WORKSTYLE

FXトレード初心者が読むべきオススメの書籍5選

トレードをやり始め頃は、あ〜でもないこ〜でもないって余計なことを考えるものです。

僕もそうでした、考え過ぎて何もかもが上手くいかなくなる。

そういう時期は必ずと言っていいほどやってきます。

人生に限らず、何かに行き詰った時、いつも自分の行くべき道を指し示してくれるのは、書物の出会いであったりします。

 

沢山あり過ぎて、何がいいのか分からないんだよなぁ。
Toshiya
Toshiya
大丈夫だよ。これなら間違いないっていうオススメを紹介するよ。最初は難しいと思うかもしれないけど、繰り返し読むことで理解できるようになるよ。

 

 

皆さんは、本屋さんでトレード関連の本を見られたことはありますか?

正直、トレード関連の本は多くて、迷ってしまいますよね。

初心者には少々難解な本もあります。

また価格が高い本も多いので、購入を躊躇してしまいます。

 

トレード初心者にオススメの書籍

 

ここでは、FXトレード初心者の為のオススメの書籍を厳選して5冊ご紹介します。

先物市場のテクニカル分析

 

まずは、「先物市場のテクニカル分析」、先物市場と書いてありますがテクニカル分析はマーケットを選びません。

テクニカル分析の基本はダウ理論です。

この本はダウ理論をとても詳しく丁寧に説明しています。

それ以外にも、基本的なテクニカル分析の知識が網羅されています。

少し古い本ですが、トレードの基本を学べるので、必ず役に立ちます。

 

 

ラリー・ウイリアムズの短期売買法

 

「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」、「先物市場のテクニカル分析」と同様、ダウ理論がテクニカル分析のポイントとなります。

このダウ理論を戦略に落とし込んで紹介しているのが本書です。

他の難しいところは、中級者になってからで構わないです。

 

 

投資苑

「投資苑」これは名著として知られている本になります。

この本の良い点は、初心者向けに書いているというところです。

基礎的な知識から、マルチタイムフレーム分析まで、初心者から中級者にレベルアップさせてくれます。

内容が薄い「○○で1億円儲けた」のような本を数十冊買うよりも、この本一冊読んだ方がよっぽど価値があります。

 

 

シュワッガーのテクニカル分析

 

「シュワッガーのテクニカル分析」、テクニカル分析の基本チャートパターンである、フラッグ、ペナント、ダブルトップ、ダブルボトムなどの習得に最適です。

また、他の基礎的な知識も分かりやすく書かれています。

チャートが沢山収録されているのも良いところですね。

初心者の人には、まず多くのチャートを見ることをオススメします。

何度も本書のチャートと説明を読み比べることで、次第にチャートの意味が分かるようになってきますよ。

 

 

デイトレード

 

最後に、「デイトレード」、本書はテクニカル分析の本ではありません。

トレーダーはさまざまな壁に直面します。

初心者の時は、特にそうですね。

勝つトレーダーになるには、いかに自分を客観的に見ることができるかです。

恐怖、強欲、つい無駄なトレードを重ねてしまう、ロスカット出来ない等。

そんな時、本書を読むとまるで自分のことが書かれていることに気づきます。

また大衆心理、バンドワゴン効果など、マーケットの原理=人間心理についての優れた洞察も学ぶことが出来ます。

 

 

 

アマゾンのKindle

 

おまけで追加させていただきます。

皆さんは、アマゾンのKindleUnlimitedというサービスをご存じですか?

投資本を多く出版しているパンローリング社は電子書籍に力を入れています。

残念なことに無料の本は少なくなってしまったようです。

しかし、kindle版は紙媒体の本より安く購入することが出来ます。

電子書籍も積極的に利用していきたいですね。

是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

まとめ

 

トレード初心者の時は、経験値がないので、トレード関連の本を読んでも正直分からないことも多々あります。

しかし、経験を積んでいくにつれ、繰り返し読んでみて下さい。

その意味が次第に身に染みて分かってきます。

焦らずやっていきましょうね!

 

トレードにおいて損失を最小限に抑えることは、利益を上げることと同じぐらい価値があるんだよ僕自身のトレードも最初から何もかも上手くいったわけではないです。 多くの失敗を重ねながら、自分で築き上げてきました。 相場の...
この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler