FOOTBALL

ガンバ大阪vs柏レイソルを観戦!バックスタンド前方で凄い臨場感を味わったよ

先日、パナソニックスタジアム吹田で行われたJリーグ第5節、ガンバ大阪対柏レイソルを観戦してきました。

今季はまだ勝ちがなく最下位に低迷するガンバですが、今年はかつてセレッソ大阪で指揮をとったレビークルピが監督として就任し、新たな体制のもと再びあの強いガンバを取り戻せるのか、見ものですね。今年の大阪ダービーは面白くなりそうです。

一方柏レイソルは、昨年に引き続き下平監督のもと、新加入の江坂・瀬川あたりがまだ結果を残せていない状況です。リーグ戦では勝ち星つかみ、ACLとのタイトなスケジュールの中タイトル奪取できるか楽しみです。

前節は、僕も観戦に行きましたけど、日立台でのセレッソ戦、お互いにいい試合でドローだったので、今回ガンバ相手にどんな試合をするのか楽しみでした。

 

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

 

パナソニックスタジアム吹田までのアクセス

 

今回の舞台は、ガンバの本拠地パナソニックスタジアム吹田です。僕自身このスタジアムは、昨年のルヴァンカップの準決勝ガンバ対セレッソを観戦して以来2度目です。

立地は、大阪府吹田市になるのですが、大阪市内からだとやや不便ですね。いつも長居スタジアムに行き慣れている身としては、不便さを感じざるを得ません。

梅田からだと阪急電車で淡路まで行き、そこから千里線に乗り換え、山田駅で降ります。そこから大阪モノレールに乗り換えて1駅、万博記念公園で下車します。駅からは徒歩約20分でスタジアムに到着です。

この日は、ドリカムのライブと重なっていたせいか、駅周辺は凄く混み合っていました。また駅前には大型のショッピングモールもあるので、さらに人で賑わっていました。

因みに、長居スタジアム周辺は公園なのでそれほど人も多くありません。

スタジアム自体は、サッカー専用のスタジアムなので、非常に観戦しやすい作りとなっています。セレッソにもこんないいスタジアムがほしいなぁなんて思います。

今回取った席は、バックスタンドの前から数列目という、非常にピッチも近くて見やすい席でした。選手の息遣いや声が聞こえてきそうなぐらい近かったです。

 

 

スタジアムの雰囲気

 

スタジアムの雰囲気ですが、やはりガンバの本拠地なので、ほぼガンバサポーターで席は埋めつくされています。バックスタンドはほぼガンバサポーターでした。柏サポーターも結構来ていましたね。

しかし、ガンバの応援はいつ見ても凄いですね。セレサポ的には、長居でも負けそうなぐらいなので、頑張らないとダメですよね。

ガンバの選手紹介も見たのは2度目ですが、やっぱりカッコイイですよね。でも、それ以上にカッコイイのは柏の選手紹介。

今回はアウェイなので見られませんでしたが、日立台での選手紹介はカッコよかったですよ。バックドロップシンデレラの「さらば青春のパンク」の替え歌「突き進め柏」という歌に合わせて紹介されるんです。因みに、インスタグラムでは毎回この歌に合わせてスタメンが発表されるんですよね。柏の応援をよく聞くと、サポーターがこの歌を歌ってるんですけど、最近気付きました。笑

スタジアムは日曜日ということもあり、沢山のサポーターで埋め尽くされました。

 

 

 

今回のチケットについて

 

今回の観戦チケットですが、バックスタンドカテゴリー2で1枚4000円の席でした。

僕はいつもJリーグのオフィシャルチケットサイトで購入しています。僕自身セレッソ大阪のクラブ会員になっているので、セレッソ大阪のホームページから会員IDとパスワードを入力してアクセスします。

対象となるチームを選択(今回はガンバ大阪のホームゲームなのでガンバ大阪)すると、ガンバ大阪の試合のチケット一覧が表示されるので、そこから座席を指定して購入を選択します。

他のチームの会員になっていても、同様の方法で購入することができます。

人気チームの試合や、小さなスタジアムなどはすぐに売り切れになってしまうので、発売日をチェックするなど、注意が必要です。

僕も前回日立台でのレイソルとセレッソの試合ですが、危うく取り逃がすところでしたから。

 

 

観戦後の感想まとめ

 

試合前は、正直なところレイソル優勢かなぁと思っていたんですが、終わってみたら、2−2のドロー。

最下位のガンバですが、スピードもある非常にいい試合をしていました。これから少しずつ上がっていくんじゃないでしょうか。

クルピ体制もまだ始まったばかりですから、どうなるかは分かりませんよね。

僕自身、試合観戦はもっぱらセレッソ戦が多いのですが、これからは他のチームの試合もどんどん観戦していきたいなと思います。

 

 

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler