WORKSTYLE

リスクをとってリターンを得る思考、リスクを最小限に抑えてリターンを最大化させる思考

 

やっぱり投資ってリスクが高いし怖いんだよね〜
Toshiya
Toshiya
分かるよ。でも、リスクを抱えないと望んでいる利益は得られないよ。重要な考え方を伝えるよ。

 

 

 

 

失敗を恐れては何事も成し得ない

 

FXトレードというのは、投資の一種であり、ギャンブルではありません。

投資というのは、リスクを取って、リターンを得るという考え方が基本にあり、決して勝率を競うものではありません。

勝ち負けを繰り返しながら、資産を築いていくものです。

しかしながら、多くのトレーダーは、目の前の勝敗に一喜一憂してしまいます。

実は、これは極めて日本人的な感覚であると言ってもいいかもしれません。

世の中の億万長者と呼ばれる人たちは、どのようにして今の地位を築いていったのか。

それは、人々が想像する以上にとてつもないリスクを抱えてきたからと言えます。

投資やトレードに限らず、様々な事業に、もっと言えば世の中のあらゆること全てにおいて、少なからずリスクというのは付きものです。

重要なのは、いかにそういったリスクと付き合っていくかということです。

要するに、失敗を恐れていては、何事も成し得ないとうことです。

重要なのは、失敗することを前提として、その失敗をいかにコントロールするかということ。

失敗をできるだけ少なくして、利益を最大化させていくかを考えることが重要です。

 

 

リスクをとってリターンは得るという感覚

 

世界の長者番付などを見ると、ほとんどがアメリカ人を初めとした外国人が占めています。

日本においては、諸外国に比べて、投資の感覚というのが、一般的ではないとよく言われます。

日本人の感覚で言うと、年収1000万円もあればお金持ちで、1億円もあれば億万長者と呼ばれます。

中身を紐解いてみると、年収1000万円レベルであれば、基本的にサラリーマンであっても可能な金額です。

例えば、医者や弁護士と言った、いわゆる、社会的地位が高いと言われる人たちもこの部類に入ります。

しかしながら、億を越えてくると、専門性の高い職業やサラリーマンでは、到底及ばない金額です。

このレベルというのは、経営者や投資家の領域になります。

長者番付に登場する人たちというのは、ほとんどが事業経営者であり、投資家なのです。

それでは、このような人たちとは、どのような人たちかと言えば、要するに、とてつもないリスクを背負って、リターンを得てきた人たちなのです。

逆に言えば、リスクを抱えないと、自分が望むリターンを得ることはできない、ということになります。

こういう感覚を持ち合わせているかどうかということが非常に重要です。

お金は汗水垂らして働いて稼ぐだけではないのです。

それを否定するつもりはありません。

しかし、世の中の仕組みとして、お金でお金を稼ぐという思考とリスクをとってリターンを得るという感覚を身に付けるということは、もはや必須と言えます。

これからの世の中を生き抜く上で、この感覚は非常に重要ではないかと思います。

 

 

日本人は極めて保守的で、極度に失敗を恐れる

 

日本においては、投資という感覚、またそういう文化が根付いていない、それに日本人は極めて保守的で、極度に失敗を恐れるところがあります。

ベンチャー企業が少ないというか、起業しにくいい文化、また失敗しても再起できる風土がない、というところも問題として挙げられます。

こういった点を考えると、FXトレードを始めとした投資というのは、日本人が持ち合わせていない感覚というか、どちらかというと苦手な部分を全面的に押し出し、コントロールする必要があると言えます。

リスクをとって、そのリスクをいかにコントロールするか、そしてリターンに持っていくか、という感覚が必要とされます。

投資が投資ではなく、ギャンブルと化してしまうのは、こういった感覚が理解されていないことが原因ではないかと思います。

誰もが参入しやすいFXトレードですが、まずは投資・トレードとはどういうものか、そういうことをしっかりと学ぶ必要があります。

現状は、とてつもなく有効な手段(ハード)はありますが、それを扱うソフト(人)がそれに追い付いていないという感じです。

 

 

まとめ

 

投資やトレード、資産運用にマイナスなイメージを持っている人、これからやってみたいと思うけど、なんだか怖いと思っている人は、少し視点を変えてみるといいかもしれません。

僕も最初はそうでした、そもそもそういった投資ってお金持ちがやるもの、リスクが高いから手を出すべきじゃないって、大した理解もないくせにそう思っていました。

今から考えると、無知って怖いなって逆に思います。

リスクをとってリターンを得る思考、リスクを最小限に抑え利益を最大化させる思考、というのは、この世の中の仕組を考えると、ある意味自然でもっともなことなんですよね。

よく考えてみれば、世の中のいろんなことに当てはまるんじゃないかと思います。

最近、山登りをしたんですけど、その時にそういうことを色々考えました。

それについても、記事としてまとめていますので、合わせてご覧下さい。

 

 

山登りに学ぶ人生で大切なことを考えてみたよ先日知人に誘われて、大阪の河内長野市にある岩湧山に登山に行ってきました。 880m程度の山なんだけど、僕らの行ったルートが結構な急...

 

 


 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler