COLUMN

成功のためにリスクテイカーになれの本当の意味【リスクを計算する】

 

トレードの世界でもよく言われることですが、積極的にリスクを取らないと、望んでいるリターンを得ることができないって。

トレードに限らず、どんな世界でもリスクを取ることの重要性が謳われています。

僕もトレーダーの端くれとして、リスクを取ることの重要性は理解しているつもりです。

いやむしろ、トレードはリスクを取らないとリターンは得られません。

常にリスクとリターンは隣り合わせです。

今回は、リスクを取ることの意味について、まとめたいと思います。

 




 

リスクの意味を間違えてはいけない

 

リスクというのは、えてして危険なもの、悪いものというイメージで捉えがちです。

しかし、リターンを得るためには、うまくリスクと付き合っていかなければいけません。

リスクを取れというと、闇雲に大きなリスクを取って、取り返しのつかない状況になってしまうような人もいます。

間違ってはいけないのは、闇雲にリスクを取ることは、はっきり言って自殺行為そのものです。

まさしく一か八かのギャンブルと同じです。

トレードでいうと、自分の資金量に見合わないロットでエントリーして、尚且つ損切りも設定しないというような状況ですね。

リスクを取る本当の意味とは、こういった無茶・無謀なことをするということではありません。

リスクを取ることの正しい理解がなければ、リスクを取ってはいけないのです。

 

 

計算されたリスク

 

リスクを取るというのは、計算されたリスクを取るということです。

カリキュレーテッドリスクと言います。

一見ギャンブルに見えるようなことでも、実は緻密に計算されている、そのようなことはビジネスの世界ではよくあることです。

中には、たまたま運が良くて上手くいったというようなケースもあるかもしれませんが、大抵はそんな偶然はありません。

トレードの世界でも同じで、闇雲いにリスクだけ取っていたのでは、あっという間に資産が無くなってしまうのは目に見えています。

もっと具体的に言うと、収益を最大化するために、損失をどれだけ最小限に抑えるか、損失をどの程度まで許容するか、を予め計算して決めておかなければいけません。

その上で、リスクを取りにいくのです。

損小利大というのは、トレードにおけるリスクの取り方を如実に言い表していると言えます。

常にリスクリワードを考え、収益が損失を上回るように、いかにコントロールできるかがポイントになります。

 

 

積極的にリスクを取りにいく

 

トレードのことで話をすると、リスクを取る本当の意味を理解しておけば、あとはやることは極めてシンプルです。

トレードは確率の問題ですから、負けることもあれば、勝つこともある。

これは、どうすることもできない事実です。

僕たちトレーダーができることというのは、その事実を理解した上で、リスクをコントロールすることだけです。

恐れずに積極的にリスクを取りいくことが重要です。

リスクをコントロールできれば、収益はおのずと上がっていくということです。

要するに、リスクを取るというのは、リスクをコントロールするということに置き換えることができます。

 

 

まとめ

 

無茶・無謀なことというのは、リスクを取っているのではなく、単なる破滅行為です。

リスクを取ることの本当の意味を理解して、いかにリスクをコントロールするかに重点を置くことが重要です。

 

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ