COLUMN

僕が考える実力だけでは成し得ない成功の条件とは?

 

成功を語れるほど成功しているわけではないですが、僕自身が今までの人生の中で、感じてきた成功に必要なことを考えてみました。

 

サラリーマンとして成し得たこと

 

僕自身は、学校を卒業して何年もサラリーマン生活を送っていました。

今でこそ、FXトレードやネットビジネス、資産運用で収益を上げることができるようになってきましたが、まだまだこれからという状況です。

かつては、サラリーマンとして日本型組織の中で戦っていましたが、現在は資本主義ゲームという大波の中で戦っているという感じ?です。

特に、組織を生きるサラリーマン時代によく感じたことですが、意外にも人間って普通に生きることが難しいんだなぁということ。

僕は長年サラリーマン生活を送っていて、自慢ではないですが、人よりかは昇進も早く、会社の重要なポストも任され、役員にまでなったという経歴があります。

もちろん、一つ一つの信頼を重ねて、重要な仕事を任され、それなりに修羅場も乗り越え、こなしてきた結果だと思っています。

しかし、僕自身は自分で思いますけど、それほど器用だとも思わないですし、それほど仕事ができる人間でもないんですよね。

どちらかと言うと、結構適当で雑なところがあります。

適当に卒なくこなし、最後は丸くそれなりに綺麗にまとめるということを、よくしていたように思います。

ただ、周りの信頼を裏切らないことは気を付けていました。

あいつに任せたら、まぁ大丈夫かと思ってもらえていたのかもしれません。

普通に生きるってどういうこと?って思うんですけど。

普通って、分かりやすく言うと、人の信頼を裏切らないということじゃないかって。

 

普通に生きることの難しさ

 

この普通に生きることって意外と難しいんじゃないかって思うことはサラリーマン時代よくありました。

自分の首を自分で締めるというか。

なんでそんなことするの?

どうしてそうなるの?

そんな風に思うことが沢山ありました。

僕は、今まで目立った実績を上げてきたわけでもないし、別に表彰されたこともありません。

気が付けば、周りに誰もいなかったという表現がいいかもしれません。

そう考えると、人生って一体なんだろうと思うこともあります。

人間って一筋縄ではいかないものだって。

自分が普通と思っていることは、実は普通ではないのではないか。

そもそも、普通なんて概念なんてない。

 

人間実力だけでは成功しない

 

いろんな人間がいて、そこには人間関係があって、それは複雑に絡み合っている。

だからこそ、とんでもないようなことが日常茶飯のように起こるんでしょうね。

資格もないし、大した実績もない、そんな自分が結果的に組織の中である程度の結果を残せたというのは、ある意味世の中の仕組みにハマったからなんでしょうね。

世の中は、実力だけでは成功できない、資格や経験があるだけではダメだということを、身をもって経験したように思います。

自分が成功したとは思いません。

ただ、自分が歩んできた道を振り返ってみると、そうだったのかなと思うのです。

何が言いたいかというと、世の中って実力があれば成功できるほど単純ではないし、普通なんて概念はないし、信頼できる人はそれだけでどんどん上がっていくし、信頼できない人はそれだけで逆にどんどん落ちていく、ということ。

世の中ってそんな風にできているんだなって改めて思います。

言ってみれば、運やイメージによるところも大きいのではないかと思います。

決して実力が必要ないと言っているわけではありません。

実力だけではダメで、それ以外の要素、運やイメージと言った要素がなければ決して成し得ることは難しいのではないかと思うのです。

僕は、まだまだ成功したとは言えません。

これからも、アウトプットを続け、僕なりの普通の感覚でやっていこうと思っています。

これを読んでくださっているあなたはどうですか?

共に頑張りましょう!

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler