LIFESTYLE

東京オリンピックのボランティア応募フォーム記入方法まとめ

いよいよ、本日9月26日(水)13時より、2020東京オリンピックのボランティアの応募が始まりました。

僕も早速、特設サイトを通じて応募しました。

まだ具体的なことが何も分からない状態ですが、とにかくオリンピックの運営に携わる絶好の機会だと思って、とりあえず応募することにしました。

現時点では、受付が完了しただけで、参加が決まったわけではありません。

今後、12月上旬まで応募の受付があって、それからオリエンテーションに参加できるかどうかの案内が届くということになると思います。

オリエンテーションに参加することができれば、続いて具体的な研修に参加することになります。

大会までもう2年を切っています。

まだまだ先だと思いますが、おそらくあっという間に本番を迎えることになるのではないかと思っています。

オリンピックの開催やボランティアのあり方などについては、賛否両論いろんな意見が飛び交っているのは知っています。

まぁいろんな意見があっていいんでしょうけどね。

ほとんど金絡みでしょうか?

金が動くところに、人も動きますからね。

ある意味これは仕方のないことかもしれません。

まぁそんなことは、もはやどうでもいいです。

とにかく今は2年後の東京オリンピックを楽しみに、過ごしたいと思います。

今回応募したボランティアの応募フォームについて説明したいと思います。

 



ボランティアの応募は特設専用サイトから

 

応募は特設専用サイトから行います。

 

 

 

応募フォームの項目を確認します。

画面を下の方へスクロールし、大会ボランティアに応募するのボタンを押します。

すると、以下のような画面になるので、自分の持っているアカウント等でログインします。

 

 

応募フォーム記入の流れ

 

ログインすると、以下のような画面になります。

STEP1からSTEP6まであるので、順番に記入し、ページ毎に送信ボタンを押します。

STEP1

 

 

ここでは、基本情報の記入と自分の写真のデータをアップする必要があります。

背景が白系で顔の正面写真であればOK

スマホで自撮りして、パソコン等に取り込んで置くようにしましょう。

応募フォームに記入する前に準備しておくと記入がスムーズに進みます。

 

 

顔写真をアップロードしたら、今度はユニフォームのサイズを選択します。

最後に画面下の送信ボタンを押して、STEP2に進みます。

 

STEP2〜STEP4

 

STEP2~STEP4までは、住所・連絡先緊急連絡先言語予定宿泊先ボランティア経験就学・就労状況語学レベルスポーツ経験応急手当講習運転などの項目を記入します。

STEP毎に送信ボタンを押して下さい。

 

 

STEP5

 

STEP5では、今回希望するボランティア活動について記入します。

希望の活動場所希望の活動分野意気込み等を記入します。

活動場所ですが、東京以外でも競技は行われます。周辺その他の都道府県、例えば神奈川、埼玉北海道などでも行われます。

希望として、2つまで選択することができます。

希望の活動分野については、3つまで選択することができます。

僕は、競技・テクノロジー・ヘルスケアを選択しました。

希望通りになるかどうかは分かりません。

意気込みは、自由に思うように記述しましょう。

記入したら、画面下の送信ボタンを押しましょう。

 

 

 

STEP6

 

最後のSTEP6では、ボランティア参加規約を読み、同意する必要があります。

 

 

画面したの送信ボタンを押すと、以下のような画面になります。

 

 

これですべてのSTEPの記入が完了しました。

登録したメールアドレスにメールが届くので、そのメールに記載されているページにアクセスし、メールアドレスの認証を行って下さい。

 

 

このボタンを押すと、応募完了です。

マイページのマイステータスが、応募受付済となっていることを確認して下さい。

 

 

今後の流れ

 

今後の流れについては、希望した活動分野・活動場所と実際の活動等のマッチングが行われます。

次のプロセスに進まれる方には、オリエンテーションのお知らせが届く予定となっています。

マッチングが不成立になった場合も、その旨メールにて連絡されることとなります。

まぁとりあえずは応募は完了しました。

今後、次のステップに進めるかどうかは分かりません。

予定通り次に進むことができれば、その都度状況を発信していければいいなと思っています。

 

ボランティア応募フォームはこちらから

 

 

2020年東京オリンピックのボランティアに応募してみよう!2020年の東京オリンピック・パラリンピックまであと2年となりました。 世界的な祭典が日本で行われるということで、今からワクワクし...

 

 

今から始める2020東京オリンピックまでにすべき3つのこと 東京オリンピックまであと1年半 2018年も年の瀬。 年が明けると、2020...
 

 



 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler