WORKSTYLE

N高投資部にみる金融教育の可能性【若いうちから投資はすべき】

 

もっと若いうちから投資の勉強をしとけばよかったなぁ~

 

僕は現在トレーダーとして資産を運用していますが、もっと若い学生のうちに投資を学びたかったなぁってつくづく思います。

僕はトレードを始めてから、すごく経済や政治に対して興味が湧くようになりました。

今まで見向きもしなかった経済の仕組みを勉強したり、世界の金融情勢に目を向けたり。

これだけでも僕にとってはかなりの成長です。

 

今回は注目すべきニュースを紹介します。

部活で高校生に投資を経験させるというニュースです。

しかも、特別顧問はあの村上世彰氏。

部員は村上財団から1人20万円を提供されて、株式投資に挑戦します。

利益が出れば、元本は財団に寄付し、利益は部員の取り分になるということです。

いや〜素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

金融リテラシーが低くて失敗を恐れる日本人

 

よく日本人は、金融リテラシーが低いと言われます。

諸外国に比べると、確かにそうかもしれません。

どちらかと言うと、金儲けはタブー視されますから。

金儲けの話は下品だ、みたいな。

所得が高くても、資産運用も投資はしていないとか。

もともと、貯蓄を運用して増やしていくという発想がない。

お金は毎日汗水流して働いて稼ぐものだ、という時代錯誤的な概念に縛られているのでしょうか。

それがダメなことだと言っているわけではありません。

ただ、もう少し賢くなった方がいいと思うのです。

僕が思うに日本人に足りないものって、合理性じゃないかと思うのです。

そして、もうひとつは失敗を極度に恐れているということ。

投資や投機は怖いもの、危険なものというイメージが刷り込まれてる。

失敗から学ぶ、その経験値を活かすという発想が大事。

その恐怖が行動を阻んでいるのかもしれないですね。

失敗しても、復活できるんだって思えば、みんな挑戦できると思うのです。

 

 

金融リテラシーが低いから投資で失敗するわけではない

 

勘違いしてはいけないのは、金融リテラシーが低いから、投資やトレードで失敗するわけではないです。

よく若い人はお金のことも知らずに投機(FXトレードなど)に手を出し、痛い目に合っているとか、言いますけど

お金のことを知らないから失敗しているわけではないですよ。

それなら、お金のことを知っている人、言わば金融リテラシーが高い人はみんな投機や投資で成功しているのか、と言えばそうではない。

関係ないですよ。

単純に、投資スキル、トレードスキルが未熟だっただけです。

もちろん、金融リテラシーを高めることは重要です。

しかし、だからと言って投資や投機で成功できるとは限らないのです。

実践してみて、失敗して、そこから学べばいい。

人間って失敗して痛い目に合わないと、勉強しないものです。

失敗して初めて、お金のことを勉強しないといけないなってなる。

それでいいと思います。

英語だってそうでしょ。

知識ばっかり詰め込んでも、使えないんですから。

 

 

金融教育の可能性

 

今回のニュースを聞いて、正直凄いって思いましたね。

学生のうちから投資を体験させるというのは、凄く有意義なこと。

実際にお金を運用してみて、そこから学ぶことは多いですよ。

今の若い人たちが羨ましいです。

これからもっとこういった教育が広がっていくといいなと思います。

僕もこんな風に若い人たちの教育に投資できるように頑張ろうと思います。

 

ではでは!

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler