TRAVEL

外国人専用サービス20%割引で台湾新幹線の切符を買う方法&乗り方を解説

 

台湾新幹線に乗ってみたいんだけど、乗り方が分からないんだよね。。
Toshiya
Toshiya
大丈夫だよ、思ったより簡単だよ。便利だし是非チャレンジしてみてね。

 

 

台湾南部への移動は台湾新幹線が便利

 

 

台湾新幹線は、台北から高雄まで、台湾大陸を南北に縦断しています。

そして、なんと言っても台湾新幹線は、日本の新幹線を導入しているので、乗り心地や内装まで、ほぼ日本の新幹線と同じ。

台北から高雄まで、最速90分で行くことができます。

途中の台中や台南で降りるのもよし、日帰りで高雄にも行けちゃいますよ。

車両は、700系のぞみと同じ。

座席の配列も、3列-2列なので日本の新幹線と同じですね。

車内販売もありました。

僕も普段日本では飛行機移動ばかりで、新幹線に乗ることはないんですが、久々に台湾で新幹線に乗って、速いし快適だし、おまけに安いし、最高だなと思いました。

そうなんです、台湾新幹線の切符はかなり安くて、外国人専用の割引システムもあるのです。

 

台湾新幹線のチケットを20%引きで買う方法

 

なんと外国人だけが対象になるサービスがあって、台湾新幹線の切符が20%引きで購入できるのです。

事前にKKday.comにアクセスして予約・購入をすることができます。

 

 

 

 

この割引切符は、当日窓口などでは購入することはできません。

時間がはっきりしているのであれば、指定席を予約することもできます。

あるいは、とりあえず予約しておいて、当日窓口で席を指定することもできます。

とにかく、台湾新幹線を利用するのであれば、事前に20%オフ予約・購入が断然お得です。

予約したバウチャーは、乗車当日必要となるので、必ず保管しておきましょう。

 

 

 

台湾新幹線の乗り方・降り方

 

乗車前にHSRの窓口で、予約したバウチャーを乗車券と引き換える必要があります。

引き換え時には、パスポートを提示します。

ここで、乗車する時間がはっきりしているのであれば、指定席を取ることもできます。

因みに、指定席の料金はかかりません。

自由席でいいという人は、適当に来た新幹線に乗ればオッケーです。

乗車券を引き換えたら、改札を抜けてホームに向かいます。

改札の際は、係員がいる入口から入ります。

その際、乗車券とパスポートを提示する必要があります。

車両は12両編成でした。

ホーム上に案内はありますが、自由席の人は自由席の車両の列に並びましょう。

目的地に着いたら、降車して改札に向かいます。

改札では、乗車時同様、自動改札機は通らず、係員に乗車券とパスポートを提示しましょう。

簡単ですね。

 

 

 

台湾新幹線の乗って駅弁を食べよう

 

台湾新幹線に乗るときの楽しみの一つは、駅弁を食べることです。

台湾の地下鉄では飲食は禁止ですが、台湾新幹線内ではオッケーです。

なので、乗車前に駅弁を購入して車内で食べましょう。

台湾の景色を見ながら、ゆっくり駅弁を食べるものいいものですよ。

駅弁は、台北の駅で買うことができます。

因みに、台中の駅でも売店がありました。

 

 

 

 

まとめ

 

台湾新幹線を使いこなせば、台湾での行動範囲がグッと広がりますね。

台北だけではない、台湾の魅力を感じることができます。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler