COLUMN

お墓参りと神社参拝のススメ!僕が毎月欠かさずにやっている習慣

お墓参りは、小さい頃からの習慣になっていますし、神社参拝も何となく人から言われたりして、いつの間にか習慣になっています。

なんか絶対に行かないといけないというか、自然とやりたいみたいな、そうすることで何か自分の心がスッキリするというか、そんな感じです。

ということで、僕がなんとなくやっているいつもの習慣を紹介します。

 

3ヶ月に1度のお墓参り

 

僕の家のお墓は、大阪の豊中市にあるのですが、小さい頃から親に連れられて行っていました。

伊丹空港が近かったので、帰りに必ず飛行機を見て帰るのが習慣になってましたね。

昔から飛行機が好きでしたので、お墓参りに行くというより、飛行機を見に行けるというのが嬉しかったのだと思います。

当時は、伊丹空港は国際空港でしたから、世界各国の飛行機が飛んできてました。

滑走路沿いに車を停めてもらって半日ぐらいずっと見てた記憶があります。

写真やビデオを撮ったりして、もう完全に飛行機マニアです。

飛行機は大好きで、結構詳しかったりします。(笑)

今でも、2〜3ヶ月に1回のペースでお墓参りに行っています。

家から数珠と線香を持参して、最寄駅のスーパーでお花を買って行きます。

2〜3ヶ月に1度ですから、お墓に雑草が生えてたりするので、草抜きから始まり、石の汚れを拭いたり、水を入れ替えて、お花を挿して。

そんなこんなで30〜40分はかかりますね。

最近は、帰りに空港に寄ることもあまりなくなりました。

どうしても飛行機が見たくなったら行きます。

空港の雰囲気も好きですし。

僕の場合、お墓参りと伊丹空港はセットなんですよね。

今のうちはいいんですが、親もだんだん年を取ってきますし、将来のことは分からないですから、このままお墓をどうするか、お寺で共同供養してもらった方がいいのか、いろいろ考えていかないといけないなと思っています。

 

 

月に1度の伊勢参り

 

 

あともう一つ、僕が習慣にしていることは、月に1度伊勢神宮を参拝することです。

僕は普段大阪を拠点にしています。伊勢神宮までは、近鉄特急を利用すれば、2時間ぐらいで到着します。

いつも始発で行くんですが、朝早い時間だと参拝するにも、人が少なくていいんですよね。

まずは外宮を参拝して、その後バスに乗って内宮へ行きます。

別宮もあって、全て参拝はしないのですが、正宮は必ず参拝するようにしています。

因みに、外宮・内宮の神様の名前はご存知でしょうか。

外宮は豊受大御神、内宮は天照大御神が祀られています。

僕はいつも、御垣内参拝をしています。

式年遷宮の寄付を行うことで、御垣内参拝を行うことが出来ます。

御垣内参拝するには、正装する必要があります。ですので、いつも僕はスーツで参拝しています。

※御垣内参拝や式年遷宮については、別の記事でまとめていますので、そちらも合わせて読んでみて下さいね。

 

 

近鉄特急で行く伊勢神宮!外宮・内宮を正式参拝(御垣内参拝)する方法 三重県伊勢市にある、伊勢神宮に参拝してきました。 伊勢神宮について 伊勢神宮...

 

 

 

参拝の帰り、おはらい町というところを通って帰るのですが、いろんなお土産物屋さんや食べ物屋さんがたくさんあって、ついつい寄って帰りたくなるんですよね。

いつもその誘惑に負けないように、そそくさと帰るようにしています。

本当は、せっかく伊勢まで行くのだから、1泊ぐらいしたいと思いながら、性格的にせっかちな僕は、半日で帰るというのが習慣になっています。

 

まとめ

 

神社参拝については、自分が住んでいるところの氏神様にお参りに行くこともいいとされています。

僕もたまにですがお参りしています。

お墓参りにしても神社参拝にしても、何かその見返りを求めるというのではなく、そうすることで何か自分の心がスッキリするというか、リセットされるというか、そういう気持ちになれるんですよね。

人間ってどうしても、ついつい傲慢になってしまうところがあると思うんです。

僕自身もそうで、感謝の気持ちを忘れてしまうところがあって、なのでどこかでそういった気持ちを忘れないようにするためでもあるのかもしれません。

ある人がこんな事を言っていて、”手を合わせること、神様や仏様はその合わせた手の隙間からしか自分に入ってこない”と。

世界を旅していていつも思うのですが、世界のどこに行っても、人々って何かを祈っているし、手を合わせている。

祈りを捧げ、神様と向き合い、自分と向きあう。

これって世界共通なんだなって思います。

この習慣は、僕自身の中で絶対的に義務化している訳でもなく、僕自身がそうしたいからしているだけなんです。

自分の拠り所というか、そんな感じです。

これはあくまで僕の場合であって、人には人それぞれの選択する習慣があるのだろうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler