WORKSTYLE

水平線(レジサポライン)の引き方を覚えよう!もっともシンプルなテクニカル指標

 

初心者でも簡単に使えるテクニカルチャートってあるかなぁ?
Toshiya
Toshiya
あるよ。とてもシンプルで初心者にはオススメだよ。僕も普段使ってるよ。

 

テクニカルチャートの中でも、最もシンプルで初心者にもオススメなのが、水平線(レジサポライン)です。

是非、マスターして活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

レジスタンスラインとサポートライン

 

FXトレードで勝つためには、チャートをある程度読み解くことがポイントになります。

チャートを読み解く方法は、正直たくさんあります。

初心者のうちは、ある程度有名なものだけ覚えていけばいいです。

それは例えば、レジスタンスラインとサポートライン

チャート画面において、水平に描かれているラインのうち、下線にあたるのがサポートライン、上部に引かれているのがレジスタンスラインと呼びます。

レジスタンスラインとは、日本語で表すと上値抵抗線といいます。

例えば、価格が高騰することによってレジスタンスラインに達しようとすれば、レジスタンスラインを越えないように抵抗がかかってきます。

上値を飛び越えないように抵抗力が生じるラインということなのです。

サポートラインというのは、その反対。

下に落ちようとするのを支えるライン、ということです。

 

 

水平線の引き方を覚えよう

 

レジスタンスラインは高値圏に、サポートラインは安値圏の位置に引きます。

もし、2箇所以上もの同価格帯の高値があれば、これらを結ぶように水平ラインを書くようにします。

安値も同様です。

多くのFXトレーダーの傾向としては、価格が高値に差し掛かれば、下降するものと考えて、新規で売り注文を行います。

同時に、買っている人が次々と決済することで、さらに価格が下落していきます。

こういう局面では、取引が活発になり、大きな値動きが見られることも多いです。

ただ、レジスタンスラインがあったとしても、絶対に下落していくことを示唆しているわけではない、ということに注意が必要です。

このレジスタンスラインを超えることもあり得るのです。

このレジスタンスラインに差し掛かって下落していくのか、またはレジスタンスラインを超えていくかのかを、判断することが重要です。



水平線はあくまで目安として考える

 

初心者の方が気を付けておきたいポイントは、あまりキッチリとしたラインを引かないようにすることです。

例えば、ローソク足の線に引くのか、それともローソク部分に引くのかとか。

サポートラインやレジスタンスラインって、あくまで目安であり、絶対的な指標ではないので、適当に引く感じでオッケーです。

例えば、線の端とローソクとの中間あたりを目安にするとか。

 

 

レジスタンスラインとサポートラインはセットで引く

 

水平線を引く際は、レジスタンスラインとサポートラインとは併せて引いておくことが重要です。

価格が下落してくる、注目されるのが、サポートラインの価格帯です。

どこまで下がるのか、ということです。

サポートラインとして意識されているポイントで下げ止まるのか。

サポートラインで下げ止まる場合は、次第に売る勢いよりも買う勢いの方が高まってくることが予想されます。

しかしながら、これもレジスタンスラインと同様、サポートラインを越えて、さらに下落することも十分あり得る、ということに注意しなければいけません。

こんな感じで、レジスタンスラインとサポートラインは、常にセットで考えるようにしましょう。

初心者の方は、最初からいきなり実践で資金を投入するのではなく、デモトレードで何度も練習をして、ある程度コツを掴むことをオススメします。

 

初心者はまずデモトレードで練習しよう

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler