FOOTBALL

豊田スタジアムにサッカー日本代表戦を現地観戦してきた【キリンチャレンジカップ2019】

 

日本代表の試合を観に行ったんだって?
そうなんだ、アジアカップ以来だよ。豊田スタジアムまで行ってきたよ。

 

 

日本代表戦は、今年初めのアジアカップ以来の観戦です。

ということで、試合が行われる豊田スタジアムに行ってきました。

最近のサムライブルー日本代表は、ロシアワールカップ以降は、若手とベテランの融合という感じで、徐々に世代交代を見せ始めています。

若手の三羽ガラスと言えば、堂安・南野・中島。

加えて、富安・伊東・室屋・畠中・守田など、これから楽しみな若手が揃っています。

令和初の代表戦の模様をまとめたいと思います。

 

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

豊田スタジアムまでの道のり

 

豊田スタジアムの場所

 

今回試合が行われたのは、名古屋グランバスの本拠地である豊田スタジアムです。

愛知県の豊田市にあります。

 

 

大阪から名古屋まで

 

大阪からだと一旦名古屋に行って、そこから地下鉄や名鉄での移動になります。

新幹線なら新大阪から名古屋まで約1時間。名古屋から豊田市までは約1時間ぐらいです。結構近いですね。

僕は、大阪から近鉄特急で名古屋まで行きました。

所要時間は2時間ぐらいでした。

アーバンライナーは途中、津しかとまらないから早い、しかも空いてて快適でした。

 

 

 

名古屋から豊田市まで

 

名古屋からは、地下鉄で豊田市まで行きます。

名古屋から東山線で伏見か鶴舞まで行き、そこから鶴舞線に乗り換えます。

名古屋からは乗り換え1回で豊田市まで行くことができます。

 

豊田市駅からスタジアムまで

 

豊田市駅からスタジアムまでは、歩いて20分ぐらいです。

駅からスタジアムまでは1本道なので分かりやすいです。

真っ直ぐ歩いて行くと、登り坂で大きな橋が見えてきます。

その橋を渡ると、右手にスタジアムがあります。

 

 

スタジアム周りでは公式グッズや屋台で賑わっていました。

僕の席はバックスタンドのカテゴリー1です。

 

 

 

 

初めての豊田スタジアム

 

豊田スタジアムはサッカー専用スタジアムなので、凄く綺麗で見やすいですね。

これだけいいスタジアムは日本にはあまりないんじゃないでしょうか。

素晴らしいスタジアムで、ちょっと感動しちゃいました。

本拠地にしている名古屋グランパスが羨ましいです。

今回僕がゲットしたチケットは、バッスタンドのカテゴリー1。

前から5列目、しかもホーム側という最高にいい席でした。

アジアカップも前から4列目でしたが、今回もかなりいい席です。

選手の練習も間近かで見れられて良かったです。

 

 

 

 

日本代表のスターティングメンバー

 

今回の日本代表のスターティングメンバーは以下の通りです。

 

GK     シュミット・ダニエル

DF      昌子源、畠中慎之輔、冨安健洋

MF     長友佑都、酒井宏樹、柴崎岳、守田英正、堂安律、中島翔哉

FW     大迫勇也

 

ベンチメンバー

権田修一、大迫敬介、槙野智章、山中亮輔、室屋成、香川真司、原口元気

小林祐希、伊東純也、橋本拳人、南野拓実、永井謙佑

 

注目の最年少、久保建英や中山雄太はベンチ外となりました。

久保君のプレーが見られると楽しみにしていたので、少し残念でしたけど、間違いなくこれからの活躍する選手だと思うので、期待したいですね。

 

 

試合プレビュー

 

今回対戦したのは、カリブ海の小国、トリニダード・トバゴ(FIFAランク93位)です。

因みに、日本のFIFAランクは26位です。

日本にとっては格下の相手の試合、絶対に負けられないですよね。

試合は終始、日本代表が攻め込む流れで、時より相手にカウンターを仕掛けられる場面もありました。

今回の試合で放ったシュート数は、日本代表が29本、トリ二ダード・ドバゴが5本と、圧倒的に日本代表が優勢でした。

しかし、相手のGKの好セーブもあり、最後までゴールを奪うことはできませんでした。

今回は両ウイング(長友と酒井)を攻撃参加できる高い位置に上げ、3バックで挑んだわけですが、前線と上手くかみ合わず、得点には至らなかった。

格下相手になんとも煮え切らない試合となりました。

その中でも、ディフェンスはいい仕事をしたのではないかと思います。

どちらかと言うと中盤と前線がうまく噛み合っていない印象です。

相手の守備が固まっている状況でどう打開するのか。

もっと攻撃のバリエーションがあってもいいと思うし、ミドルレンジから狙ってもいい。

どうしてもサイドからの攻撃が多かったという感じですね。

それにしても、まったくチャンスがなかったわけでもないし、やっぱり決定力に問題があるように思います。

次に期待するしかないですね。

 

まとめ

 

残念ながら、今回はスコアレスドローに終わってしまいましたが、9日(日)には宮城でもう1試合あります。

ここでは、もっと結果にこだわって、勝ち切ってほしいですね。

年内の国際親善試合は、9日でラストになります。

次の試合が終われば、コパ・アメリカです。

9月からは、いよいよカタールワールドカップの2次予選がスタートします。

ワールドカップに向けて新たな道のりが始まりますね。

そのためにも、次の試合は絶対に負けれらないです。

 

 

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler