WORKSTYLE

トルコリラ大暴落に見るFXの怖さと危険なイメージの本当の意味とは

 

 

 

FXは本当に危険なのか?

 

FX取引には、ギャンブル性があるのかと問われたら、やり方によってはギャンブル性はあると言えます。

主婦などが資産運用を目的にFXをはじめる人もいれば、投機的に一発逆転を狙いFXトレードをやる人もいる。

そういったギャンブ性がフューチャーされることで、FXは危険だというイメージが根付いたのかもしれません。

個人のタンス預金が市場に出回らないために、かつて日本では、金融の規制緩和によりレバレッジが100倍の取引が出来るという時代がありました。

主婦層などから火がついて、連日儲かっている主婦やサラリーマントレーダー達がワイドショーをにぎわせた反面、FXでサラ金に走った人達もいました。

また、FXは儲かると謳うような悪徳業者の詐偽被害にあう方も多かったのは、事実です。

 

手軽に始められるFXのリスク

 

最近は、FXだけではなく様々な金融商品があります。

昔と比べて、金融先物などの知識やリテラシーも上がっているように感じます。

FXの面白さは、レバレッジにより、少額の資金で大きな利益を上げられる点です。

でも、その魅力に変にはまってしまい、借金をして投資資金を調達するような人もいます。

それが社会問題となり、FXの証拠金倍率の引き下げが行われました。

それでも、日本でのレバレッジは最大で25倍。

10万の元手で250万の取引ができるということです。

正しい知識がないが故に、10万円の元手で25倍の取引が出来るという話が、旨い儲け話に聞こえたり、まやかしに思われるところはあります。

金融派生商品はレバレッジという名のもとに、少額の資金で大きな利益をあげることができます。

しかし、レバレッジというのは、FX業者に借金をしていることと一緒だ、という考え方でFXに挑まないと痛い目にあうことになります。

 

日本におけるFXのルール

 

FXには、追証というものがあります。

簡単に説明すると、仮に1ドルが100円の時に、最低保障証拠金が4%だとした場合は、4万円の証拠金で最大25倍のレバレッジで1万ドル買えるということになります。

1ドルが99円になった場合に24時間以内に損失の1万円を口座に入金しなければいけません。

そのことを追証と呼んでいます。

最低保障証拠金が4万円でも1ドルが90円に下がったら10万円の損失は借金になります。

これが30万円、40万円、300万円、400万円でFXをやっていたら大変なことになるということが、分かるかと思います。

1円や2円下がることは良くあることです。

社会情勢が変わり大きく暴落することもあり得ます。

預けていた証拠金を超えたマイナス分については借金になるので、証券会社から差し押さえということも考えられます。

レバレッジで自己資金の何倍もの金額を取引できる反面、しっかりとリスクマネジメントと資金管理ができていなければ、大きな代償を払うことになります。

これが日本のFXのルールなのです。

 

海外FXの仕組み

 

海外のFX取引業者は追証という考え方がありません。

なので、最低保障証拠金を下回った場合は強制的に決済されます。

ゼロカットシステムと呼ばれています。

借金を背負うことはありません。

レバレッジを最大にかけて海外でFXをした場合に限定して言えば、最低保障証拠金以外の損失はありません。

海外FXはレバレッジの上限がないので100倍、FX業者によってはそれ以上の取引ができます。

レバレッジが大きいということは、利益率も高い反面、損失も大きくなるということです。

FXにはやり方によっては、ギャンブル性がないとは言えません。

また正しい理解がなければ、安易に着手するべきものではありません。

そういった点で、FXは危険だ、何か分からないけど怪しい、などというイメージが先行しているのもしれませんね。

しっかりと学んで、理解をすれば、決して危ないものでも何でもないということが、分かると思います。

 

予期せぬ事態に巻き込まれないために

 

FXトレードをしていると、予想だにしない世界的な事件が起こって、それがために相場が大混乱を来すことがあります。

このようないわゆる有事に巻き込まれないようにするには、どんな点に注意してトレードするべきなのか。

類型別有事は以下の通りです。

 

リーマンショック型有事

 

実は、有事には2つのパターンがあるのです。

それは、いつ起こるか分からない、全く予測不可能な有事と、もうひとつは、ある程度予測可能な有事です。

前者の代表が、皆さんもご存知のリーマンショック。

簡単に説明すると、アメリカの有名な投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破たんした結果、世界的に大規模な経済危機が起こったという、あまりにも有名なニュースです。

この時、基軸通貨であるドルが動揺し、一気にドル相場が暴落しました。

ポンドなども同様に暴落し、円高ドル安ポンド安のような状況になりました。

ただ、この時の暴落は、リーマンブラザーズが破たんした直後にドルが暴落したわけではありません。

リーマンショック後じりじりと円高ドル安(ポンド安)が続き、やがてある臨界点に達した時、一気に相場が暴落したのです。

なので、このような有事に巻き込まれた場合、臨海点が来る前に素早くポジションを手仕舞い、一旦相場の様子を見守ることが重要です。

実際のところ、リーマンショック後にすぐにポジションを手放した人は傷が浅かった。

予想不可能な有事が突発的に起こった場合、一度ポジションを手放して様子を見て、その後、相場の流れを把握してからトレードに戻るのが賢明です。

 

イギリス国民投票型有事

 

リーマンショック型有事より怖いのが、イギリス国民投票型の有事です。

この国民投票は、イギリスのEU離脱を問う選挙で、いつ行われるのか日程は決まっていました。

世論調査の結果でも、僅差ですが残留派が優勢だったので、市場は国民投票で残留派が勝つと見越して、ポンド高が続いていました。

しかし、フタを開けてみると、まさかまさかの離脱派勝利で、ポンドはわずか1日で大暴落。

このように、ある程度予測可能な有事の怖いところは、予測とは反対の事態が起こってしまうところ。

誰も予想していなかった事件が突発的に起こるというものではなく、市場の大部分が予想していたことと、逆のことがいきなり起こる。

市場の混乱は、前者の比ではありません。

実際、イギリス国民投票の時も、短時間で相場が大きく動きました。

 

損切りは絶対です

 

有事の際は、相場が乱高下するので、裁量で対処するのはかなり難しい。

実際今回のトルコリラ暴落も同様で、一旦動き出すともう手が付けられない。

頭で損切りは重要だと分かっていながらも、もう手が出せない。

朝仕事に行って帰ってきたらもう手遅れになっていた、ということが起こり得るのです。

それを防ぐには、日頃からストップ注文(損切り)を入れておくしかありません。

ストップ注文を入れておけば、たとえどんな事態が起きて相場が混乱しようとも、勝手にロスカット(損切り)されるので、何の心配も要りません。

高金利目的の長期投資ではそういうことも難しい。

なので、長期投資はある意味リスクが高いことから、僕自身はお勧めしません。

基本的には有事だからと言って、何も構える必要はない。

日頃から、ちゃんと損切りを設定していれば、何が起こったとしても問題はないということです。

この世界で生き残っていきたいのであれば、損切りは絶対です。

 

このように、FXトレードをする上で重要なのは、まず正しく理解して、きっちりとリスクマネジメントすることです。

そうすれば、ギャンブルだの、怪しいだの、危険などとは誰にも言えないということが分かるはずです。

 




 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ