WORKSTYLE

FXトレードで利益を積み上げるコツはコツコツドカン?!

トレードの世界には、コツコツドカンという言葉があります。

どちらかと言うと、あまりいい意味では使われません。

コツコツドカンというのは、コツコツ勝ってドカンと負けることを言います。

勝率は良くても、採取的に利益が残らない状態ですね。

小さな利益を積み上げても、一つの大きな負けで、その積み上げた利益を全て失くしてしまう。

これはFXトレードで勝てない人の大きな特徴と言えます。

僕自身もFXで勝てない時期があって、当時のトレードというのは、まさしくこのコツコツドカンでした。

小さく勝って大きく負けるパターンでは、絶対に生き残れません。



勝率はもはや関係ない

 

アメリカでの調査で興味深いデータがあって、投資で勝てない人の90%が勝率が良くても、1度の大きな負けでほとんどの利益を失っているというのです。

例えば、10回のトレードのうち9回勝っても、1回の負けでほとんどの利益を飛ばしているということです。

ここで言えることは、トレードで利益を残していくには、勝率はもはや関係がないとのことです。

要するに、一つ一つのトレードの勝敗に一喜一憂する必要はないということです。

極端な話、9回負けても、1回のトレードで大きく勝てば利益は残るということです。

 

トレードはリスクリワードが重要

 

このことから、トレードというのはリスクリワード(利益と損失の割合)が重要であると言えます。

勝ち負けを繰り返し、結果的に利益を残していくには、利益の割合が損失の割合を上回っていなければいけません。

10pipsの負けを5回繰り返したとしても、100pipsの勝ちが1回あれば、トータル50pipsの利益が残りますよね。

このように、最終的に利益が残るようなトレードをしなければいけません。

 

負けに慣れることが重要

 

いわゆるコツコツドカンというのは、コツコツ小さな勝ちを積み上げて、大きくドカンと負けることを言います。

このようなトレードから脱しなければ、トレードの世界で生き残っていくことはできません。

その為には、日頃から負けることに慣れる必要があります。

コツコツドカンを味方に付けることです。

要するに、コツコツ小さく負けて、大きくドカンと勝つのです。

勝てない方法とは逆の方法をすればいいだけの話です。

 

損切りを設定することが重要

 

いとも簡単に言ってますけど、これがなかなかできないものなんですよ。

僕の場合はあまり賢くなかったので、勝てるようになるまで随分時間がかかりました。

コツコツ負けてドカンと勝つには、まず損切りを設定することは絶対条件です。

損切りをしないのであれば、この相場の世界では生き残っていけないと思って下さいね。

僕は過去にこれが為にどん底を味わいました。

痛い程身に染みています。

なので僕的には、まずは負ける練習をオススメします。

デモトレードを活用して、普段から上手に負ける練習をしておくといいです。

トレードというのは負けが付きものです。そうした負けの上に利益が積み上げっていくものなのです。

 

エントリーポイントを見極める

 

損切りを設定するだけでは不十分です。

もう一つ重要なポイントは、エントリーのタイミングを見極めるということです。

むやみやたらにエントリーしない、かと言ってあまり難しく考え過ぎないという点が重要です。

自分がココだと思うところでエントリーすればいいのです。

色んな情報に振り回され過ぎないように、自分の信念に従えばいいのです。

 

まとめ

 

このようにトレードというのは、いかにシンプルに考えられるかが重要です。

難しく考えても利益を上げることはできません。

最低限すべき事を肝に命じて淡々と行うことがコツです。

コツコツ負けて、ドカンと大きく勝つことが重要です。

 

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler