WORKSTYLE

FXトレードが危険だヤバイと言う人が実はヤバイ?ヤバイと言う前に読んでほしい

 

やっぱりFXって危険なイメージがあるんだけどなぁ。
Toshiya
Toshiya
そうなんだね。でも、FXの仕組みを正しく理解すれば、そんなことがないって分かるよ。

 

FXトレードのイメージを形作ったもの

 

FXトレードにはギャンブルではありません。

しかし、やり方によってはギャンブル性はあると言えなくもないです。

主婦などが資産運用を目的にFXトレードを始める方もいれば、投機的に一発逆転を狙いFXトレードをやる方もいます。

そのような一発逆転を狙うやり方が先行して、FXトレードは危ないものだというイメージを作ってしまったのかもしれません。

個人のタンス預金が市場に出回らないために、かつて日本では、金融の規制緩和によりレバレッジが100倍の取引が出来るという時代がありました。

主婦層などから火がついて、連日儲かっている主婦やサラリーマンのトレーダー達がワイドショーをにぎわせた反面、FXトレードでサラ金に走った人達もいます。

また、今もよくあることですが、FXトレードは儲かると謳い、悪徳業者の詐偽被害にあう方も多かったのは、事実です。

 

手軽に始められるFXトレードのリスク

 

最近は、FXトレードだけではなく、様々な金融商品が増えています。

当時と比べて、人々の金融先物などの知識やリテラシーも上がっているように感じます。

FXトレードの面白さは、レバレッジにより、少額の資金で大きな利益を上げられることにあります。

しかしながら、その魅力に変にはまってしまい、先程話した通り、借金地獄になる方もいらっしゃいます。

それにより、FXトレードの証拠金倍率の引き下げがおこなわれました。

それでも、レバレッジが日本では最大で25倍かけられます。

10万の元手で250万の取引ができるFXトレードは、見方を変えれば、ギャンブルと捉えられるのかもしれません。

また、知識がないと、10万円の元手で25倍の取引が出来るという話が、旨い儲け話に聞こえたり、まやかしに思われることもあるかもしれません。

最低保障額でかけれるレバレッジを、最大限かけることができるという点が、ある意味FXトレードの最大の魅力なのです。

しかし、そういった仕組みを上手く使いこなせていない。

最初のうちはビギナーズラックにより勝てるかも知れませんが、しっかりとした資金管理ができていない人が多いというのが現状じゃないでしょうか?

ゆとりがない、余剰資金がない中で行うトレードというのは、ある意味ギャンブルと言ってもいいかもしれません。

金融派生商品はレバレッジという名のもとに、少額の資金で大きな利益をあげられるのが特徴です。

 

 

日本のFXのルール

 

FXトレードには、追証というものがあります。

簡単に説明すると、仮に1ドルが100円の時に、最低保障証拠金が4%だとした場合は、4万円の証拠金で最大25倍のレバレッジで1万ドル買えるということになります。

1ドルが99円になった場合に24時間以内に損失の1万円を口座に入金しなければいけません、そのことを追証と呼んでいます。

最低保障証拠金が4万円でも1ドルが90円に下がったら10万円の損失は借金になります。

これが30万円、40万円、300万円、400万円でトレードをやっていたら大変なことになるということが、このことでお分かりいただけると思います。

為替相場では10円、20円の変動はよくあることです。

社会情勢が変わり暴落もありえます。

預けていた証拠金を超えたマイナス分については借金になりますから、証券会社から差し押さえということも考えられます。

これが日本のFXのルールです。

追証の怖さが分かったところで話しますと、追証を払えた人は、相場が上がった時に持ちこたえれば勝つということでもあります。

これがFXの醍醐味であり面白さでもあります。

下がった相場は元に戻るのが相場です。

 

海外FXの仕組み

 

海外のFX取引業者は追証という考え方がありません。

なので、最低保障証拠金を下回った場合は強制的に決済されます。

ゼロカットシステムと呼ばれています。

レバレッジを最大にかけて海外でFXトレードをした場合、最低保障証拠金以外の損失はないということになります。

そして、海外FXはレバレッジの上限がないので100倍、FX業者によってはそれ以上の取引を行うことができます。

レバレッジが高いということは、それだけ利益率もいいのですが、当然それ相応のリスクマネジメントが求められます。

海外口座の魅力は、国内口座にはないレバレッジで取引ができる点です。

海外口座は、決して危険なものではありません。

しっかりと学んで、理解をすれば、決して危ないものでも何でもないということが、お分かりいただけることと思います。

 

まとめ

 

このように、FXトレードの仕組みを正しく理解すれば、危険なもの、怪しいものということにはなりません。

FXトレードは、他のビジネスと一緒で、しっかりとした資金管理のもと、リスクマネジメントを行いながら、収益を出していくものです。

他のビジネスであっても、無理な資金繰りをすれば、事業がこけるは当たり前です。

収支と支出のバランスを図りながら、事業計画を立てますよね。

それと全く一緒です。

他の事業であれば、最初に初期投資ということで、ある程度まとまった資金が必要になります。

FXトレードの最大の魅力は、少ない自己資金であっても、大きな事業を仕掛けられるという点です。

正しい知識を身に付けて、チャレンジされることをオススメします。

 

初心者が使いやすい国内口座はこちら

DMM FXはこちらから

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler