WORKSTYLE

楽天スーパーポイントで投資信託を買ってみた結果!?超カンタンに始められる資産運用

 

私みたいな初心者でも簡単にできる資産運用ってある?
Toshiya
Toshiya
あるよ。僕も最近始めた投資信託を紹介するよ。一緒に始めよう!

 

楽天のアカウントを持っている人なら、大抵は楽天スーパーポイントって持っていますよね?

僕の場合、正直楽天ポイントを貯める習慣がなかったので、あまり意識していなかったです。

このポイントを使って投資信託が買えたり、楽天カードを使って投信積立をすると、さらにポイントがもらえたり、結構調べてみるとお得なことばかりだったりします。

これはやってみるかということで、先日少額ですが始めてみました。

これから資産状況がどうなっていくか、逐一アップしていこうと思っています。

 

楽天スーパーポイントで買った投資信託の利益

 

 

ご覧の通り、11月2日現在で豆粒みたいな利益が出ております。

59円のプラス!

そもそも初期投資がすべてポイントなので仕方ないんですけどね。

でも、これがスタートなんです。

これからどんどん積み上げていきます。

かつてFXで500円程度の利益をあげた時、たった500円でも嬉しかったのを覚えています。

今日のランチ代を稼いだぜみたいな。

今後は、投信積立も含めて、経過を見ていきたいと思います。

できれば全てポイントで購入して、どれほどの収益が出るか実証してみたいなんて考えています。

 

 

資産運用や投資に対する抵抗ってありません?

 

僕はFXトレーダーなので、今となっては抵抗は全くありません。

むしろ、やらなきゃ意味ないよって感じなんですけど。

でも、大抵の人は資産運用や投資って聞いただけで、何か得体の知らない抵抗感ってあると思います。

僕もかつてはそうでした。

それって紐解いてみると、こんな感じじゃないですか?

 

1、最初にまとまった自己資金が必要なんじゃないか。

2、リスクが高い、損するんじゃないか。

3、手続きがややこしそう。

4、やり方が分からない、難しそう。

 

これはあるあるだと思います。

こういう最初のイメージをすべてクリアにしたもの、それが今回僕もやり始めた楽天スーパーポイントで買える投資信託。

 

 

誰でも簡単に始めることができる資産運用

 

資産運用や投資に対する抵抗あるあるを一つ一つクリアにしていきます。

1、最初にまとまった自己資金が必要なんじゃないか

 

株なんかだとこれ当てはまります。

だからは僕は株じゃなくてFXを始めたんですよね。

参入しやすいのは、やっぱり初期投資が少ないもの。

楽天の投資信託って貯まったポイントを、そのまま投資に回せるので、初期投資はないようなものです。

楽天カードで投信積立を買えば、さらにポイントがもらえるので、超お得。

楽天証券って100円から買えるので、始めやすいですね。

 

100円からできる。

 

 

2、リスクが高い、損するんじゃないか

 

基本的にポイントで投信を買っているので、万が一損が出てもダメージは少ない。

そもそも資産運用や投資ってリスクありきですから、リスクを負いたくないのであれば、そもそもやるべきではないですね。

でも、考えてみたら、世の中のあらゆるものはリスクが付きもの。

リスクが怖いと言うのであれば、もう何も出来ない。

なので、どこまでのリスクが負えるのかというのが問題になると思います。

リスクをコントロールすればいいだけのことです。

 

リスクをコントロールすればいい。

 

 

3、手続きがややこしそう

 

手続きが至って簡単。

楽天証券の口座を開設すればいいだけ。

そして、投資信託を買う際に、楽天スーパーポイントで買うを選択すればいいだけです。

これを難しいと言うなら、もう何もできない。

 

手続きは簡単

 

 

4、やり方が分からない、難しそう

 

やり方も何も、投信を買って放置するだけ。

資産運用や投資、FXもそうですけど、やることはタイミングを見て決断するだけ。

何も複雑なことなんてやらないんですよね。

これってやってみたら分かるんですけど、投資家やトレーダーってやることが少な過ぎて超ヒマなんです。

例えば、ライターさんみたいに作業量に応じて、収益が変わるという種のものではないんですよね。

 

やることは決断するだけ

 

 

 

楽天証券の口座を開設しよう

 

証券口座の開設は実に簡単です。

オンライン上で申し込みが可能です。

申し込みには、マイナンバー(またはマイナンバー通知書)本人確認書類が必要になるので、事前にデータで準備しておくことをオススメします。

 

本人確認書類とは、以下のようなものです。

【本人確認書類一覧】

本人のお名前、ご住所、生年月日が明瞭に確認できる書類

  • 運転免許証【表/裏】
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証【表/裏】
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(日本)
    ※「顔写真つきページ」と「所持人記入欄(住所記載あり)ページ」の2箇所
  • 在留カード
  • 特別永住証明証【表/裏】
  • 個人番号(マイナンバー)カード
    ※通知カードはご利用いただけません。

 

口座開設その1

 

口座開設からログインします。

楽天会員の人は、会員情報がについては、一部入力不要となります。

 

 

STEP1として、申込者の基本情報を入力します。

さらに以下のように、納税方法を選択します。おすすめは、確定申告不要。

さらに、オプションプランとして、NISA口座の開設、確定拠出年金(iDeCo)の同時申し込みが可能となります。

 

 

 

口座開設その2

 

次に、諸規定を読み、同意する必要があります。

 

 

口座開設その3

 

最後のステップとして、本人確認書類として、データをアップロードする必要があります。

書類の表面と裏面をアップロードすれば登録完了です。

登録が完了すれば以下のような画面になります。

 

 

 

後日、郵送でログイン情報が書かれた書類が送られてきます。

これでいつでもログインして、取引を始めることができます。

 

楽天証券口座開設はこちら

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler