TRAVEL

近鉄特急で行く伊勢神宮!外宮・内宮を正式参拝(御垣内参拝)する方法

 

三重県伊勢市にある、伊勢神宮に参拝してきました。

 

伊勢神宮、一度は行ってみたいなぁ。でも、なんだか敷居が高い感じがするなぁ。
Toshiya
Toshiya
そうだね、お伊勢さん一度はお参りしたいところだよね。僕は毎月参拝してるんだ。参拝すると神聖な気持ちになるよ。

 

 

伊勢神宮について

 

伊勢神宮ってどこにあるの?っていう方もいるかと思うので、簡単に説明しておくと、三重県の伊勢市にあります。

内宮・外宮をはじめ125の宮社を総称して伊勢神宮と言います。

正式には「神宮」と言うそうです。

ですから、1カ所ではなく、宮社が点在しているので、1日で全て回るのは非常に難しいと思います。

内宮と外宮だけでも場所は、かなり離れていて、徒歩で行くのは難しいです。

基本は、バス移動となります。

初めてお参りされるという方は、内宮と外宮だけでも十分ではないでしょうか。

 

伊勢神宮について

 

 

正式参拝(御垣内参拝)の方法

 

御垣内参拝とは、要するに正式参拝と呼ばれるものです。

通常参拝者がお参りする場所よりも近い場所で参拝することができるものです。

服装は、男女共正装(ネクタイ等)でなければいけません。

詳しく言うと、外玉垣南御門内にて参拝することができます。

この御垣内というのは神宮の中でも最も神聖な場所で、一般の人は立ち入ることが出来ません。

御正殿入口の左手に神官がおられるので、そこで特別参宮章を見せて、記帳します。

その後、神官にてお祓いをしていただいた後、神官とともに外玉垣南御門内にて参拝します。

正式参拝ですので、いわゆる自分の願い事を唱えるものではありません。

 

 

式年遷宮資金を寄付する

 

 

 

この御垣内参拝を行うには、特別参宮章が必要で、それを神官に提示する必要があります。

まず、御札授与所にて式年遷宮資金を寄付したい旨を申し出ると、いくら寄付するのか記入する用紙を渡されるので、そこに必要な金額を記入します。

1万円寄付すれば、1年間御垣内参拝ができる参宮章をいただくことが出来ます。

いくら寄付するのかは、人それぞれで、決められているのものではありません。

厳密に言うと、寄付する金額によって、御正殿に近い場所にて参拝することが出来るのです。

因みに、式年遷宮とは、20年に一度社殿を更新し、新しい場所に社殿を移すことを言います。

1300年以上もこの方式が続けられているということですから、驚きですね。

この式年遷宮には約500億円程必要だと言われています。

 

 

伊勢神宮へのアクセス方法

 

僕は大阪在住なので、まずは環状線で鶴橋まで行き、そこから近鉄特急に乗り換えました。

近鉄特急は予め、インターネットで特急券を購入しておくことをオススメします。

チケットレスでネット上で座席も指定できます。

また、乗車前であれば変更や払い戻しもできます。

ですので、実際当日に乗車券のみ購入すればいいのです。

 

 

 

 

 

まずは、外宮がある伊勢市駅に向かいます。

鶴橋駅から伊勢市駅まで約1時間45分。特急料金、1320円。乗車料金、1800円で合計3120円でした。

奈良や三重の田舎の風景を見ながら、なかなか快適な時間でした。

 

 

 

 

伊勢市駅から外宮までは歩いて10分

 

伊勢市駅前は、もう外宮の参道となっています。

 

 

 

 

歩くこと10分程で、外宮の正面に到着です。

神宮内は神聖な場所なので、写真は撮っていません。

念のため、お参りの常識をご紹介します。

鳥居をくぐる時出る時は、一礼します。

そして、道の真ん中は神様がお通りになるので、我々は両端を歩くようにします。

参拝方法は、2礼2拝1礼です。

正宮だけを参拝するなら、それほど時間はかかりません。30分もあれば十分です。

ここで豆知識ですが、一般の人が立ち入ることが出来ない領域で参拝する方法があります。

特別参拝というものです。

因みに、僕はいつも特別参拝でお参りさせていただいています。

 

 

外宮から内宮まではバスで移動しよう

 

さて、外宮の参拝が終わり、内宮に移動します。

方法としては、三重交通のバスを使用します。

外宮の正面にバス停があるので、そこからバスに乗り、約20分ぐらいで内宮正面に到着します。外宮から内宮までは、片道430円でした。

 

 

 

 

内宮正面から、正宮までは少し距離があります。

途中、五十鈴川があり、非常に景色が良くて、美しい場所です。

外宮・内宮を参拝時間は、2時間もあれば十分です。

ゆっくり参拝したい方、別宮も参拝したい方は、もう少し時間が必要です。

 

 

帰りは散歩がてら五十鈴川駅まで歩いてみよう

 

帰りの参道では、伊勢うどんや、赤福餅など食い処が軒を連ねていますので、これもまた楽しみですね。

 

 

 

 

内宮参道の最寄駅は、五十鈴川駅となります。

基本はバス移動になると思いますが、僕は散歩がてら歩きました。

20〜30分ぐらいで駅に着きました。

僕の場合、6時過ぎに鶴橋を出て、大阪に帰ってきたのが、14時半ぐらいですから、早い方は、半日もあれば行って帰って来れます。

ただ、これはかなり早い方のパターンだと思いますので、普通はもう少し時間を要するかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

車で来るなら、伊勢道で伊勢ICか伊勢西ICで降りると近いですね。

鳥羽や賢島も比較的近いですから、遠方の方は泊まりで観光されてもいいのではないでしょうか。

一度は行ってみたいお伊勢さん。

お参りすると、すごく清らかな気持ちになります。

皆さんも、是非行ってみてください。

 

お墓参りと神社参拝のススメ!僕が毎月欠かさずにやっている習慣お墓参りは、小さい頃からの習慣になっていますし、神社参拝も何となく人から言われたりして、いつの間にか習慣になっています。 なんか絶...

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler