LIFESTYLE

静岡県駿東郡小山町にふるさと納税でAmazonギフト券がもらえる?ふるさと納税のポイントまとめ

 

皆さん、ふるさと納税ってご存知ですか?

これだけ世間で騒がれているので、知らないって方はあんまりいないかと思いますが。

では、実際ふるさと納税やっておられますか?

聞いたことはあるし知ってるけど、実際やったことがないと言う人は多いかもしれませんね。

いずれにしてもふるさと納税は、やった方がいいと思います。

自分がここだと思った自治体に納税します、その代わりに、お礼として返礼品が貰えるという制度です。

結局払わないといけない税金ですから、それをどう納めるかだけの違いということになります。

先に払うか、後で払うかという感じで、気楽に考えた方がいいですね。

どうせなら、パパッと払っちゃって何か貰えるんならそれはそれでお得だみたいな。

それに、自治体に寄付することで、その自治体を支援することができるわけですから、これは納税者にとっては一石二鳥ですよね。

税金の使い道を決めることができる、唯一の方法ではないかと思います。

どうせ納める税金ですから、自治体の取り組みなども知った上で、支援できるのであれば、こんなに良いことはありません。

 

ふるさと納税サイト「ふるなび」

 

 

ふるさと納税の仕組み

 

ふるさと納税の仕組みを簡単に説明すると、ふるさと納税で納めた金額は、あなたが支払わなければいけない税金から控除・還付を受けることができ、自己負担が軽減されるというものです。

実際に支払った金額は、その年の所得税から還付され、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

実質の自己負担は2,000円ということになります。

ふるさと納税の控除上限額は、その世帯の年収や家族構成、居住地域によって異なります。

ご自身の控除上限額を知った上でされることをオススメします。

 

ワンストップ特例制度の申請

この制度は、簡単に言うと確定申告をしなくても、ふるさと納税の控除を受けられるというものです。

ふるさと納税を行う自治体は5自治体までです。

基本的に、通常確定申告を必要としない人が対象なので、給与収入であるサラリーマンの方はこの制度の対象になるということです。

申請は、ふるさと納税で寄付を行う度に行います。

仕組みは簡単。

申請用紙を記入し、本人確認書類と一緒に寄付をした自治体に郵送するだけです。

寄付をした自治体はあなたの住んでいる自治体に連絡がいき、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

例えば、合計で6万円の寄付を行った場合、実質の自己負担額の2,000円を差し引いた5万8千円が、翌年の住民税から控除されるということになります。

なので、実質2,000円の負担で返戻品を貰うことできるのです。

確定申告で申請する場合は、若干条件が異なります。

しかし、確定申告の場合でも、ワンストップ特例制度で申請しても、控除額は基本的に変わりはありません。

 

 

各自治体の取り組みや返礼品

 

各自治体の取り組み内容、返戻品については、自治体それぞれ異なります。

税金の使い道を明確にしているところは、逆に返戻品がなかったりもします。

ふるさと納税が集まるように、返戻品に力を入れているような自治体もあります。

どの自治体にふるさと納税を行うかは皆さんの自由で、何がいいとか悪いとはありません。

皆さんが、これはいいと思ったところに寄付をすればいいのです。

 

 

静岡県小山町の返礼品

 

自治体によって本当に様々なんですが、中でもこれって凄くない?というものあります。

今、注目の返戻品は、静岡県小山町の返戻品です。

なんと、Amazonギフト券が貰えるのです。

以前、UFJニコス商品券が出たときは、すぐに終了になったこともあります。

なので、今回もいつ終わってもおかしくないと思います。

因みに寄付の期限は、10月9日(火)朝の5時までとなっています。

還元率は、40%、寄付金額は5万円からとなっています。

5万円寄付すれば、2万円のAmazonギフト券が貰えることになります。

例えば、100万円の寄付を行えば、40万円分のギフト券が貰えるということですから、凄いですよね。

ただ、今ふるさと納税については、いろいろと議論されていることもあり、突如中止となる可能性もあるので注意が必要です。

 

ふるさと納税の申し込みは以下のリンクからどうぞ。

 

ふるさと納税サイト「ふるなび」

 

 

まとめ

 

このように、ふるさと納税ってそもそも返戻品を競うものではありません。

ただ、どうせ納税するのであれば、使い道のはっきりしているもの、返戻品といった目に見えるものとして返ってくる方がいい、というのは正直なところです。

いずれにしても、ふるさと納税がきっかけで納税に対する意識が高まることは良いことですし、経済に刺激を与えるという意味でも、今後に期待するところは大きいです。

ふるさと納税は、実質2,000円で税金の控除も受けられて、返礼品も貰えるわけですから、やらない方が損だと思います。

これを機に、皆さんもふるさと納税にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

ふるさと納税のポイント

1、税金の控除・還付を受けることができる。

2、ワンストップ特例制度が利用できる。

3、返礼品を貰うことができる。

4、税金の使い道が分かる。

5、納税に対する意識が高まる。

 

 

注目のふるさと納税返礼品を紹介!今年もあと僅かだけどまだ間に合う。今ならAmazonギフト券増量中 皆さんはふるさと納税はやっていますか? 今年も残り1ヶ月。 ふるさと納税をやるなら、もう今し...

 

 

 

ふるさと納税ラストスパート!静岡県小山町に納税でJCBギフトカードをゲットしよう! 今年分のふるさと納税もあともう僅かとなりました。 ふるさと納税はもう済みましたか? 未だだと...

 

 

 

ふるさと納税でPeachポイントをもらおう!泉佐野市ふるさと納税まとめ 今年のふるさとの納税も今月末まで。 残りわずかです。 まだやっていないという人はお早めにどう...

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler