FOOTBALL

現地観戦でサッカーを楽しむために必要なこと

サッカーに限らずスポーツ観戦は現地で生で観戦するのが一番楽しいと思っています。

テレビやネットで見るのとは全く違う。

そら当然でしょ?って皆さんも思っておられると思います。

僕自身は、特にサッカーが好きで時間とお金が許す限り、現地観戦で楽しむようにしています。

楽しむようにしているというか、現地観戦がとにかく楽しいので、なるべく現地に行って生の興奮を味わいたいんですよね。

普段はJリーグ、特にセレッソ大阪のホームゲームを中心に、たまにアウェイに遠征したりしてます。

AFC(アジアサッカー連盟)の試合や日本代表の試合があれば、国内外問わず観戦に行きます。

現地観戦も自分の好きなチームのホームゲームとアウェイゲームではまた雰囲気も違います。

僕はアウェイゲームが好きだったりします。

 

 

現地観戦をするためにすべきこと

 

年間の試合日程を確認する

 

特にサラリーマンの方であれば、まず休みを取る必要があります。

僕自身もサラリーマン時代にはいろいろと苦労しました。

仕事の業態によっては、なかなか休みが取りにくいという方もいることでしょう。

なので、なるべく事前に休みを取る段取りをしておくことです。

その為に、年間の試合日程を確認しておくことをお勧めします。

そして、キックオフ時間とスタジアムの場所を確認します。

全ての試合を観に行くということは難しいと思うので、どの試合とどの試合は絶対に観に行くと決めてしまいます。

 

 

 

チケットを確保する

 

自分の観に行きたい試合のチケット発売日を確認します。

Jリーグであれば、Jリーグのオフィシャルチケットサイトがあるので、そこで確認します。

日本代表の試合であれば、JAF(日本サッカー協会)のチケットサイトで確認することができます。

海外の試合であれば、当日現地のチケットブースで購入することもできます。

もちろん、席種によってチケット代も異なります。

前方の良席だと値段も高いですし、人気でなかなか取れないということもあります。

観たい席によっては、事前にインターネットなどで予約しておいた方がいい場合もあります。

日本代表の試合やワールドカップのチケットなどは、申し込みが殺到するので、抽選ということもあります。

自分がどんな席で観たいのかも予め決めておきましょう。

 

 

 

 

旅程を決める

 

日帰りで行ける現地観戦であれば、それほど問題はないですが、少なくとも1泊で行くような遠征の場合、移動手段と宿泊席を確保する必要があります。

遠征するにあたって、予算をどれぐらいにするのか。

時間よりコストを優先するのか、コストより効率や時間を優先するのかによって選択肢が変わってきます。

移動は、飛行機or新幹線or夜行バス?

ホテルは、ラグジュアリーorビジネスorゲストハウスorAirb & b?

格安航空券サイトやホテル検索サイトもあるので、そういったものを活用することで、なるべく自分に合った手段を調べることができます。

僕は時間短縮のために、飛行機を利用することも多いです。

そして、ホテルはなるべくスタジアムかそれ程遠くない場所で確保するようにしています。

僕が普段よく使うサイトです↓↓

航空券を調べる場合 ⇒  スカイスキャナー

ホテルを調べる場合 ⇒ エクスペディア

 

 

現地観戦を含めた旅を楽しむ

 

現地観戦を楽しむことはもちろん、それを含めた旅全体を楽しむことです。

試合がなければ行かないような土地に行くこともあります。

なので、なるべく試合以外の時間はその土地を観光したり、その土地のご当地グルメを楽しんだりしています。

僕の場合、移動は飛行機を利用することが多いのですが、僕自身空港や飛行機自体が好きなので、移動時はエアポートおっさんの本領を発揮します。(笑)

飛行機の座席は必ず窓側を確保しますし、空港では必ず空港ラウンジを利用してラウンジライフを楽しむようにしています。

空港ラウンジを利用する際に威力を発揮するのが、プライオリティパスというカードです。

 

 

 

 

このカードを持っていれば世界中の空港ラウンジを無料で利用することができるのです。

これ旅好きな人でも持っていない人が多いんですよね。

特に海外の空港に行くと威力を発揮するので、持っていた方がお得です。

移動で疲れている時にラウンジでゆっくりできるって結構大きいんですよね。

このプライオリティパスの取得方法については、別の記事でまとめているのでそちらも合わせて読んでみて下さい。

 

プライオリティパスが使えるハワイ・ホノルル国際空港のプルメリアラウンジ(Plumeria Lounge)レビュー現在、僕はハワイ島でこの記事を書いています。 今回、僕は5ヶ月ぶり2回目のハワイ訪問となります。 前回はオアフ島メインで、今...
ハワイ・ホノルル空港のラウンジでも使えるプライオリティ・パスのメリットとはハワイのホノルル空港にも、プライオリティ・パスが使えるラウンジはあります。 僕もハワイに行った時は、いつもこのラウンジを利用してい...
釜山国際空港でプライオリティ・パスが使えるスカイハブラウンジ(SKY HUB LOUNGE)レビュー 先日、韓国の釜山に行ってきました。 釜山国際空港(金海国際空港)でプライオリティ・パスが使えるラウンジを利用しましたので、...
マレーシア・クアラルンプール空港(KLIA2)でプライオリティパスの使えるラウンジまとめ〜Welness Spa〜マレーシアのクアラルンプール空港(KLIA2)と言えば、ワールド・ベスト・ローコスト・エアラインに何度も選ばれている、エア・アジアのハブ...

 

 

働き方を変えてみる

 

僕自身もそうでしたが、サラリーマンをしていると何かと不便なんですよね。

まず休みが取りにくい。

なので観に行きたい試合があっても時間的に難しいっていう場合が多いんですよね。

そんなこと言ってもそう簡単に会社を辞めることなんてできないって、ほとんどの方がそうだと思います。

そりゃそうです。

僕の場合はとにかくそういう働き方がとことん嫌だったんです。

現地観戦も好きだし、旅も好きだったので、サラリーマンという働き方が非常に不便でした。

なので、サラリーマンではない働き方をずっと追い求めて、とにかく時間や場所に縛られないで、自分の力で稼げるようになりたかったんですね。

なので、とことん突き詰めていくと、僕のようなスタイルになっちゃうパターンもあるということで。(笑)

 

 

まとめ

 

現地観戦の楽しみ方っていろいろで、現在もなお試行錯誤中という感じです。

テーマは、大好きなサッカーと旅を融合させていかに楽しむか。

今日も次の現地観戦の計画を立てているところです。(笑)

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler