COLUMN

簡単にできる副業ほどオススメできない理由とは?【時給脳から脱する】

 

副業といっても、どんなことをやればいいんだろう。。

 

昨今の働き方改革では、副業が推進されています。

未だに、副業禁止の企業なんて、それこそオワコンってやつですね。

組織で働きながら、別で収入を得る手段を得るわけですけど。

どんな副業がいいのか、副業だからと言って何でもいいとは僕は思わなくて、

一時的なバイト的に稼ぐという感覚では、かなり厳しいのでは、と思っています。

今回は、そのあたりのことをまとめていきたいと思います。

 

退職代行EXIT

 

 

時給脳から脱する

 

副業といったら、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

本業とは別に、アルバイトをするのはあまりオススメできないです。

例えば、18時まで本業で働いて、それからアルバイトで2〜3時間働くという感じです。

自分の時間を切り売りして、その対価を得るという働き方というのは、限界があります。

これでは超多忙な年収1000万の人と変わらなくて、いくら年収が高くても、休みがなくて、毎日激務で、家族と過ごす時間や趣味に使える時間もない、そんな人生を望んでいるのか、甚だ疑問です。

そういった感覚から脱することが必要です。

そうでないと、いくら時間があっても足りないし、体力だって1日働きづめだと、いつまで続くか分からない。

なので、本業とは別に時間給で働くことは避けた方がいいでしょう。

 

 

スキルを身に付けて仕事をする

 

副業をする上でのポイントは、スキルを身に付けて、それでお金を稼げるようにすることです。

スキルというのは、言わば自分の商品であり、それを売ることで対価を得ます。

例えば、

 

・プログラミングのスキル

・ライティングのスキル

・Webマーケティングのスキル

・動画編集のスキル

・短期投資(トレード)のスキル

・専門性のコンサルティングスキル

etc

 

あと、本を書いたり、オーディオブックを作ったり、不動産を持ったりというのも一つです。

もともと持っている専門性は別ですが、こういったスキルって1年も勉強すれば、ある程度身に付けることができます。

基本的に、スマホやパソコンでインターネットを使ってできるようなスキルを身に付けるといいです。

場所や時間を選ばず仕事にできるビジネススタイルを選択することです。

 

 

積み上げ式の仕事をする

 

1回で終わるような仕事はしない方がいいです。

そして、アルバイト・パートのように、時間を切り売りするスタイルも避けた方がいいです。

重要なのは、自分のスキルを売ること、そして、自分の仕事が資産として積み上がっていくようなビジネスを選択することです。

例えば、Web作成・ブログ作成・アフィリエイト・動画作成などは、自分の作業が積み上がっていきます。

そして、それがやがて利益を生む資産となります。

短期投資などもそうです。

利益が積み上がっていき、複利効果でさらに利益を生むようなビジネススタイルです。

自分が積み上げた資産が半永久的に利益を生み出すような仕組みを作ることが重要で、一時的に簡単にできてしまうようなアルバイトとは、根本的に異なるビジネスであることが分かると思います。

 

 

独立できるぐらい稼ぐ

 

副業だからといって、月3〜5万ぐらいでいいや、なんて考えないことです。

最初利益が上がるまでは、それなりの時間を要することありますし、最初の収益というのは、微々たるものです。

しかし、そこを踏み台にして、収益を増やしていけるように継続することが重要です。

本業や副業という概念ではなく、ひとつのビジネスとして捉えた方がいいです。

スキルを資産にしていくビジネススタイルは、資産を積み上げれば積み上げるほど、収益も上がっていきます。

なので、目指すは少なくとも本業よりは稼げるようになることですね。

収益が上がってくれば、そちらをメインビジネスとして切り替えればいいのです。

 

退職代行EXIT

 

まとめ

 

上記の内容をまとめると、

 

・時給脳から脱する。

・スキルを身に付けて仕事をする。

・積み上げ式の仕事をする。

・独立するぐらい稼ぐ。

 

自分のビジネスを構築する意義というのは、計り知れないものがあります。

築いた資産がお金を生み出すのはもちろん、一生もののスキルとして、自分の大きな武器になります。

時間を切り売りする働くということは、仕事で上げた成果や資産というのは、いくら休みなく働いても、自分のものとはなりません。

それは全て会社の資産となります。

会社を辞めてしまえば、それで終わりです。

そうではなくて、やはり自分で積み上げたものは、自分の資産として残るようなビジネスをした方がいいと思うのです。

 

転職エージェント・ワークポート

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler