WORKSTYLE

FXトレード初心者のためにFXトレードの3つの注文方法を解説します

 

トレードって実際どうすればいいの?
Toshiya
Toshiya
トレードの注文方法は大きく分けて3つあるよ。今から解説するよ。



①成り行き注文

 

FXトレードを行うためには、まずどのような注文方法があるのかを理解する必要があります。

また、それぞれの長所と短所も把握することで、適切な場面で使い分けることができます。

まず、基本的な注文方法として成り行き注文について説明します。

これは買いや売りの注文を出した時点で、相対取引ができる相手がいればすぐに約定するものとなります。

FXトレードでは買い注文と売り注文があり、それぞれが相手を待っている状態となります。

そして、直近の通貨価格に対して最も近い買い注文と売り注文とのマッチングが行われて、約定することになります。

成り行き注文の場合には、例えば、買い注文であれば直近の売り注文とのマッチングが行われて取引が成立します。

メリットはすぐに約定することにあります。約定とは、売買が成立することです。

特に相場の動きが早いような場合、価格を指定してもすぐに取引される値が動いてしまうので、約定しないケースもあるので注意が必要です。

少し難しい表現をしましたが、分かりやすく言うと、成り行き注文とは、現在の価格ですぐに注文を出す方法のことを言います。

注文は2択。買い注文か売り注文しかありません。

現在の価格より上がると思えば、買い注文。

現在の価格より下がると思えば、売り注文を出します。

自分の思った通りに価格が動けば、あとは決済するだけ。

逆に、反対の方向に動いた場合は、損失が発生するので、損失が少ないうちに決済します。

要するには、自分の裁量で注文を出し、決済する方法です。

なので、常に相場に張り付き、価格の変動を注視する必要があります。

 

 

②指値注文

 

強い上昇相場でとにかくポジションを建てたい場合には、成り行き注文を入れる必要があります。

ただし、相場の動きが早い時には、想定以上の高値で買いが成立してしまうことがあります。

そのために、買い値を指定したい場合には、指値注文を出すことになります。

これは、指定した価格に対して反対の注文がある場合に、取引が成立する方法となります。

常にチャートを見ているような時間が取れない場合にも、指値注文を出しておけば放置しておくことができます。

その価格での取引が行われる時には約定することになります。

このように相場に張り付いていることができない場合、あるいは狙った価格でポジションを建てたり決済したい場合には便利な取引と言えます。

デメリットとしては、指定した価格まで動かなければ、約定しないということです。

例えば、買いポジションを指値で決済しようとする場合、その価格に届かずに下落に転じてしまうと利益確定のタイミングを失うことになります。

また相場の動きが早い場合には、指定した価格を一瞬だけつけたとしても約定しないことがあるので、注意が必要です。

もう少し分かりやすく言うと、指値注文とは、常に相場に張り付く必要がない注文方法でエントリーの価格を予め指定することができます。

この価格まで相場が動いた時に、注文を出すということを、事前に指定することができるのです。

 

 

③逆指値注文

 

この指値に似たようなものとして、逆指値注文があります。

これは利益の確定や損切りの時に利用できる注文方法です。

例えば、買いポジションがあるとして、すでに含み益が出ているとします。

そのまま保有したいが、万が一の相場の急変に備えたいと考えているとします。

そのような時に、価格がいくら以下に下がったら決済するという注文をするのが逆指値です。

同様に、買いポジションを保有したものの相場は反落し、さらなる反転を望んでいるとします。

しかし、これ以上下げたらもう反転の望みはない、と判断する価格以下で損切りをするような時にも利用できます。

あるいは、上昇相場となり買いのタイミングを探している場合、いくら以上になればもう押しの下げは無いと判断するならば、そこに逆指値注文を入れておけば設定価格以上になった時に買い注文が執行されます。

もっと分かりやすく言うと、逆指値注文とは、損切りの価格を予め指定することができます。

 

 

まとめ

 

このように、FXトレードには大きく分けて3つの注文方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますし、トレードスタイルによっても使い方も異なります。

特に初心者のうちは、デモトレードなどで、実際に注文をしてみて、どう活用できるのかを研究してみることをオススメします。

状況に応じて上手く使い分けることができれば、安定的に収益をあげる一助となるでしょう。

成り行き注文、指値注文、逆指値注文、この3つはしっかり押さえておきましょう。

 

3つの注文方法を練習するには、デモトレードがオススメ↓

DMM FXはこちら

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler