TRAVEL

松山の高浜港から行ける離島、興居島(ごごしま)の魅力を紹介します

毎日寒い日が続いていますね。今年はインフルエンザがめちゃくちゃ流行っているので、皆さんも気を付けて下さいね。

今年の冬は特に寒いですよね。僕は寒いのは苦手です。なので、毎年真夏の国に逃避行するのが恒例となっています。

日本であれば間違いなく温泉巡りではないでしょうか?

先日、愛媛県は松山の道後温泉に行ってきました。関西からだと関空からピーチで40分ぐらいで行けます。

今回、僕は松山近郊の高浜港から船に乗って興居島(ごごしま)という離島に行ってきました。それほどメジャーでもない興居島ですが、行ってみて初めて分かるその魅力を紹介したいと思います。

興居島ってどこにあるの?

 

 

松山近郊の高浜港から船で約20分程のところにある比較的大きな島になります。高浜港から由良港までの定期船に乗ることになります。

高浜港までは松山から伊予鉄道高浜線で約20分。片道410円でした。

定期フェリーの公式ページ

松山市内中心部からも比較的近いですし、道後温泉とセットで気軽に行くことができるのでオススメです。

 

伊予鉄道高浜線はロケ地で有名!?

 

高浜港までは松山市から伊予鉄道高浜線の電車に乗ることになります。実は、この伊予鉄道高浜線は、映画やドラマのロケ地として有名なのです。

高浜駅の一つ手前の梅津寺駅は、あの有名なドラマ「東京ラブストーリー」のロケ地なのです。鈴木保奈美が駅の柵にハンカチを結び付けたシーンで使われました。

かなり昔のドラマなので、知らないという方も多いかもしれませんね。

そして、終点の高浜駅ですが、この駅は実は、福山雅治主演映画の「真夏の方程式」で使われた駅になります。映画では、あの駅は「玻璃ヶ浦」という駅でした。僕もあの映画は原作も読みましたし、映画も何度も見ていたので、実際に行った時はテンションが上がってしまいました。

福山雅治が座ったベンチに座って写真を撮ったり、結構ミーハーですね。(笑)

面白い映画ですので、皆さんも是非見てみて下さい。

 

 

興居島の魅力とは?

 

高浜港から約20分ぐらいで到着します。短い船旅なんですが、船から見える景色がとにかく綺麗なんです。

愛媛県は島が多いところなんですが、本当に綺麗ですね。僕が行った日はとにかく天気が良くて、青い空と青い海のコントラストがなんとも言えませんでした。

定期フェリーは結構大きな船でした。地元の人たちにとっては、重要な交通手段なんでしょうね。僕たちのような観光目的の人はあまりいませんでした。

島自体があまり観光化されていないのかもしれませんね。

 

 

興居島に着いたら自転車をレンタルしよう

 

高浜港から15分程で到着しますので、由良港に着いたら早速自転車をレンタルしましょう。

何しろ島の交通手段は期待できませんので、観光客の移動は自転車になります。と言っても観光名所のような所はないと言えばないのですが、この島では、瀬戸内海ののんびりした雰囲気を味わうことができるのです。

お天気が良ければ最高です。ゆっくりと島を半周して見て下さい。

途中ミカン畑が広がっていたり、真っ青な海が見渡せるポイントがあったり、素晴らしい景色に出会います。

正直なところ、結構山あいを通って行くので、キツイ所はありますが、知らない道をどんどん進んで行くのはなんだか楽しいものです。

 

 

まとめ

 

興居島は、観光的にそれほど有名ではないので、観光客はほとんどいません。

なので、本当にのんびりした雰囲気を味わうことが出来ます。都会の喧騒にうんざりする身としては、こういう所に住みたいなぁなんて思いますが、それはそれで大変なところもあるでしょうし、とにかく僕的にはすごく癒された島でした。

松山に行ってもし時間があるなら、是非訪問されることをオススメします。

 

因みに、以下のサイトは僕が普段よく使っているサイトです。旅行前にホテルや観光地情報などを色々と見比べています。

Booking.com
TripAdvisor
エクスペディア
Hotels.com

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler