WORKSTYLE

FXトレードでもっとも手っ取り早く稼げるスキャルピングについて解説します

 

もっと手っ取り早く稼げる方法ってないのかなぁ?
Toshiya
Toshiya
なかなか難しい問題だね。でも、トレードの手法によってはそれも可能だよ。

 

初心者がトレードで最も早く稼ぐ方法を紹介したいと思います。

ある程度基本的なことを学んだ上で実践されることをオススメします。

必ず勝てる方法というのはありません。

そして、投資やトレードというのは、自己責任です。

なので、しっかりとリスクマネジメントをやって上で、自分の自己資金に見合ったトレードをすることが前提となります。

 



FXトレードで最も早く稼ぐ方法とは?

 

FXトレードといっても、様々なトレードスタイルがあって、それぞれ一長一短があります。

どのスタイルがいいのかというのはありません。

トレードスタイルの性質上、やはりスキャルピングトレードが一番手っ取り早く稼げる方法です。

スキャルピングとは、エントリーから決済までの時間が、数秒から数十秒の超短時間で行うトレードスタイルです。

相場の中のほんの一瞬のタイミングで利益を抜くというイメージです。

短期決戦なので、その間は相場に張り付くということになります。

しかも、少ないピップス(pips)を抜いていくので、その分1回あたりの利益は少なくなります。

そして、トレード回数は必然的に多くなります。

1回あたりの利益が少ない分、多くトレードすることで利益を積み重ねていくのです。

 

 

スキャルピングトレードで気を付けるポイント

 

スキャルピングはトレードの中でも、最も手っ取り早くて、早く稼げる方法です。

しかし、注意点もあって、むやみやたらにやっても上手くはいきません。

一時的に上手くいったとしても、いずれ退場を余儀なくされるでしょう。

 

損切りは必ず設定する

 

FXトレードで退場になる人のパターンは、決まってこれ。

損切りをしないということ。

いずれ戻るだろう、なんとかなるだろうという考えが全ての始まりです。

思った方向と逆にいったら、間違いなく戻ることはないと思った方がいいです。

潔く損切りを行うことです。

損失は小さいうちに切ってしまうこと。

これがこの変動相場で生き残る唯一の方法だと考えましょう。

裁量で損切りできないという人は、エントリーする時点で予めストップロスを設定しておきましょう。

そして、いかなる状況でもその設定は動かさないことです。

特にスキャルピングは勝負が早いですから、損切りもスピードが勝負だと思った方がいいです。

 

 

相場全体の流れを掴む

 

まずスキャルピングをするにあたって、むやみやたらにエントリーしても上手くいきません。

大事なのは、長時間足で全体的な流れを掴むことです。

相場はレンジで動くことが多いです。

今の相場は、どの位置にあるのか。

流れとしては、上げ相場なのか、下げ相場なのか。

そこにトレンドはあるのか、などなど。

大きな時間の流れの中で、相場に傾向を掴んでおくことが重要です。

 

 

必ず損小利大を意識する

 

トレードの鉄則は、常に損小利大です。

トレードでは勝敗は大して重要ではありません。

要するに、10回トレードやって、例えば9回負けても、1回勝って結局資産が増えているのであれば、それでオッケー。

しかし、負けている人のパターンというのは、これと全く逆で、9回勝って1回の負けで、ほとんどの利益を無くしてしまっています。

重要なのは、リスクリワードを常に考えて、最終的に利益を残すようなトレードをしなければいけないのです。

そのためには、損失は小さいうちに切って、含み益はできるだけ伸ばすこと。

考えてみれば、簡単な話ですね。

 

 

集中できる環境で行う

 

スキャルピングというのは、超短期決戦なので、いっ時たりとも相場から目を離すことはありません。

一瞬のタイミングが勝負です。

大きな波に手を突っ込んで、一粒の石ころを掴み取る感じです。

なので、目を離すと、石ころを掴み取るどころか、波に揉まれて帰って来れなくなります。

できる限り、集中できる時間に、集中できる環境でやることが重要です。

 

まとめ

 

スキャルピングは、とにかくスピードと数が勝負です。

FXトレードの中でも、最も手っ取り早く稼ぐ方法だと言えます。

そして、最も早く資産を増やすことができます。

ただ、相場に張り付く時間が長く、集中力を要するのは言うまでもありません。

その分、メンタル的にも消耗するということを覚悟しなければいけません。

一瞬の気の緩みを許されないということを自覚しましょう。

トレードで稼ぎたいと思っておられる方は、やってみる価値はあるんじゃないでしょうか。

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler