によって生み出されました。

人間は、自分にとって有利な選択を自ら切り捨ててしまう傾向があり、より損をする選択をしてしまう傾向があるということです。

簡単に説明すると、人間は確率が絡む選択では自分に不利な選択をしてしまう、愚かな生き物であることを示したのがプロスペクト理論なのです。

FXトレードのテクニカル分析をしていて、こと損切りが大切なのは分かっているのですが、このプロスペクト理論を知っているか知らないかで、あなたがリスクに対して正常な判断が出来るかどうかを決めてしまうかもしれません。

あなた自身のためにもしっかりとプロスペクト理論を理解して、日々のトレードに役立ててください。

 

損失は小さく利益は大きく(損小利大)

 

トレードの理想は、利益を大きく上げて、損を小さくすることです。

利益が大きく損が少なければ残る利益は大きくなります。

これは当たり前のことです。

ところが、現実には利益を伸ばせず、損を減らせないトレーダーが非常に多い。

損切りが出来ないトレーダーがほとんどなのです。

実は、損切りが出来ない背景には、トレーダーの本能が深く関与しています。

この本能を意識しておく事、すなはちプロスペクト理論を理解しておくことで、今後のFXトレードの手法やチャートの見方が変わってきます。

 

 

人間は誰もが損をしたくない

 

ほとんどのトレーダーは、100万円得した喜びよりも100万円損したショックの方が大きいのです。

言い換えると、人間の中にはFXトレードで儲けたいという欲望があると同時に、それ以上に損をしたくないという本能があるということです。

そのことが大きく左右し、トレードの判断を鈍らせてしまい、損切りが出来ないのです。

FXトレードは、損切りが出来る人のみしか勝てないということを教えてくれています。

 

 

まとめ

 

FXトレードの世界で生き残る方法は簡単です。

損失を最小限に抑え、利益を最大化することです。

損失を抑え、しっかりと資金を管理していけば、資金を溶かして退場を余儀されることもありません。

そうすれば、少しずつでも資産は増えていきます。

非常にシンプルですよね。

トレードはいかにシンプルに捉えて、シンプルに淡々とできるかが重要になります。

しかしながら、同時に簡単にそうさせないものが、人間の本質として備わっているということを理解しておくことが重要です。

プロスペクト理論は、すべてのトレーダーが乗り越えないといけない、最初の大きな壁といっていいかもしれません。

乗り越えるというと、何か大変なことを成し遂げないといけないイメージですよね。

乗り越えるというか、そういうものといかに上手く共存するか、と言った方がいいかもしれませんね。

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler