WORKSTYLE

FXトレード初心者でも分かるランダムウォーク理論について解説します

相場を予想することは、初心者でなくても難しいものです。

いくらテクニカル分析やファンダメンタルズ分析で、ここに優位性があると言っても、必ずしもその通りになるとは限らないんですよね。

だからと言って、むやみやたらにトレードすることもできません。

 

う〜ん、分からなくなってきたぞ。じゃ僕たちはどうやってトレードすればいいんだろう・・
Toshiya
Toshiya
そうだよね、ここがトレードの難しいところでもあるんだ。でも、トレードは難しく考えちゃいけないよ。できるだけシンプルに考えるんだ。

 

相場の本質を知るためにも、トレード初心者の皆さんには、今回解説するランダムウォーク理論を是非知っておいてもらいたいと思います。

 

 

ランダムウォーク理論とは

 

FXトレードや株式の市場では、そもそも相場は、上がるか下がるか分からないのだから予想する意味がない、と言う学者もいます。

ランダムウォーク理論信者は、マーケットは予想を越えた上に成り立っていると考えているのです。

ランダムウォーク理論とは、簡単に言うと、相場の値動きは予測不可能だということを説明する理論です。

言い換えれば、相場は予想するだけ無駄だという考えを、数学的に導き出した理論なのです。

 

相場は常にランダムな動きを繰り返す

 

トレードでは、チャートを分析しながら取引している方がほとんどだと思います。

数ある多くのテクニカル指票が開発されて、世界中のトレーダーにより使用されていますが、残念ながら、この長い相場の歴史を振り返ってみても、このテクニカル指標であれば、必ず勝てるといったようなものはありません。

つまり、どんなテクニカル指標を使用したとしても、相場というのは、結局ランダムな動き、ランダムウォークを繰り返すので、為替相場の値動きを予想することは、まず不可能だという考え方です。

しかしながら、ランダムウォーク理論を知ることによって、ランダムウォーク理論から何かを得ようとする行為はとても大きな意味があります。

 

相場はやがて適正価格に戻る

 

ランダムウォーク理論では、相場自体が、やがては相場の適性な価格に導いてくれるという考え方もあります。

相場は、ランダムウォークを繰り返しながら実は、適正価格に戻るという確率計算でもあるのです。

矛盾しているようですが、レンジ相場では結局上がるか下がるか、誰にも分からないのです。

それでは、何故ランダムウォーク理論を理解する必要があるのか。

それは、ランダムウォーク理論を理解することで、トレードで勝てる人はなぜ勝てるのか?

勝てない人はなぜ勝てないのか?

ということが、ランダムウォーク理論の深い部分で見えてくるからです。

 

勝ち続けることはできない

 

ランダムウォーク理論の世界観では、稀に信じられない強運によって、連続して勝ち続けるトレーダーが現れます。

相場においては、稀に強烈なトレンドが発生する場合もあります。

ランダムウォークを繰り返す、予測不可能なマーケットでも、ある期間勝ち続けるトレーダーが現れるのも相場なのです。

確率的には、決して勝ち続けることは出来ません。

しかしながら、トレーダーが引っかかる心理的な仕掛けも、トレードにはあるということです。

やはり、運や偶然だけで継続的に勝ち続けることは難しいのです。

トレード初心者の場合に、このようなランダムウォーク理論という考えがあるということを、頭に入れてからトレードを行うのと、知らないでトレードをするのとでは、取引の仕方が変わってきます。

サラリーマンや主婦が副業でトレードを始めて、3ヶ月で資金を100倍にしたというような類の話を聞いたことがあるかもしれませんが、今もなお、そのようなトレードが勝ち続けているのでしょうか?

そのほとんどが、姿を消しているのも事実ではないでしょうか。

やはり、運や偶然だけで継続的に勝ち続けることは難しい、ということを教えてくれるのがランダムウォーク理論なのです。

 

 

まとめ

 

手軽に始められるFXトレードですが、安易な気持ちではなく、しっかりと相場の本質を学んで、一生もののスキルとして、学んでいきましょう。

 

Toshiya
Toshiya
このランダムウォーク理論から相場の本質が学べるよ。相場の動きは誰にも分からないものなんだ。だからこそ、しっかりとした資金管理が必要になるんだよ。
相場の本質かぁ、トレードって奥が深いんだなぁ。

 

相場の本質を学び、しっかりとリスクマネジメントをすれば、トレードは決して危険なものではなく、資産運用として非常に有効なものなのです。

 

初心者にとって操作性のいい証券口座はDMM.com証券がオススメですよ。

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler