TRAVEL

大阪から韓国・釜山の船の旅!パンスタークルーズの全貌

 

今や海外に行くには飛行機が当たり前ですけど、船でも行けるのです。

もちろん、飛行機に比べると圧倒的に時間がかかるので、移動に時間を使いたいくない場合は、船という選択肢はまずないですよね。

そもそも、船で海外に行けるの?と僕は思っていました。

今回、大阪から釜山までのクルーズ船に乗って行ってきたので、その全貌をまとめたいと思います。

 




 

くまポンのクーポンなら安い

 

クーポンのサイトで有名なくまポンで、大阪から釜山のクルーズが安くて、それを購入して行ってきました。

パンスタークルーズという韓国の会社が運行しているツアーです。

大阪⇄釜山間、往復朝夕食事付で15,800円でした。

しかも、部屋はデラックススイート。

船内の専用ラウンジを利用することもできるということで、かなりお得なクーポンです。

ターミナル使用料や入国税・出国税などが片道3,000円程度必要になってきます。

なので、往復2万円ちょっとです。

これなら飛行機で行くのと変わらないですよね。

船なら時間をかけてゆっくりとした旅ができます。

しかも、食事もお風呂も付いていて、まるでホテルに泊まっているかのような感じで、韓国に行くことができる、そういう意味ではまた違った旅ができるのではないかと思います。

 

船の乗り場は大阪国際フェリーターミナル

 

大阪メトロ中央線のコスモスクエア駅から無料シャトルに乗ります。

歩いても行けないことはないですが、バスが便利です。

ターミナルに着いたら、チェックイン。

窓口でクーポンを提示し、チケットを引き換えます。

あとは搭乗時間まで、2階の待合室で待ちましょう。

飛行機と同じように、セキュリティチェックとイミグレーションがあります。

飛行機と違うのは、水分の持ち込みとか重量制限はそこまで気にしなくていいところですね。

 

 

 

搭乗口から船までは、歩いても行ける距離ですが、専用のバスに乗って行きます。

飛行機の沖どめみたいな感じです。

船に乗ると、エスカレーターに乗って階上のレセプションに行き、チェックインをします。

ここで、部屋の鍵やラウンジのカードキーを受け取ります。

 

 

 

クルーズ船で過ごす

 

今回の部屋は、デラックススイート。

船って雑魚寝のイメージがあったのですが、意外とちゃんとした部屋でした。(笑)

ユニットバスも付いていて、ビジネスホテルの部屋って感じですね。

テレビやデスク、衣装キャビネット、タオルなどホテルと同様に常備されています。

窓もあって、その景色も見れます。

控えめに言って、最高ですね。

 

 

 

船外に出ることもできて、船上に行けば、ゆっくりと進む船から大海原の景色を見ることができます。

道中、明石海峡大橋や瀬戸内海、関門海峡なども見ることができました。

これは飛行機の旅では経験できないことです。

ゆっくりとした時間の流れを楽しむには、船旅は最高ですね。

 

 

 

 

画像はないのですが、大浴場もあるのが驚きです。

船の揺れでお湯がえらいことになってましたが、なかなか楽しかったです。

朝夕の食事は、レセプションのあるエントランスホールのレストランでいただきます。

食事時間は、朝も有も1時間のみ。

基本的に、ビュッフェスタイルで席は自由です。

品数はそれほど多くなく、味もまぁまぁ、アルコール類は有料となります。

食後は、レストランにあるステージでカラオケ大会やマジックショーなどの催しも開催されるので、これはこれで楽しめます。

 

 

 

デラックススイートを利用すると、船内の専用ラウンジを利用することができます。

滞在中何度か利用したのですが、他のお客さんに遭遇することはありませんでした。

ラウンジ内には、飲み物やお菓子、マッサージチェアなどがあり、ゆっくり過ごすことができます。

ラウンジは専用のカードキーで開けるのですが、扉自体が結構重いので、少し力を入れて開けてください。

僕は最初なかなか開けれなくて、困ったので。

 

 

 

 

夜の海をひた走る船の中からは、満点の星空を見ることができます。

船から見る景色もまた格別ですね。

 

 

翌日釜山港に到着

 

翌日、朝ご飯を食べたら、まもなく釜山港に到着です。

大阪を出発してから約19時間の船の旅でした。

飛行機なら2時間もかからないですけど、たまには船旅もいいかもと思いました。

釜山港ターミナルから地下鉄の釜山駅まではシャトルバスもあるし、歩いても行ける距離です。

帰りは、釜山港ターミナルのパンスタークルーズのカウンターでチェックインしてください。

 

 

 

 

船酔いには注意

 

普段乗り物酔いしない方も船旅は要注意です。

僕も翌朝船酔でかなり苦しんで、朝ご飯も食べられないぐらいでした。

なので、乗る前に酔い止めを飲むなり、準備をしておいた方がいいです。

乗り物酔いがこんなにしんどいのかと思い知らされました。(泣)

帰りは、釜山のターミナルで酔い止めを買って飲んだので、全く酔うことはありませんでした。

 

↓釜山ターミナル内の薬局

 

 

まとめ

 

大阪から釜山まで片道19時間かかります。

17時に大阪を出発して、釜山に着くのが翌日12時ごろ。

なので、例えば金曜の夕方に乗って、土曜日現地で1泊して、日曜の15時に現地を出発する。

すると、月曜の10時ごろに大阪に帰って来れます。

あまり休みが取れないという人は、こういう行き方もできますね。

因みに、帰りのチケットは1ヶ月以内であれば、自由に設定できます。

飛行機の旅もいいですが、たまにはこんな感じでのんびり旅するのもいいのではないでしょうか。

 




 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ