WORKSTYLE

海外旅行中のFXトレードで気を付けるポイントまとめました

トレードと聞くと、パソコンの画面をいくつも並べて、常に画面とにらめっこしているイメージはないでしょうか?

確かにそのようなスタイルでトレードしている人もいます。

今の時代は、アプリケーションが充実しているので、パソコンでなくてもタブレットやスマホでも変わらずトレードすることができます。

僕のような旅好きでも、いつでもどこでもできるのがFXトレードなのです。

因みに、僕はいつでもどこでもスマホでトレードしています。

今回は、僕自身が海外など旅先で経験したこと、注意点などをまとめてみました。

 

 

海外でもできるFXトレード

 

FXトレードと良いところは、小額の資金で始められて、レバレッジを効かせることで、資金の何倍ものお金を扱い、取引できるところで、副業としても参入しやすいところです。

しかも、FXトレードの市場は、全世界がマーケットであり、24時間世界のどこかの市場で取引が行われていますので、時間を選ばず取引ができます。

ということは、ネット環境さえあれば、PCやスマホを使って、いつでもどこでも取引ができるということになります。

どこか海外に行っている間も、トレードしようと思えばできます。

銀行に資金さえ入れておけば、面倒な手続きをすることなく、クイック入金サービスを利用して、証券口座に入金することができます。

例えば、トレードで旅資金を稼ぎながら、世界を転々と旅するするというのも可能となります。

しかしながら、話はそれほど簡単ではありません。

 

安定したネット環境を確保する

 

日本国内であれば、それほど問題にならないのですが、海外となると、問題になるのが、ネット環境です。

海外は、日本と比べると、Wifiスポットは多いのですが、場所によれば、かなり電波状況が悪かったりもします。

ホテル内であれば専用のWifiを利用することができます。

しかし、これも部屋によって、電波状況が悪かったりします。

それが、たとえ高級ホテルであっても例外ではありません。

なので、まずは快適なWifi環境を見つけることが重要です。

しかしながら、Wifiがなくても解決する方法があります。

それは、現地に着いて、格安SIMを手に入れ、現地の通信網を利用するという方法です。

あなたのスマホがSIMフリーであれば、現地でSIMを購入するのです。

そうすれば、日本に居るのと変わらず、ネットが使えます。

ただ、格安SIMも、ギガ数や用途、日数によって値段が違うことも多いです。

また、地域によっては、また州を越えると使えなかったりもするので、注意が必要です。

不安定なネット環境だと、エントリーのタイミングを逃したり、決済したい時に出来なかったりして、最悪の事態になりかねません。

なので、まずはネット環境を整えることが重要です。

いかに安定したネット環境のもとで取引するかが重要です。

 


 

マーケットとの時差を考慮する

 

次に問題になるのが、時差です。

国内口座であれば、アプリなども、当然日本時間に合わせた設定になっています。

スマホなどのように、海外に行くと自動的に現地時間に時計を調整してくれるような機能は、私の知る限りないと思います。

なので、海外に行く場合、いまはどこの市場が動いているのかを、認識しておかなければいけません。

滞在先の国と主戦場となるマーケットの時差は常に意識しておかなくてはいけません。

相場の特徴として、時間帯や市場の変わり目に大きく動くことがありますし、経済指標の発表なども、当然時間は変わってきます。

日本にいるような感覚でいると、思わぬ損失を被ることになります。

 

まとめ

 

このように、条件が整えば、世界のどこに居ようと問題なくトレードはできます。

しかしながら、せっかくの楽しい旅行ですから、負けてテンションが下がり、観光どころではない、というようなことになってもつまらないですよね。

海外に移住されている方であれば別ですが、そうでないのなら、旅行中はトレードをお休みするのも、ひとつだとは思います。

僕自身昔は、どこに旅行に行っても常にチャートを眺めてはトレードをしていました。

勝っている時はいいですが、負けが続くと、やはり凹むわけです。

そんな精神状態で観光なんてとてもできません。

昔と今ではトレードスタイルもメンタルの持ちようも違います。

条件さえ整えば、どこに居ようがトレードをすることは可能ですし、自分のトレードスタイルを貫くことができるのであれば、全く問題はないですね。

 



 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler