FOOTBALL

柏レイソル2018鹿児島県指宿キャンプレポート!

いよいよ2018年のJリーグキャンプも始動しましたね。アジアチャンピオンズリーグ出場のプレーオフの権利を獲得した柏レイソルが一番乗りでキャンプインしました。

1月30日(火)にホームの日立台で行われる試合に向けてチームの熱も高まってきている感じです。

僕も、早速キャンプ地である鹿児島県の指宿に行ってきましたので、レポートしたいと思います。

今年の柏レイソルは、大宮から江坂選手、瀬川選手、福岡から亀川選手など若手で勢いのある選手も新加入し、昨年同様優勝争いに絡むことができるか、非常に楽しみなチームです。

 

 

柏レイソルのキャンプ地

 

 

今年の春季キャンプは、鹿児島県の指宿市で行われています。指宿と言えば、指宿温泉で有名ですよね。砂風呂は、外国人にも人気で今や中国人や韓国人の観光客の方でいっぱいです。

非常に温暖な気候でいい所です。僕も久々に来て、いい所だなぁとしみじみと思ってしまいました。

実際、柏レイソルが練習をしているのは、指宿いわさきホテルのサッカー場になります。

指宿までは、鹿児島空港から車で約1時間半。高速道路もあるので、もう少し早く行けるかもしれません。僕は、鹿児島市内のホテルに泊まっていたので、そこから下道で行きました。1時間半ぐらいかかったと思います。途中海岸線のキレイな景色を見ながらドライブですので、気持ちがいいですよ。

指宿いわさきホテルの駐車場は結構広いので、適当に空いているところに車を停めて、そこから練習場まで少し歩きました。練習場はホテルの敷地内にあるので、それほど遠くはありません。ちゃんと見学者向けに案内も貼り出されていました。

そう言えば、鹿児島空港にも柏レイソルの今日の練習予定って案内もあったり、指宿に向かう道中にレイソルの旗があったりして、なんか歓迎感が凄いなって思いました。

 

柏レイソルキャンプの様子

 

指宿いわさきホテルの敷地内にあるサッカー場での練習ですが、見学者用にスペースが確保されているのですが、グランドが凄く近くて、間近で練習を見ることができました。

攻撃陣と守備陣とに分かれて、実戦を想定したかなり激しい練習でした。練習後も、それぞれの選手がシュート練習やデュエルの練習などで汗を流していました。

やはり間近で見ると、かなり迫力があって、見応えがあります。

今年は、大型の移籍があったりして、昨年にも増して選手層が厚いですよね。昨年同様優勝争いに絡めるか、非常に楽しみです。

 

 

今年は、攻撃陣に厚みが増してますよね。江坂選手や瀬川選手の加入で、クリスティアーノ選手や伊藤選手などに加え、江坂選手や瀬川選手の加入で攻撃のバリエーションが生まれるのではないかと思います。

守備陣では、キーパーの中村選手を始め、中山選手や中谷選手など若手で勢いのある選手が多いです。

練習でもやはり中村選手のキレのいい動きが印象的でした。将来、代表の正ゴールキーパーの期待は大きいですね。

代表レベルの選手が多いレイソルですから、もちろん競争も激しい。大津選手が今シーズンマリノスへ移籍しましたが、今年はワールドカップイヤーです、この中からどれぐらいメンバーに選ばれるのか非常に楽しみですね。

 

まとめ

 

練習後、選手と写真を撮ってもらったりしたのですが、皆な練習後にも関わらず気持ちよく対応してくれて、嬉しかったです。選手の皆さんありがとうございました。

レイソルは、24日まで指宿でキャンプ予定です。

1月30日(火)はいよいよACLのプレーオフです。是非、本戦に出場していいスタートを切ってもらいたいなと思います。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler