WORKSTYLE

FXトレードやるならどれぐらいの自己資金が必要?【少額資金から始める】

 

FXトレードってある程度まとまった資金がないとできないよね??
そんなことないよ。少ない資金でも始めることができるよ。

 

FXトレードって、どれぐらいの資金が必要なの?

結論から言うと、1万円からでも始めることができます。

FXトレードは、株式投資と違って少額の資金から始めることができます。

今回は、トレードを始めるにあたっての自己資金についてまとめたいと思います。

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

FXトレードはレバレッジを利用できる

 

FXトレードは、株式投資と違って、レバレッジという制度があって、これを利用することで少額の資金でも取引することができます。

レバレッジを上げることで、より大きな金額で取引することができます。

大きな金額を扱うというのは、一見恐いように思いますが、そんなことはありません。

レバレッジはFXトレードを行う上での利点です。

むしろ、気を付けなければいけないのは、自己資金に対する取引量です。

自己資金に見合わない取引量でトレードを行うことは、かなりのリスクがあると思った方がいいでしょう。

 

 

どれぐらい稼ぎたいかで自己資金が決まる

 

レバレッジをかけたとしても、自己資金が少なければ、取引量も制限されるので、それなりのリターンしか期待できません。

なので、まず自分がどれぐらいの利益を上げたいと思っているのか、をはっきりさせましょう。

数千円から数万円のお小遣い程度でなら、1万円から10万円程度の資金ででも可能です。

いや、もっと数十万円単位で稼ぎたいというのであれば、最低100万円程度の自己資金を準備しましょう。

自己資金の金額によって、取引する量が決まってきます。

取引量を上げれば、それなりのリターンが出来ます。

一方で、リスクも同様にあるということを忘れてはいけません。

 

 

自己資金に関わらず常にやることは一緒

 

自己資金が違えば、利益や損失額も当然異なります。

しかし、トレーダーとしてやるべきことは、全く同じ。

取引量を決め、エントリーポイントを見極める。

ストップロスを必ず設定する。

勝ち負けを繰り返しながら、複利で資産を増やしていく。

あえて違う点を言うなら、マネープレッシャーが違うということです。

金額が大きくなれば、それなりにプレッシャーもかかります。

それはもはや仕方ないので、なるべき金額ではなく、pips(ピップス)を見るようにしましょう。

 

トレードの複利効果は絶大

 

成功曲線ってありますよね?

それと同じで、最初の利益が少なくても焦る必要はありません。

トレードに焦りは禁物。

トレードに感情なんて必要なくて、淡々とすべきことを実行するだけです。

最初は勝ち負けを繰り返しながら、本当に少しずつ上がっていく感じです。

一定のラインを超えてから、グッと上昇角度が変わっていきます。

これが複利の凄いところです。

 

 

まとめ

 

今までのポイントまとめます。

 

・FXトレードはレバレッジを利用するもの。

・どれぐらい稼ぎたいかは自己資金で決まる。

・自己資金の大きさに関わらず常にやることは一緒。

・トレードの複利効果を絶大。

 

自己資金を考えるとき、これらのポイントを踏まえるといいでしょう。

実際のトレードを行う前に、ある程度基礎的なことは勉強するべきです。

ただでさえ初心者のうちは、色々と失敗をするわけですから。

実践を重ねて学んでいくことも重要ですが、自己資金との兼ね合いもあります。

なので、最初は少額の資金で実践に慣れていった方がいいです。

自己資金が少なかろうが、多かろうが、やることが一緒です。

焦らず少しずつ積み重ねていくことです。

少しでも早く稼ぎたいなんて思わなくても、投資の複利効果を知っていたら、焦る必要はないのです。

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler