TRAVEL

台北101の年越しカウントダウン花火を見る方法

 

今年の年越しは、どこかのイベントに参加したいなぁ。
Toshiya
Toshiya
年越しイベントなら海外がオススメだよ。台湾の年越しは最高に楽しいよ。

 

 

皆さん、今年の年越しはどこで過ごされるのでしょうか?

家でゆっくり紅白歌合戦を見て過ごすのもいいですが、僕としてはやはり海外でのカウントダウンイベントに参加されるのをオススメします。

楽しいですよ〜

今回紹介するのは、台湾・台北101のカウントダウン花火です。

是非、これは一度は見られることをオススメします。

あの高層ビルから次々に放たれる花火は本当に圧巻です。

 

 

絶好のポイントで花火を見る

 

まず、花火をどこで見るか、ということになります。

台北101自体非常に高層ビルなので、結構離れた場所からでも見ることができますが、どうせなら間近で花火の迫力を味わうのがいいでしょう。

時間的には、だいたい2時間ぐらい前には場所を押さえた方がいいではないかと思います。

僕が実際見た場所というのは、MRT淡水信義線の終点、象山駅まで行って、そこから台北101に向かって行く道中です。

かなり、台北101に近付いたところで場所を取りをして見ました。

下のMRT路線図を見ていただければ分かると思うのですが、台北101の最寄駅は、通常板南線の市政府駅か、淡水信義線の台北101貿易センター駅になります。

 

 

 

 

あえて、象山駅まで行って少し距離を取ったところから、どんな感じで台北101が見えるのかが、よく分かります。

少し離れたところからゆっくり見たいと思う方は、人が少なくていいかもしれません。

また、象山に登って夜景をバックに見るというのもいいかもしれません。

ただ、象山ってそれ程高い山ではないのですが、結構急勾配で正直キツイです。

それに、山頂はあまり広くないので、人が多くていい場所が確保できないということもあり得ます。

あので、予めこの辺りで見ると決めて早めに場所を確保した方がいいですね。

あまりあちこち見て回る時間もないと思いますので。

日本は真冬ですが、台湾は日本ほど寒くはありません。

あので、それほど着込む必要はありませんが、夜なので風が吹くと肌寒いです。

基本は長袖で、多少の寒さをしのげる服装をオススメします。

 

 

 

 

カウントダウン花火の前には腹ごしらえ

 

台湾と日本の時差は1時間です。

なので、日本より1時間遅れて新年を迎えることになります。

新年を迎える2時間ぐらい前には、場所を確保したいですから、逆算して夕食はそれまでに済ませておきましょう。

ポイントによっては、周りにコンビニや食堂がないということもあり得ますので。

僕は台北に行くと、たいてい西門あたりのホテルに泊まります。

ご存知の通り、西門町は結構な繁華街ですので、美味しい食べ物屋さんがたくさんあります。

火鍋や魯肉飯(ルーローハン)、牛肉麺、麺線など、オススメです。

 

 

 

 

圧巻の台北101カウントダウン花火

 

時間が迫るにつれ、どんどん人が多くなっていきます。

場所を確保したら、あとはカウントダウンを待つだけです。

この時間を利用して、撮影の準備をしておきましょう。

複数人で行かれる場合、時間を持て余した時のために、トランプやゲームを準備しておくのもいいでしょう。

地べたに座って見るかもしれないので、敷物などあると便利ですよ。

時間が近づくと、周りの人たちがカウントダウンし始めます。

実際の花火は圧巻で、こんなに花火やっちゃって大丈夫?みたいな。

ビルが燃えちゃうのではないかと思うぐらい凄かったです。

花火の時間はそれ程長くはないですが、見応え十分です。

 

 

 

 

↑↑ 写真では全然伝わらない(笑)。是非、生で見て下さい。

 

 

花火の後は夜の街を楽しんで

 

意外と、カウントダウン花火はあっさり終わりますので、その後は余韻を噛み締めながら、夜の街をぶらっと楽しみましょう。

台北101周辺は、結構お店も多くてオシャレスポットですので、少し見て回るのもいいですよ。

 

 

 

 

ただ、夜中も臨時でMRTは動いてはいるのですが、電車は激混みですので、覚悟して下さいね。

うまい具合にタクシーに乗れればいいんでしょうけど。

駅に入るのも、ホームに行くのにも、入場制限がかかります。

焦らずゆっくり帰りましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

こんな具合で、台北101のカウントダウン花火は、一度は見ておいて損はないと思います。

台湾は、日本からも近いですし、早めに予約するとLCCで安く行くこともできます。

日本でゆっくりテレビを見て過ごすのもいいですが、是非こうしたカウントダウンを楽しむのもオススメです。

 

 

僕が普段利用しているサイトです。航空券やホテル、観光地情報などは以下のサイトを見比べています↓

Hotels.com
Booking.com
トリップアドバイザー
エクスペディア

 


 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler