WORKSTYLE

FXトレード初心者のために損切りがうまくなるための方法と考え方を解説します

 

どうすれば損切りがうまくなるのかなぁ。
Toshiya
Toshiya
大丈夫だよ。損切りは慣れれば誰でもできるようになるよ。

 



 

 

損失を最小限に抑える方法

 

損失を最小限に抑える方法が、皆さんご存知の損切りです。

損切りがうまくいかないと悩んでおられる人も多いかと思います。

初心者の方が誰もが経験することですね。

FXトレードにおいて、損切りが上達する方法は2つしかありません。

それは、損失に慣れることと、投資をしている間は人間性を封印して、まるで機械のように、淡々と損切りができるよう心がけることです。

なぜこの2つが損切りの上達に結びつくのかというと、それは損切りをするというのは、極めて人間的な感情との戦いの連続だからです。

どんな人でも損を出すのは嫌ですし、損切りをする時は自分なりの言い訳をするものす。

例えば、もしかしたら、これから相場が反転するかもしれない、これだけのお金があれば欲しいものが買える。

損益として切るのはもったいない。

ポジションを塩漬けにして、証拠金を補充すれば、もうしばらく持ちこたえられる、などなど。

このように、様々な理由をつけて、損切りの判断を引き延ばしてしまうのです。

そうして損切りが、後手後手なればなるほど、取り返しのつかない状況になっていくわけです。

これを未然に防ぐためには、損失がまだ少ないうちに素早く決断するか、機械的に淡々と損切りをす実行するしかありません。

それをきっちり出来る人が、損切りの上手い人と言われます。

損失は嫌だ、できることなら避けたい、こういった感情こそが、うまく損切りができない大きな原因です。

なので、うまく損切りできるようになるには、この感情を無視するか、あるいは慣れていくしか方法はありません。

 

 

損切りがうまくなる方法

 

損失に慣れるために、あえて損切りの練習をすることをオススメします。

とは言え、損失に慣れるために、わざと少額の損切りをして、それに慣れたとしても、実際のところ数十万円、数百万円の損失に慣れるというわけではない、ということを認識しておかなければいけません。

損切りをする上で大切なことは、あらかじめこういう条件になれば損切りをする、というルールを決めておき、その条件を満たせば機械的に淡々と損切りを実行することです。

言うのは簡単ですが、実際に行うのは難しいものです。

しかし、これはもう淡々と機械的にやるしかありません。

マネープレッシャーと言われるもので、いくらデモトレードで練習を積み重ねたとしても、実際に自分のお金でやると、違う感情が出てくるものです。

実際、何十万円もの損失を機械的に切っていくのは実際問題難しいものです。

なので、トレードはゲームのスコア的に考えられるのが一番いいですね。

 

 

必ずストップ注文・指値注文を活用する

 

損切りの具体的な方法は以下の通りです。

ストップ注文、指値注文と活用します。

ストップ注文は、相場が急落した際、緊急回避的な手段として、非常に有効なものですが、これをあらかじめ設定しておきます。

そうすれば、相場が損切りラインを越えた瞬間に、損切りをすることができます。

トレードする際は、必ず予め損切りのラインを決めてからトレードするようにしましょう。

注文を出す際に、一緒に損切り値を決めて一緒に注文するのです。

そうすれば、自分が許容する損失ラインに来れば、自動的に決済されます。

なので、それ以上の損失を出すことはありません。

このように、損失をコントロールすることが、損失の重要な役割と言えます。

 

 

損切りラインは決して動かさない

 

ここで注意しなければいけないのは、一度設定した損切りラインは、決して動かさないということです。

これは、絶対にやってはいけないことです。

損切りラインを動かすということは、元に状態に戻っていることを意味します。

たとえ、損切りラインに到達して、またすぐに相場が反転したとしても、それは仕方のないことなので、潔く諦めましょう。

どうしても余計な感情が混ざって上手く損切りができないのであれば、この方法を使って損切りをしましょう。

そうすれば、数十万円の損ができる前に損を切ることができます。

初心者のうちは、この指値で損切りを設定しておくことを、強くおススメします。

損切りというのは、あなたが思っているほど、簡単ではないですし、トレードと損切りは必ずセットで考えるべきものです。

トレードする時、まず考えるべきは、損切りラインを決めるということを、覚えておいて下さいね。

 

 

まとめ

 

損切りというのは、単に損失を出すという単純なものではありません。

そもそもトレードというのは、勝ち負けを繰り返しながら、少しずつ資産を増やしていくものです。

勝ち負けに一喜一憂するのではなく、トータルでの価値を目指すものです。

損失というのは、トレードで勝つための必要経費であると考えましょう。

どんな事業でも経費というのはかかりますよね。

経費がかからないような事業はありません。

これはトータルで勝つためには、必ず必要になってくるものなんですね。

収益を上げようと思えば、その代わりに経費を支払わなければいけません。

必要経費を払わずに、収益だけ上げようなんて虫のいい話はありませんよね。

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler