TRAVEL

関空国際線のカードラウンジ「金剛」を利用してみた感想とまとめ

関空にはいくつかのラウンジがあります。

僕の場合、プライオリティ・パスが利用できるラウンジに入ることが多いです。

しかしながら、プライオリティ・パスが使えるラウンジはありません。

保安検査を通過するまでであれば、大韓航空のKALラウンジというところがあって、そこを利用することができます。

なので、ビジネスクラス等に乗らないのであれば、大抵普通のカードラウンジを利用することになります。

カードラウンジというのは、ゴールドカードと同等のクラス以上のクレジットカードを持っていれば無料で利用することができる空港ラウンジです。

 

Toshiya
Toshiya
空港ラウンジってなんだか憧れるなぁ〜

 

関空にあるカードラウンジ

 

因みに、関空の国際線出発でエリアには、北と南にカードラウンジがあります。

北エリアには、「ラウンジ六甲」、南エリアには「ラウンジ金剛」

いずれも出国審査を抜けたエリアとなります。

その他、制限区域外(保安検査の前)には、「ラウンジ比叡」というのがあります。

こちらは、国内線利用者であっても利用できるラウンジとなっています。

以下に空港マップを添付していますので、ご確認下さい。

 

ラウンジ六甲

 

ラウンジ六甲は、国際線出発エリア(出国審査後)の北エリアにあります。

対象となるカードは以下の通りです。

 

VJAグループ、JCB、NICOS、DC、UFJ、UC、ライフカード、ティーエスキュービック、エポスカード、MICARD、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード、アメリカン・エキスプレス※、ダイナースクラブ・インターナショナルのメンバー

営業時間は、7:30〜22:30。

 

アネックス六甲

 

アネックス六甲は、国際線出発エリア(出国審査後)の北エリアやや中央にあります。

対象となるカードは以下の通りです。

 

VJAグループ、JCB、NICOS、DC、UFJ、UC、ライフカード、ティーエスキュービック、エポスカード、MICARD、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード、アメリカン・エキスプレス※ 、ダイナースクラブ・インターナショナルのメンバー

営業時間は、8:00〜21:00。

 

ラウンジ金剛

 

ラウンジ金剛は、国際線出発エリア(出国審査後)の南エリアにあります。

対象となるカードは以下の通りです。

 

VJAグループ、JCB、NICOS、DC、UFJ、UC、ティーエスキュービック、エポスカード、MICARD、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード、アメリカン・エキスプレス※ 、ダイナースクラブ・インターナショナルのメンバー

営業時間は、7:30〜22:30。

 

ラウンジ比叡

 

ラウンジ比叡は、制限区域外にある唯一のカードラウンジとなります。

制限区域外なので、国内線利用者でも搭乗券とカードさえ提示すれば、利用することができます。対象となるカードは以下の通りです。

 

VJAグループ、JCB、NICOS、DC、UC、UFJ、ティーエスキュービック、Orico、ライフカード、エポスカード、MICARD、ジャックス、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード、アメリカン・エキスプレス※ 、ダイナースクラブ・インターナショナルのメンバー

営業時間は、7:30〜22:00。

 

 

ラウンジ六甲は、北ウイング52番

アネックス六甲は、北ウイング54番

ラウンジ金剛は、南ウイング56番

ラウンジ比叡は、制限区域外ターミナル北側59番

 

そもそもカードラウンジとは?

 

そもそもカードラウンジというのは、大抵空港にあるのですが、ゴールド以上のクレジットカードを保有している人であれば、大抵利用することができます。

一部のカードは利用できない場合があるので、注意して下さい。

因みに、僕の場合「楽天プレミアムカード」というのを持っているので、それと搭乗券を提示することで、利用することができました。

以下の画像のものになります。

 

 

楽天プレミアムカードの詳細については、別の記事にも書いているので、合わせてご覧下さい。

因みに、この楽天プレミアムカードを持つことで、年会費1万円を払うだけで、世界中の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティ・パス」を持つことができる特典が付いています。

このプライオリティ・パスを保有しようと思えば、通常年会費として4万円程度の年会費が必要になります。

それを考えると、楽天プレミアムカードを持つことが、どれだけお得なのかがお分かりいただけるかと思います。

いずれも、年に数回でも海外旅行をされる方であれば、持っていて損はないカードですね。

カードラウンジのサービス内容としては、一般的には、電源や無料Wifi、飲み物はソフトドリンク、あとはお菓子やおつまみ系、新聞・雑誌という感じでしょうか。

アルコール類は基本的に有料となります。

誰でも気軽に入れるラウンジなので、結構混み合っていることが多いです。

何もない待合ベンチでいるより、ちょっといい椅子に座って、何か飲み物でも飲んで、ゆったりくつろぐだけでかなり違うのではないでしょうか。

ワンランク上のクレジットカードを持っていれば、大抵利用することができますので、是非試してみて下さい。

 

国内・海外旅行に使える楽天プレミアムカード!
年会費10,500円でプライオリティパス付帯

 

 

カードラウンジ金剛レビュー

 

先日、僕は国際線南エリアにある「ラウンジ金剛」を利用してきました。

ラウンジの広さ自体は、広くないですむしろ狭いぐらい。

受付で、搭乗券とクレジットをカードを提示することで利用できます。

カードを持っていない場合、有料で利用することもできます。

飲み物は、コーヒー、その他ソフトドリンク。おつまみが少し。あとは、新聞・雑誌がある程度です。

Wifi自体は、関空の無料Wifiがあるので、特に不便はありません。

その他、電源が利用できます。

 

 


 

まとめ

 

ラウンジとしては、正直言ってそれほど期待できるものではありません。

しかし、一般の待合ベンチにいるよりかは、幾分快適に過ごせるのではないかと思います。

飲み物もタダですしね。

同伴者の利用については、各クレジットカードの詳細をご確認ください。

 

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

 

航空券やホテル、観光地情報などは、以下のサイトがおすすめです。

Booking.com
エクスペディア
Hotels.com

 

 

関空国際線のカードラウンジ「六甲」を利用してみた感想とまとめ関西国際空港の制限区域内には、プライオリティ・パスが利用できるラウンジがありません。 ゲート近くにあるのは、航空会社のラウンジとカ...

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler