WORKSTYLE

辛くて苦しいトレードを楽しくする方法【FXトレード初心者からの脱皮】

 

トレードで負けたくない、勝てないとやっぱり辛いし苦しいよ。。
そんなに気負わなくても大丈夫だよ。もっと気楽にやろうよ。

 

偉そうなことを言います。

トレードで苦しんでいるうちは、まだまだ初心者です。

確かに負けるとクソって思いますけど、トレードはもはや負けありきなので、

必要以上に引きずる必要もありません。

今回はこのあたりのことをまとめていきたいと思います。

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

 

トレードは負けありき

 

勝ち続けるトレーダーはいません。

どんなに熟練のトレーダーでも負けるときは負けるのです。

トレードは負けありきであることを理解しなければいけません。

一つ一つの勝ち負けに一喜一憂しているうちは、初心者です。

勝率など何の意味もないので、気にしない方がいいです。

例えば、9回勝っても、1回の負けで資金と溶かしてしまっては意味ないですよね。

反対に、9回負けても1回で大きく勝てば、それでいいわけです。

大事なのは、いかに戦略的に負けるかということです。

 

負けはトレードの必要経費です

 

トレードは負けありきです。

勝ち負けを繰り返しながら、資産を徐々に増やしていけばいいのです。

そういう意味で言うと、負けトレードの損失は収益を上げるための必要経費なのです。

どんなビジネスも、経費は付きものです。

経費をかけずに、収益だけ得ようなんて、虫のいい話だとは思いませんか?

そんなおいしい話はないのです。

 

損切りと利食いは必ず設定

 

初心者が最も苦労するポイントは損切りです。

僕も随分損切りができずに苦しみました。

損失はトレードの必要経費なので、必ず損切りを設定するようにしましょう。

トータルで収益を上げるためには、経費は払わなければいけません。

これができなければ、トレードの世界で生き残ることは不可能だと思ってください。

トレードで苦しまないためには、損切りの設定は絶対です。

そして、損切りと同様に利食いの設定も忘れずにしましょう。

必要以上にチャートを眺めることはありません。

 

チャートを見過ぎない

 

損切りと利食いの設定をしたら、あとは必要以上にチャートを見ないことです。

見たところで、どうにもならないので。

後から、ああすれば良かった、こうすれば良かったと思っても仕方ないです。

エントリーしたら、チャートは見ない。

時々見る程度でオッケーです。

エントリーしてから気を揉むなら、エントリーする前に精度を高めるしかないです。

 

 

まとめ

 

上記をまとめると以下の通りです。

 

・トレードは負けありきとして考える。

・負けの損失はトレードの必要経費として考える。

・損切りと利食いは必ず設定する。

・必要以上にチャートを見過ぎない。

 

初心者の時は、どうしても一つ一つの勝敗にこだわってしまって、無駄なトレードをしてしまいがちです。

しかし、トレードの本質を理解すれば、それほど躍起になる必要はないのです。

自分のルールに従って、淡々とやるだけです。

エントリーするまでどれだけ精査できるかです。

エントリーしてしまえば、あとはもう何もすることはありません。

しかし、そうは言ってもなかなか思い通りにはいかないものだというのは

僕も経験的に分かっています。

しかし、これは意識的に自分を変えていくしかありません。

初心者の域を脱するためには、これがまずできるようになるまで、試行錯誤を繰り返すことです。

大丈夫です、いずれうまくいきます。

僕も随分と時間がかかりましたから。

ある程度淡々とできるようになると、トレードが楽しくなってきます。

負けても仕方ないかって。

頑張っていきましょう!

 

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler