WORKSTYLE

他者に依存せずに生きた方が人生スムーズにいくって話【人生を楽しむ方法】

 

僕たちはきっと年金なんて貰えないんだろうなぁ。。僕の老後はどうなるんだろう。。

 

転職エージェント・ワークポート

 

 

 

 

麻生大臣の発言で、国民の中でにわかに社会保障制度に対する疑念が高まっていますよね。

自分で老後資金を準備しておかないとダメだよ、みたいな。

今になって政府は火消しに躍起になっていますけど。

でも、こういうことはずっと以前から言われていることです。

実際僕たちが歳を取ったとき、年金がもらえるかどうかなんて分かりません。

現実的に毎月年金を納めて、しかもこれから消費税も増税されようとしているわけで、自分で老後資金を準備しとけというのは、とうてい納得できるものではないですけど。

やはり、国としてはもう少し国民に説明をしないといけないし、社会保障制度の抜本的な改革を早急に進めないといけない。

もはや国に全てを求めるのは限界なのかもしれないですね。

だからと言って、制度改革が必要ないわけではないですが。

この生き辛い世の中を、どう生きていけばいいのか。

今回は、そのあたりのことをまとめていきたいと思います。

 

 

周りを変えるより自分が変わる

 

僕たちは、普段さまざまなしがらみの中を生きています。

人間関係で言えば例えば、

 

・会社の上司や部下

・夫婦関係

・恋人関係

・友達関係

etc

 

他者への過度な期待や依存が人生に歯止めをかけていたりしませんか。

日常のイライラというのは、他者への過度な期待や依存が原因だったりします。

この変化の激しい時代を生き抜くためには、僕たちはなるべく他者に依存せずに生きていく方法を模索した方がいい。

他者に依存せずに生きていった方が人生スムーズにいくように思うのです。

他者を変えるのは難しいですからね。

周りと自分とは違うんだという前提に立つことが重要で、

他者は自分の思い通りにはならないと思った方がいいです。

他人に期待しない生き方、

他人に依存しない生き方を目指した方がいい。

周りを変えようとせず、まず自分が変わった方が効率的です。

その方が人生スムーズにいくと思うのです。

 

 

他者に依存する生き方は何かと辛い

 

例えば、会社や上司などの愚痴を言ったところで、何かが変わるわけではありません。

それなら、そもそも会社や組織に依存しない生き方を選択した方がいい。

会社や組織で働くと、当然のことですが自分の思い通りにならないことの連続です。

そもそも組織で働くということ自体、他者への依存が前提にあります。

なので、随分窮屈な思いをしなければいけません。

他人から期待され、自分もまた他人を期待する。

協調性が重視され、規律が重んじられるのが常です。

他者を期待し、他者に依存するということは、他社の動向に常に左右されるということです。

こう考えていくと、非常に生き辛さを感じます。

どうすれば、こういう生き辛さから解き放たれるのかを考えた方がいいです。

 

 

自分1人で稼ぐ力を身に付ける

 

例えば、会社員として組織で働きながらも、副業として自分のビジネスを持つとか、

独立を目指して、スキルを身に付けるとか、

自分1人でも稼ぐことができる力を身に付けることです。

例えばどんな方法があるかと言うと、

 

・自分で商品を作って売る。

・商品を仕入れて売る。

・自分の専門スキルのコンサルをする。

・ブログやアフィリエイトで稼ぐ。

・株や為替でトレーダーとして稼ぐ。

・不動産を所有し、家賃収入を得る。

・ライターとして依頼を受ける。

etc

 

なんだっていいんです。

自分1人で稼ぐということが重要です。

頼るものは自分だけという状態ですね。

そうすれば、他人のせいのすることもありませんし、他人に期待することもありません。

自分が頑張ればいいわけですから。

 

 

金融リテラシーを高める

 

自分1人で稼ぐ上で重要なことは、お金のことを勉強するということです。

金融リテラシーを高めるのです。

会社員のように、給与収入だけしかないというのは相当なリスクであることを知った方がいいです。

例えば、資産運用や投資をやれば、経済の仕組みを知ることができます。

そして、お金でお金を生み出す術を知ることができます。

どのようにお金を生み出し、どのように経済が回っているのか。

そういうことを勉強することは非常に重要です。

 

 

自分自身の成長にフォーカスする

 

他者に依存しない生き方は、人生をスムーズにさせます。

どうしても他者の見る目や考え方に焦点を当てがちです。

そうではなくて、自分自身の成長にフォーカスした方がいい。

そうすれば、もっと主体的に生きられるし、人生が格段にスムーズにいきます。

失敗もつまずきも自分の成長のためと考えることができます。

 

 

まとめ

 

上記のことをまとめると以下の通りです。

 

・周りを変えるより自分が変わる。

・他者に依存しない生き方を目指す。

・自分1人で稼ぐ力を身に付ける。

・金融リテラシーを高める。

・自分自身の成長にフォーカスする。

 

こんな感じです。

どうせ生きるなら、他人にイライラしながら生きるより、自分にワクワクしながら生きた方が楽しい。

僕自身にも言えることですけど、もっと人生を楽しめって感じです。

他人のせいにしたり、何かのせいにするって一見楽だけど、結局自分自身を生き辛くさせてると思うのです。

老後資金を語る上で、もちろん国の制度改革は必要だし、社会保障はしっかりやってもらわないといけません。

でも、それを語るだけでは、人生はおそらく生き辛いものになるだろう。

そんな思いで今回の記事を書きました。

それではまた。

 

退職代行EXIT

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler