LIFESTYLE

注目のふるさと納税返礼品を紹介!今年もあと僅かだけどまだ間に合う。今ならAmazonギフト券増量中

 

初めてふるさと納税するんだけど、どんな返礼品があるのかなぁ?
Toshiya
Toshiya
ふるさと納税は僕もやっているよ。注目の返礼品を紹介するよ。

 

皆さんはふるさと納税はやっていますか?

今年も残り1ヶ月。

ふるさと納税をやるなら、もう今しかないですよ。

ふるさと納税するなら、ふるなびがオススメ!

 

 

 

ふるさと納税の仕組み

 

まずは、ふるさと納税の仕組みを簡単に説明します。

ふるさと納税とは、ふるさと納税で納めた金額が、あなたが支払わなければいけない税金から控除・還付を受けることができ、自己負担が軽減されるというものです。

実際に支払った金額は、その年の所得税から還付され、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

そして、その返礼として各自治体から返礼品を貰うことができるのです。

実質の自己負担2,000円でそれを受け取ることができるというわけです。

ふるさと納税の控除上限額は、その世帯の年収や家族構成、居住地域によって異なります。

ご自身の控除上限額を知った上でされることをオススメします。

 

ワンストップ特例制度の申請

 

この制度は、簡単に言うと確定申告をしなくても、ふるさと納税の控除を受けられるというものです。

ふるさと納税を行う自治体は5自治体までです。

基本的に、通常確定申告を必要としない人が対象なので、給与収入であるサラリーマンの方はこの制度の対象になるということです。

申請は、ふるさと納税で寄付を行う度に行います。

仕組みは簡単。

申請用紙を記入し、本人確認書類と一緒に寄付をした自治体に郵送するだけです。

寄付をした自治体はあなたの住んでいる自治体に連絡がいき、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

例えば、合計で6万円の寄付を行った場合、実質の自己負担額の2,000円を差し引いた5万8千円が、翌年の住民税から控除されるということになります。

なので、実質2,000円の負担で返戻品を貰うことできるのです。

確定申告で申請する場合は、若干条件が異なります。

しかし、確定申告の場合でも、ワンストップ特例制度で申請しても、控除額は基本的に変わりはありません。

 

 

各自治体の注目の返礼品

 

各自治体の取り組み内容、返戻品については、自治体それぞれ異なります。

税金の使い道を明確にしているところは、逆に返戻品がなかったりもします。

ふるさと納税が集まるように、返戻品に力を入れているような自治体もあります。

どの自治体にふるさと納税を行うかは皆さんの自由で、何がいいとか悪いとはありません。

皆さんが、これはいいと思ったところに寄付をすればいいのです。

ふるなびの公式ページを見ていただければ分かると思いますが、同じ返礼品を繰り返し選択することもできます。

クレジットカードで決済することも可能です。

本当に手軽に始めることができます。

また、ふるなびの公式ページを利用すると、寄付金額に応じてAmazonギフト券が貰えるというのもいいですよね。

 

それでは、今注目のふるさと納税を返礼品から紹介します。

 

詳細については、下記のバナー(ふるなびの公式サイト)からご覧下さい。

 

日本旅行ギフト(1万円分)

よなよなエール(ビール)1ケース

黒毛和牛小間切れ落とし(2.2kg)

サーティワンアイスクリーム商品券(8枚)

monbellバウチャー(5000pt)

ダイソンヘアードライヤー

peachポイントセット

 

ふるさと納税の「ふるなび」公式ページ

 

 

 

まとめ

 

ふるさと納税は、5,000円以下でも大丈夫です。

そして、各自治体の返礼品も様々です。

ふるさと納税の基本的な仕組みを理解し、少額からでも可能なので、まだやったことがないという人は是非やってみることをオススメします。

どうせ納める税金ですから、少しでも有効に活用したいところですよね。

 

 

ふるさと納税のポイント

1、税金の控除・還付を受けることができる。

2、ワンストップ特例制度が利用できる。

3、返礼品を貰うことができる。

4、税金の使い道が分かる。

5、納税に対する意識が高まる。

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler