COLUMN

世知辛い世の中を生き抜くために必要なことを考えてみたよ

僕は現在、サッカーの現地観戦はもちろん、FXトレードやブログメディアの運営以外にもいろいろとやっていて、会社の経営・運営にも携わっていたりします。

知人の経営者の話を聞いたり、自分自身の中でも最近特に強く感じることですが、最近の世の中はいろんな意味で昔とは大きく変わってきているということを。

今までの常識が常識でなくなってきている。

 

これがいい意味か悪い意味かはひとまず置いておいて。

 

例えば、人々の意識がもう昔とは全く違う。

世知辛い世の中だなぁと誰かが言ったものですけど

SNSの炎上に見られるように、他者を必要以上に批判したり。

お客様文化の弊害か、権利者意識がやたらと横行していたり。

とんでもないクレーマーが登場したり。

どこか言った者勝ちみたいな風潮ありますよね。

個人が個人の意見を自由に言えるようになった。

特にSNSでは匿名で好きなことを自由に発信できる時代です。

そのこと自体悪いことだとは思いません。

 

また、会社の中では、若い新入社員だけではなく、年配の社員でも今までの一般常識が通用しないというようなケースが度々見られるということです。

その人に問題があるんじゃないかと思うんですが、そうでもなくて。

常識を覆されるようなことが頻繁にあるので、会社もそれに対応しないといけないというんです。

社会にルールがあるように、会社には会社のルールがあります。

注意書きや留意事項、服務規律などの内容も驚くような内容です。

こんなことまで書面化しておかなければいけないんだなと愕然とします。

 

こういった問題を見ると、単純に常識や非常識といった言葉では片付けられないし、社会が変わってきたというけど、本当にそうなのかと思ってしまいます。

単純に社会の責任にするわけにはいかないですよね。

じゃあそこに生きる人間はどう進化してきたんだと問いたくなります。

個人が社会の中で生きているという意識がすごく希薄になってきているんじゃないか。

個人が自由に発言できて、メディアも持てるし、なんなら会社に所属しなくても、自分で稼ぐ力を身に付ければ食っていけます。

それ自体は凄く良いこと。

サラリーマンがダメだとかそういうことではなくて、働き方が多様化しているということです。

個人が自由に発言できるということは、反対にそれだけ多用な考え方があるということを認めていかいないといけないですよね。

認めるということは、自分と違う様々な考え方と共存するということ。

今の世の中を見ていて、今までにはない違和感を感じざるを得ないというのは、

自分が自由に発言・主張しながらも、他者のそれを認めて、棲み分けをしながらうまく社会の中で生きていく、いわばリテラシーが欠けているのかもしれない。

凄くバランスの悪さを感じるんですよね。

自分が社会の中でどう振舞うべきかということは、言い換えれば他者の存在を認め合うということです。

社会で起きる物事は、白黒で判断できるような問題ばかりではないですよね。

答えがあってないような部分が多い。

でも、そういう中でなんとなくこれはこうだよね、あれはこうだよな、っていう暗黙のルールの中で生きている。

心の中の振り幅みたいなものがあって

そういう部分って意外と大事だと思うのです。

 

完璧な社会もないし、完璧な人間もいない。

社会ってみんなで創り上げるものです。

ひとりひとりが、社会や他者に対してもう少し許容的であるべきだと思います。

たまには相手に少し甘えてみることも必要じゃないですか。

そして、相手を少しだけ許すことも大事。

人を許すってとても深いこと。

 

多様性が認められる社会、個人が自由に生きられる社会、多様な働き方のある社会

まさしく今の時代はそういう社会なんだと思います。

 

でも、その社会で生きる人間がそれに相応しい人間になっているかと言われれば、決してそうではない。

さっきも言いましたが、リテラシーがまだまだ追い付いてない。

バブルを迎えた中国人や、宝くじが当たった人を見ているようでなりません。

お金持ちはお金持ちに相応しい人間にならなければならないと思うのです。

せっかく宝くじで大金を手に入れたとしても、それを上手く使いこなせるリテラシーがないと、破産してしまうのと同じです。

 

理想の社会があるとするならば、そこで生きるのに相応しい人間になろうと努力するべきだと思います。

最近の世の中は、そうした努力を放棄している人、誰かが何かをしてくれるという他人任せ他者依存な人、そういう人が多いと感じざるを得ないというのが正直なところです。

だから安易に他者の責任にしてしまう。

他者は何かをしてくれるわけではない。

それぞれが自律した人間にならなければいけない。

 

そんな風に思います。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ