WORKSTYLE

FXトレードの追証制度について解説します!初心者なら絶対知っておきたい

 

追証ってどういうものなの?
Toshiya
Toshiya
いい質問だね。国内証券口座にある制度のひとつだよ。重要なものだから必ず押さえておこうね。

 



FXトレードするなら押さえておきたい追証制度

 

追証とは?

 

FXトレードを始めるにあたって、必ず押さえておかなければいけないものがあります。

それは追証というものです。

トレードする上では、追証を理解することはとても重要です。

追証というのは、言わば、追加証拠金というものです。

他のデリバディブ取引でも追証という考え方はついて回ります。

なので、しっかり覚えておきましょう。

 

損失が出たら借金になる?

 

厳密にいうと、証券会社により証拠金率に違いがあります。

例えば、1ドルが100円の時に、最低保障証拠金が4%だとした場合は、4万円の証拠金で最大25倍のレバレッジで、1万ドルが買えることになります。

それが、1ドルが99円になった場合に、24時間以内に損失の1万円を口座に入金すること、を追証と呼んでいます。

最低保障証拠金が4万円でも、1ドルが90円に下がったら、10万円の損失は借金になるので注意が必要です。

これが多額の証拠金を預けて取引を行うとなると、万が一損失が出た場合に、大変なことになるということが、お分かりいただけると思います。

場合によったら、多額の追証を払えないということにも、なりかねません。

そうなると、証券会社が口座を凍結するということもあり得ます。

FXトレードの市場では、1円〜2円程度、値が動くことは良くあることです。

社会情勢が変わり暴落もありえます。

仮に、注文を出しておいても、突然の暴落にシステムがついていけずに、マイナス、直ぐに追証、ということも考えられます。

とにかく、ギリギリの自己資金で取引するということは、こういったリスクと隣り合わせであるということになります。

預けていた証拠金を超えたマイナス分については、借金になりますから、証券会社から差し押さえということも考えられます。

これが国内口座のルールなので、十分に注意が必要です。

 

FXトレードは余裕資金でやることが重要

 

追証の怖さが分かったところで言うと、逆に追証を払うことができるということは、大きく値が動いたとしても、持ちこたえることができ、勝てる可能性もあるということです。

有事の際は、特に値動きは活発になります。

レバレッジを掛けすぎないこと、そしてある程度、余裕のある資金で運用していくことが重要です。

例えば、大きく上昇したり、下降したりしたとしても、ある程度は値動きに持ちこたえられるぐらいの資金は必要であるということです。

損失を損失のまま大きくしないことも重要です。

一時的に持ちこたえることができたとしても、さらに値が大きく動いたら、かなり厳しい状況になるのは明らかです。

追証とかいう以前に、余裕資金でやることはもちろん、損失を最小限に抑えるなど、きっちりとした資金管理をすることは大前提です。

それがないトレードは、かなり無謀なチャレンジといっていいでしょう。

 

海外口座には追証制度はない

 

国内口座とは反対に、海外口座には追証制度はありません。

なので、最低保障証拠金を下回った場合は強制的に決済されます。

それを、ゼロカットシステムと言います。

海外口座は、日本と違いレバレッジ規制が厳しくないこと、追証がないことで、取引がしやすいという見方もあります。

レバレッジが大きい分、大きな成果をより早く上げることもできます。

しかし、レバレッジを最大にかけて取引をするので、国内口座よりもさらに注意が必要です。

トレードというのは、自己資金に見合った取引を行い、しっかりリスクマネジメントを行いながら、少しずつ収益を積み重ねていくべきものです。

そもそも追証を払うようなことは、本来的にあってはいけないことだと言えます。

追証を払うことがないように、普段から資金を考えながらトレードすることが重要です。

 

 

 FXトレードで稼ぐということ

 

FXトレードを始めるのであれば、やはり資産を着実に増やしていきたいですよね。

FXトレードで稼ぐということが、どういうことなのか、しっかり押さえておきましょうね。

 

今のあなたの生活や収入に満足できていますか?

 

これからFXトレードを始めようと思われている人は、おそらくほとんどの方が、サラリーマンやOLなどの会社員、あるいは、アルバイトや自営業で生計を立てられているかと思います。

もっと自由になるお金が欲しい、生活費が足りない、資産形成をしたい、また、もっと自由な時間が欲しい、家族との時間を大切にしたい、そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのような気持ちを抱いているだけで、何もしなければ、おそらく今の生活が変わることはありません。

 

今まであなたがやってきたビジネスを振り返ってみよう

 

また、今まであなたがやってきたビジネス、また現在やっているビジネスはうまくいっていますか?

莫大なコストをかけてやって、それに見合うリターンを得ることは出来ているでしょうか?

ビジネスの基本として、よく言われるのは、人・モノ・金です。

どれが欠けてもうまくいきませんよね。

またそれを管理していくのには、莫大なコストをかけていく必要があります。

これを背負っていくのは、相当なリスクと言えます。

 

これから自分が豊かになるために

 

あなた自身がこれからどんな生活を送りたいと思っていますか?

新たな活路を見出し、今よりも生活の質を上げたいと思っているのか、今一度立ち止まって、考えてみてもいいのではないでしょうか?

今後、理想とする生活やライフスタイルを実現するには、どうしていけばいいのか?

今の生活から、何を変えていく必要があるのか、またどれぐらいの資金が必要なのかを、より具体的にイメージしてみてはどうでしょうか?

 

FXトレードをすすめる理由

 

リスクが少ない

 

FXトレードというのは、危険なものだ、ギャンブルじゃないかとお思いの方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

むしろ、堅実な資産運用法と言えるのではないかと思います。

しっかりとリスクマネジメントを行い、資金管理をすることで、収益をあげることができます。

イメージだけで、判断してしまうのは、非常にもったいない話です。

 

参加しやすい

 

FXトレードというのは、証券口座と最低限の自己資金があれば、いつでも誰でも始めることができます。

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生でも出来てしまうのです。

また、辞めようと思えば、いつでも辞めることができます。

 

政治経済を学べる

 

FXトレードというのは、世界の通貨を取引するのですが、為替相場というのは、世界経済や政治と密接に関係しているので、普段の何気ないニュースなどに注目するようになります。

自分が投資をしている案件に関わりますので、むしろ気になります。

そうすると、自然と世界経済や政治に詳しくなってきますし、世の中の仕組みというものが、よく理解できるようになります。

なので、ものは考えようで、こうしたことが勉強できただけでも、自分にとってはプラスであると考えることができます。

 

豊かな生活を送ることができる

 

FXトレードというのは、投資の一種です。

なので、自己資金の額により、得られるリターンも変わってきます。

上手くいけば、収益というのは、青天井です。

ある程度、要領が分かってくると、安定的に収益を上げることができるようになります。

自分が描いていた収益以上の利益を得ることができるので、自分の思うように生活の質を上げていくことができます。

そうすることで、心にも余裕が生まれます。

 

FXトレードは誰もが参加しやすい

 

少額の自己資金でできる

 

FXトレードが、なぜ誰でも参加しやすいのかと言うと、極めて少額の自己資金で始めることができるからです。

一般的に、何か事業を始めようととすれば、ある程度まとまった資金が必要になります。

株式投資にしてもそうですが、自己資金がなければ、投資も事業も起こせません。

 

レバレッジで大きな取引ができる

 

それでは、なぜ少額の自己資金で投資ができるのか。

それは、FXトレードにはレバレッジというシステムがあるからです。

レバレッジというのは、テコの原理という意味で、小さな力で大きな結果を得ようとするものです。

 

リスクマネジメントのシステムがある

 

FXトレードが、いわゆる危ないイメージではなく、なぜ安全な投資なのかというと、損失を最小限に抑えるシステムがあるからです。

自己資金に見合う取引で、損失を最小限に抑え、利益を最大化することで、収益を上げることができるのです。

損失をコントロールできるというのは、他の事業ではなかなかないことです。

 

パソコンやスマホで手軽にできる

 

FXトレードは、パソコンやスマホがあれば、どこでもすることができます。

今の時代、FXのアプリもかなり充実しているので、インターネット環境さえあれば、世界中のどこにいても取引が可能です。

 

とにかく行動してみることが重要

 

聞いているのと、実際にやってみるのとでは、かなりの差があります。

FXのアプリには、たいていデモトレードというのがあって、実際の取引を疑似体験できるサービスもあります。

そういったもので、FXトレードに触れてみるのも一つです。

自分のお小遣いで始めてみたら、どうなるのか、一度体験してみることをオススメします。

 

が厳選する証券会社

 

Toshiya
Toshiya
FXトレーダーの僕が初心者の方にオススメの証券口座を紹介します。

いざFXトレードを始めようと思っても、どの証券会社がいいのか分からない、また証券会社によってどう違うのかも分からない、と思われる方も多いかと思います。

海外口座から国内口座まで、あらゆる証券口座を見てきた僕が、初心者で始めるならココ、という国内口座1社を紹介させていただきます。

 

 

 

国内口座をすすめる理由

 

FXトレードを始めるのであれば、まず国内口座をオススメします。

ある程度安定的に収益を上げることができるようになれば、海外口座に挑戦してもいいかと思います。

国内口座は、まずアプリやサービスが充実しているので、初心者にとっても安心です。

そして、国内ではレバレッジが25倍までに制限されています。

なので、ある意味ハイリスクな取引ではなく、堅実なトレードを目指すことができます。

 

口座開設から取引までの流れ

 

実際に口座を開設する手順としては、それほど難しいものではありません。

証券会社のホームページで必要な情報を記入し、身分証明をアップロードすれば手続き完了で、後日ログイン用のIDとパスワードが郵送されてきますので、あとは自己資金さえあれば、いつでも取引を始めることができます。

最初から、いきなり実弾を投入するのはちょっと、という方はまずはデモ口座を開設してみるのもひとつです。

証券口座の開設の流れについては、以下の記事をご覧ください。

 

 

【レビュー】DMM FXの口座開設までの流れと使用感・評価まとめ 実際に、DMM FXの証券口座を開設してみました。 口座開設までの流れを紹介したいと思いま...

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler