WORKSTYLE

FXトレードにおける聖杯探しとは?絶対に勝てる手法を探し求める意味

FXトレードで絶対に勝てる方法はあるのか?

FXトレードの本質が分からない初心者ほど、その答えに興味があるものです。

僕自身もそうでした。

こうすれば勝てるんじゃないか?勝ちさえすればいい、そんな感じで。

しかし、相場には負けが付きものです。

それがなかなか理解できないので、絶対的に勝てる手法を追い求め続けます。

そうすればするほど負のスパイラルに陥ることになります。



絶対的な分析方法はない?

 

FXトレードというのは、変動相場ですから、誰にもその動きは分かりません。

だからと言って、やみくもにエントリーしても、当然勝ち目はありません。

チャートというのは、すでにすべてを織り込んでいる、だからすべてはチャートに表れる、とよく言われます。

ですから、トレーダー達は、テクニカル指標を駆使したり、ファンダメンタルズに傾倒してみたり、少しでもその優位性を求めて、日々売買を繰り返しているのです。

このようなチャート分析にしても、この方法は良くて、この方法はダメだ、というようなものはないのです。

あくまで、ひとつの指標、目安であるということを忘れてはいけません。

しかしながら、多くのトレーダーは、相場の本質的な部分を理解せずに、目の前の情報やテクニカル的なことだけを見て、右往左往しているのです。

何度も言いますが、為替の相場というのは、変動相場です。

ですから、ここだと思ってエントリーしたとしても、予想とは全く反対の動きを見せることは、日常茶飯事なのです。

要するに、勝つこともあれば、負けることもあるということです。

すなはち、トレードというのは負けありきで考えなければいけない、ということです。

細かな負けを重ねながら、収益を伸ばしていくのです。

ある程度のリスクを承知の上で、収益を重ねるわけですから、勝率がどうのこうの、というような話ではありません。

ですから、テクニカル分析にしても、ファンダメンタルズ分析にしても、それが絶対的な指標であるということは、言えないのです。

 

聖杯探しに走ってはいけない

 

トレーダー達は絶対に勝てるような手法を、常に探し求めています。

しかし、そのような手法はないと言えます。

いわゆる「聖杯探し」に走ってはいけないのです。

例えば、テクニカル指標の水平線にしても、トレンドラインにしても、移動平均線にしても、その傾向があるという程度のものです。

フィボナッチリトレースメントにしても、重要だとされる数値は、あくまで数値であり、過去にたまたま意識されたことはあるが、今回はどうかと言われれば、誰にも分からないものなのです。

要するに、後になって振り返ってみたらそうだったことを、後付けで、ああだこうだと言っているだけなのです。

後からなら何とでも言えますよね。

問題はそんなことではない、ということを自覚しなければいけません。

チャート画面に、あらゆるテクニカル指標を表示して、何がなんだか訳が分からなくなっている人もいますが、もう少しシンプルに考えた方がいいかもしれません。

そもそも聖杯などないのですから、そんなものを求めるよりも、ちゃんとトレードルールを決めて、それをしかっり守り、機械的に淡々と、売買を重ねていくこと、これが何よりも重要だと思います。

 

相場は常に正しい

 

為替の相場は、誰にも何が正解かは分からないのです。

強いて言えば、相場そのものが正解なのです。

相場は常に正しいのです。

間違っているのは、常にトレーダーの方なのです。

そのことを、どれだけ理解できるかが重要で、聖杯探しというのは、言わば、正解である相場に、背を向ける行為と言っていいかもしれません。

 

まとめ

 

相場の本質を理解するには、経験と時間が必要です。

勝てばそれでいいというような単純なものではありません。

重要なのは、一つ一つの勝敗ではなく、トータルで勝つことであり、死なずに相場の世界で生き残り続けることです。

 

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler