COLUMN

情報やネットに振り回されない生き方【断捨離と習慣化】

 

この世の中は、あらゆる情報に溢れていて、何が本当で何が間違いなのが正直分かりません。

今は、誰でも簡単に情報を発信できる時代なので、情報の受け手も賢くないと、多くの情報に振り回されて、逆に生きにくいってことになります。

情報を上手く活用して、人生をよくするためにはどうすればいいのか。

情報リテラシーなんて言葉がありますが、あまり小難しいことを考える必要はありません。

今回は、このあたりのことをまとめたいと思います。

 

 

膨大な情報をすべて受け取る必要はない

 

テレビやラジオというマスメディアから発信される情報は膨大で、自分に必要のないような情報にまで晒されるので、僕はあまり好きではありません。

ヤラセ疑惑や不正などもよく聞く話ですが、何が本当で何が嘘なのかが分かりません。

どうでもいい情報まで受け取る必要はないのです。

テレビなんて、つまらない番組ばかりで、有益なものはほとんどありません。

いっそのことテレビを処分してしまうというのも1つです。

ニュースなんて、ネットでも見られますしね。

 

 

情報は自ら取りに行き、1度は疑ってみる

 

スマホを見れば、ツイッターやインスタなどのSNSから、あらゆる情報が流れてきます。

マスメディアと同様で、自分にとって必要のない情報も多いですよね。

気が付けば、1日の大半をスマホでSNSをチェックしてるみたいな。

そんな時間があれば、何か行動した方がいいんじゃないかと思うぐらいです。

重要なのは、流れてくる情報を浴びるのではなく、自ら情報を取りに行くということです。

そして、その情報が本当なのかどうか、疑ってみることです。

その情報を裏付けるものがあるのか、違った角度から調べてみる、そういう思考が重要です。

表面に出ている情報は、とっかかりに過ぎなくて、真意は隠されている場合も多いのです。

そういう意味で、情報の受け手も、賢くないといけません。

 

 

断捨離のススメ

 

コロナ社会の影響もあり、これからはオンラインの世界が増幅すると思います。

重要なのは、自分が見えている世界はほんの一部である、ということを認識しておくことです。

どこにいても何をしていても、繋がってしまえるインターネット。

なので、あえて自らそれを断ち切ることも必要。

ネット中毒って言葉もありますが、情報云々というレベルではなくなってくる。

そのためには、まず情報に触れる回数、ネットに触れる回数を、意識的に削減することです。

意識的に断捨離して、自分にとって価値のある情報を、一定のタイミングで吸い上げることです。

 

 

読書のススメ

 

断捨離を自分の生活に習慣化することが重要です。

情報やネットを断ち切るために、僕は読書をオススメします。

読書は自分が欲しい、興味のあることにピンポイントでアクセスすることができます。

読書に集中することで、創造力が高まります。

僕も常に暇さえあれば読書をしています。

鞄の中にも、枕元にも、作業用デスクにも、いつでも読めるように本が置いてあります。

読書でいろんな知識に触れたり、考え方を学ぶのは楽しいものです。

 

 

運動のススメ

 

意識的に、情報やネットに触れる回数を減らすことが重要です。

そのために有効なのが、運動です。

ランニングやウォーキング、筋トレ、ストレッチなど、日常生活にこうした時間を組み込むことで、体の感覚を正常に保つようにします。

心身ともにリフレッシュっすることで、本来持っている能力を最大限に発揮できるのではないかと思います。

できれば、屋内より屋外、自然の空気に触れることをオススメします。

 

 

まとめ

 

現代社会において、情報やネットとの関わり方は誰もが日常的に直面する問題です。

だからこそ、上手く付き合っていかないと、振り回されて不幸になりかねません。

まとめると以下の通りです。

 

・すべての情報を受け取る必要はない。(テレビを処分する)

・情報は自ら取りに行き、1度は疑う。

・情報やネットに触れる回数を意識的に減らす。(断捨離)

・読書を習慣化する。

・運動を習慣化する。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ