WORKSTYLE

順張り?逆張り?初心者には順張りをオススメします。その理由とは?

トレードをやり始めたばかりの人って、いろんな情報で頭でっかちになっておられませんか?

僕自身、最初はそうでした。

本を読んだり、インターネットで調べたりして、かなり頭でっかちになって、実際のトレードは全くうまくいかなかった記憶があります。

トレードに関する情報は、できる限り最小限にされることをオススメします。

基本的な考え方として、トレードというのは、相場が常に正しいということです。

なので、相場に逆らおうなんて考えてはダメです。

正しいのは相場であって、間違っているのは常に自分というスタンスが取れるかどうか。

なので、素直に相場の流れに乗っかることが重要です。

まずは、相場の動きをよく観察して、今上昇相場なのか下降相場なのか、という流れを掴む練習から始めてみてはどうでしょうか?



順張りと逆張り

 

FXトレードに興味を持ち始めて、試しに何冊か投資関連の書籍を読んでみた人は多いかと思います。

テクニカル分析ひとつとってみても、実に様々な手法や指標があり、初心者の方にとっては、何をどうしたらよいのか、正直分からないんじゃないでしょうか?

まず、FXトレードの基本的なやり方として、大きく2つに分けることができます。

順張りと逆張りです。

順張りとは、相場が上昇し始めたのを確認してから、その流れに乗って稼ぐ方法です。

今まで下降トレンドであったり、調整期間で横ばい状態が続いていたりした相場が、ある時から上昇を開始することがあります。

そのトレンドに乗っかって稼ぐのが、順張りです。

いわゆる、トレンドフォローというものです。

これとは反対に、下降中の相場が反転するタイミングを見計らって、売買に参入することを逆張りと呼びます。

どちらもトレンドの状態を見て、トレードするという点で、共通しています。

 

エントリーのタイミングを見極める

 

ポイントは、まずは相場が転換した後、少ししてからエントリーすることです。

これは、トレードでは基本的な方法、考え方です。

下落相場が続いている時、徐徐に下降速度が落ち始め、持ち合いになるというのは、よくあります。

そして、移動平均線も横を向き始め、しばらくすると、突如として大陽線が出現します。

ここでロングでエントリーするのがいい、と一般的には言われます。

しかし、初心者のうちは、この買いのタイミングでエントリーするのはリスクが高いと言えます。

何故なら、一気に上昇トレンドに突入するのは稀だからです。

上昇しても、一時的に押し戻されます。

ですから、この押し戻されたのを確認してから、エントリーすると勝率は高いのです。

つまり、押し目買いというものです。

上昇トレンド転換直後の押し目買いは、リスクが低いとも言えます。

何れにしても、トレードというのは、自分自身が優位性のあると考えるポイントで淡々とエントリーすることが重要です。

逆を言うと、それ以外のポイントではトレードしないことです。

世間一般に言われていることは、絶対的な考え方ではないということは前提としなければいけません。

 

初心者は順張りが基本

 

トレードはギャンブルではないので、最初から一発逆転を狙うようなことはすべきではありません。

まずは優位性のあるポイントで、少しずつでも利益を出せるようになるのが、重要です。

どんなに大勝ちを望んでも、最終的に資金がマイナスになってしまっては、何の意味もありません。

瞬間的に大金を稼げたとしても、トータルで収支がマイナスでは、負けも同然です。

なので、自分自身が判断しやいと思うトレード手法から、徐徐に慣れていき、確実に利益を積み重ねられるようになるのがコツです。

初心者のうちは、順張りが基本となります。

相場の動きに逆らわない方法が最も基本的な手法です。

順調に値を上げているところに乗っかることで、損失を出す可能性を抑えられます。

逆に、下降トレンドを確認して、その流れに乗っかることで、利益を出しやすくなるのです。

そういう意味では、逆張りというのはリスクが高いと言えます。

 

全てを取ろうとしないこと

 

トレードでは、含み益は所詮、含み益です。

利益を確定して初めて、実利益になります。

勝率が高く、調子がよく、含み益を膨らませ続けられたとしても、油断は禁物。

エントリーポイントに戻ることなどザラです。

そういうリスクをとることができるかどうかが重要となります。

一方で、端から端まで、全て取ろうとしないことです。

程々のところで、利確(利益確定)することも大切です。

利確というのは難しくて、どこで決済するのかということに答えがある訳でありません。

少なくとも、細かな利益ばかりを追いかけるのも良くはないのですが、欲張って全てを取ろうと思わないことも重要です。

 



 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler