TRAVEL

台北・桃園国際空港から台北駅までは空港MRTがめちゃ便利

皆さん台湾に行かれたことはありますか?

僕はもうかれこれ20回以上行っているかと思います。

でも、いつも同じようなところばっかり行くので、実はあまり詳しくはないのです。

台北を観光したのは、最初の2〜3回ぐらいでしょうか。

観光名所も一通り行くと、そんなに行くもんじゃないですしね。

なので、最近は台北に行っても、カフェで作業したり、本を読んだり、たまにマッサージに行ったりする程度。

ご飯は、地元の屋台で済ませます。

この記事も、因みに台北のカフェでまったりしながら書いています。

皆さんも、近くて近い台湾に是非行ってみて下さい。

暮らすように旅するには最高の場所ですよ。

 

 

空港MRTで桃園国際空港から市内へ

 

少し前置きが長くなりましたが、今回は台湾の玄関口、桃園國際空港から台北市内への行き方について、書こうと思います。

今まで、空港から市内へ行くには、空港リムジンバスを使うのが主流でした。

バス乗り場で台北駅までの切符を買って、バスに乗り込むという流れでした。

所要時間は、市内まで約40〜50分ぐらいでしょうか。

道路の混み具合で多少時間は前後します。

値段は、片道130元ぐらい(520円ぐらい。1元4円で計算)

バス会社によって微妙に金額が異なります。

この度、空港MRTが完成して、空港から市内まではMRT1本で行けるようになったんです。

これはかなり便利です。

 

 

空港MRTの乗り口までの順路

 

実際僕も利用してみたので、レポートしたいと思います。

空港の到着口を出ると、電車乗り場やバス乗り場の案内があるので、その方向に向かって歩いて行きましょう。

 

 

 

 

到着口を出て、左に進みます。

しばらく行ってさらに左へ曲がって、突き当りまで行くと、チェックインカウンターから地下に降りるエスカレーターがあります。

地下のフードコートがあるところです。そこもさらに下へ降りて行きます。

 

 

 

 

すると左方向の案内があるので、歩いて行きます。

しばらく行くと、空港MRTの切符売り場と改札が見えてきます。

 

 

 

 

空港MRTの乗り方

 

 

 

 

空港から台北駅まで、所要時間は35分程度。

値段は、160元(640円)(1元4円で計算)

切符の買い方は簡単、券売機で行き先ボタンを押してお金を入れるだけです。

トークンが出てくるので、それを下車時まで持っていて下さい。

改札を通る時は、そのトークンをタッチパネルにかざすだけオッケーです。

降りる時は、トークンをトークン入れに入れて出ます。

 

 

 

 

 

台北でも頻繁にMRTやバスに乗るという人は、イージーカード(Easy card)というICカードがあるので、これを購入すると便利です。

イージーカードは台北駅などの主要駅で買うことができます。

日本のICカードと要領は同じです。

予め、券売機でお金を入れてチャージすれば、いちいち切符を買わなくても、改札でカードをかざすだけで乗り降りできるので、非常に便利ですよ。

チャージの仕方は簡単。チャージ専用機でカードを置き、お金を入れるだけでオッケー。

 

 

 

 

 

空港MRTの車内は綺麗

 

空港MRTはできたばかりなので、とても綺麗。

座席にはテーブルもあります。

因みに、台湾では地下鉄内での飲食は禁止されているので注意して下さいね。

 

 

 

 

 

空港から乗り込むと、意外と混んでなくて座れます。

途中何ヶ所か停車して、人は乗り込んできます。

途中地上を走るので、台湾の田舎の風景が見られていい感じですよ。

 

 

台北駅での乗り換え

 

台北に着いたら、西門や台北101、淡水に行こうと思ったら、別の路線に乗り換える必要があります。

なので、一旦改札を出て、それぞれの路線の案内に従って進んで行きましょう。

因みに、僕は台北駅からMRT板南線に乗り換えたのですが、結構な距離を歩きました。

移動は意外と時間がかかるので、時間に余裕を持ちたいところです。

 

 

台北駅から空港MRTに乗る

 

帰りも同様、台北駅に着いたら、空港MRTの案内が至る所にあるので、それを頼りに進んでいって下さい。

 

 

 

 

帰りの空港MRTでは、飛行機のチェックインカウンターがあって、ここでチェックインができるんです。

もちろん、荷物の預け入れもできます。凄いですよね。めっちゃ便利。

基本的には、チャイナエアラインとエバー航空、マンダリンエア、ユニーエアのみとなります。

 

 

 

 

 

空港までは快速列車に乗りましょう。

普通車と快速列車のホームが異なるでの、間違えないようにしましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

空港リムジンバスだと、渋滞に巻き込まれたりして、時間が読みにくところがあったのですが、MRTだと時間も決まっているので、予定が立てやすくなりました。

ギリギリまで市内で遊んで、サクッと空港に向かうことができます。

イージーカードがあればさらに便利ですし。

なるべく移動時間は最小限に、市内観光を楽しみたいですもんね。

是非、皆さんも空港MRTを利用してみて下さい。

 

台北空港MRTのまとめ

1、料金は、片道160元

2、所要時間は、約35分

3、意外と空いている

4、ギリギリまで市内で遊べる

5、イージーカードでさらに便利に乗れる

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler