COLUMN

有給休暇5日間取得の義務化でどう変わる?って話

有給休暇は、サラリーマンの特権ですから、取得できて当たり前なんですよね。

 

ただ業務上支障がない限りにおいて。

 

会社側は時季変更権があるので、有給日を他の日に変更することができます。

 

もちろん、従業員から有給の申し出があればそれを拒否することはできません。

 

しかし、現実問題として有給があっても使うことができないという人も多いというのが日本。

 

有給を取れる雰囲気ではない、仕事量が多くて現実問題として取れない等々。

 

今回、義務化されたのは年間に10日以上有給を取得できる権利を持つ従業員ということですから、いわゆるフルタイム勤務の人が対象となります。

 

平成31年4月から施行されます。

 

日本の企業はなかなか休みが取りにくいって言いますよね。

 

サービス業は人手不足もあってさらに休めない。

 

ブラックっていうけど、そこまで無理を押してやらないといけないビジネスモデルってどうよって思ってしまいます。

 

今回フルタイム勤務の人が対象ですけど、年間10日間も有給取れないのかよって感じ。

 

だから、こうして法律で義務化しないといけないんですよね。

 

現実問題取得できてないということでしょう。

 

なんで5日間なのか分からないですけど。

 

年間に10日間付与されるのなら、10日間ちゃんと取得できるように義務化すればいいじゃないのか。

 

5日間の義務化なら5日間で終わっちゃうんじゃないですか。

 

やっぱり、そういうことを考えてしまいますね。

 

出勤記録ってどうにでも変更することができるのが現実です。

 

過労自殺で問題になった電通も再三の改善勧告がなされていたにも係らず、明確な対策を講じなかった。

 

あれだけの大企業であっても重大に受け止めていない。

 

これってもはやビジネスモデルの問題もあるけど、完全に悪意のある行為に思えてなりません。

 

利益至上主義の弊害はとてつもなく人々を不幸にしています。

 

今回の5日間の有給休暇取得義務が、人々の働き方を変えるのか、もっと言えば人々の幸せに繋がるものであるかどうかというと、甚だ疑問ですね。

 

すでに破綻を来たしているビジネスモデルが多い一方で、

 

悪意のある企業もあるという前提に立てば、中途半端な働き方改革では何一つ現状を変えることはできないのではないかと思います。

 

そういった企業が淘汰されるような仕組みを抜本的に考えなければいけないのではないでしょうか。

 

違反者には重大なペナルティを科すこともありだと思っています。

 

何故なら、それは翻せば人々の幸せを脅かすものだからです。

 

労働とは、本来人々の幸せを作り出す行為のはずです。

そのことを忘れてはいけません。

 

だから、企業経営者や運営管理者は、そういった仕組みを推進していく義務と責任を負う必要があります。

 

その上で、利益を生み出すモデルを生み出さなければいけません。

 

これからの社会というのはそういう社会です。

 

どうすれば人々が幸せになれるのか、そういった生き方が問われる社会です。

 

関連する記事も合わせご覧下さい。

スーツで出勤とかもうやめた方がよくない?って話僕の毎月の恒例行事となっている伊勢神宮参拝。 僕はいつも御垣内参拝(正式参拝)といって、一般の人よりもさらに中に入って参拝していま...
管理したがる日本の組織と日本人はもはや笑いのネタ? 仕事中に弁当注文で神戸市職員処分 勤務中弁当買いに行くのに3分抜けたのがそんなにいけなかったんでしょうか? ...
休まない上司ってどうなの?働き方改革より休み方改革だろ!働き方改革より休み方改革の方が大事なんじゃないの?と思っています。。 僕自身もかつてサラリーマンをしていましたので、その時に感じた...

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ