WORKSTYLE

FXトレードで両建てがオススメできない理由と注意点を解説します

 

いいこと思い付いた!買いと売りを同時にするってどう?
いわゆる両建てっていうやつだね。でも、初心者には両建てはオススメしないなぁ。

 

FXトレードってやってみると分かるんですが、なかなか一筋縄ではいきません。

やることは単純ですが、簡単に利益をあげることができないんですよね。

初心者のうちって、なんとか簡単に利益をあげる方法はないものか、っていろいろ考える気持ちは分かります。

しかし、トレードは目先の利益を追いかければ追いかけるほど、上手くいかないものです。

そういう相場の本質を理解することが重要となります。



そもそも両建てとは?

 

FXトレードは基本的に、買いか売りの2つしかありません。

なので、買い(ロング)でエントリーして、上がればある程度のレートで売り決済をしますし、逆に売り(ショート)でエントリーして、下がればある程度のレートで買い決済をして、利益を上げるということになります。

これが基本的なやり方になります。

ところが、証券会社によって、たいていの口座でそうですが、買いと同時に売りのポジションを持つことができるのです。

これを、両建てと言います。

 

 

両建てをオススメしない理由とは?

 

トレードでは、両建てといって売り買いのポジションを同時に持つことができます。

なので、その分ダブルで利益を上げることができるようなイメージを持たれるかもしれませんが、それほど理想的な手法ではありません。

僕個人的には、おススメしません。

むしろ、してはいけない手法としてインプットしています。

それは何故か。

相場というのは、ご存知の通り、上がるか下がるかのどちらかで、一方向にしか行かないというのが、基本ですよね。

もちろん、上がったものはやがて下がりますし、下がったものはやがて上がるのも、また相場です。

しかし、両建てというのは、どちらにもポジションを置くわけですから、単純に考えて、一方で利益が上がれば、一方で損失が出るというのは、明らかなことです。

これをうまく利用しようとするのが、損失を抱えている時です。

例えば、あるポジションを持っていたとして、それが含み損を抱えている状態であるとした場合、その損失を抑えるために、あえて反対のポジションを持つという考え方です。

そうすれば、プラスマイナスされるというわけです。

しかし、ある程度の相場の動きであれば、それでも対応できる部分もありますが、相場が大きく動いた場合、それでは対応できないということになります。

場合によれば、損失をさらに拡大させる可能性もあるのです。

なので、この手法は、利益を最大限に伸ばすというよりも、損失をカバーするという、どちらかと言うと、緊急避難的な意味合いが強いと言えます。

もちろん、綿密な計算のもと、うまく使いこなしている人もいるかもしれません。

しかし、かなり高度なテクニックを必要とするので、安易に手を出すべきではないと言えます。

 

 

リスクを取ってリターンを得るという考え方

 

両建て自体を全く否定するつもりはありませんが、トレードの基本的な考え方からすると、そもそもトレードというのは、ある程度リスクを承知の上で、最大限の利益を積み重ねるものです。

いかにリスクを上手くマネジメントするかがポイントになります。

そういった意味からすると、損失を抑えようとする心理は理解できますが、ある程度のリスクを飲まないと、利益を上げることもできません。

なので、両建てをすることで、利益ばかりに目を向けるというか、すべてを取りにいく必要はありません。

FXトレードは負けありきですし、しっかり資金管理をしておけば、確実に収益は上がっていきます。

重要なのは、いかに上手く負けるか。

小さな負けを重ねたとしても、大きく勝てばいいのです。

ひとつひとつのトレードに一喜一憂する必要はありません

結果的に、資産を増やしていければいいのです。

ということで、両建てはおススメしません。

 

まとめ

 

特に初心者のうちは、目先の小手先だけのトレードは避けた方がいいでしょう。

相場の本質をしっかりと理解して、腑に落とすことが、長くこの相場の世界で生き残るのに必要なことです。

 

 

リスクをとってリターンを得る思考、リスクを最小限に抑えてリターンを最大化させる思考 失敗を恐れては何事も成し得ない FXトレードというのは、投資の一種...

 

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler